記事本文
2014年1月 1日(水)

meg rockライヴ@2013冬に行ってきた

ついに年記になってしまいました、1年ぶりの日記です。

2013年12月29日・東京渋谷のO-Crestにて開催された、もはや年末(冬コミ初日)の定番となったmeg rockライヴです。タイトルはmeg rock史上最も長い「jet setter, jet lag tours ♥ frosty night out ♥ extra second-step-in-snowy-meadow party」。直前の28日に、新曲「star」がiTunesで公開されたので、予習がてらにさっそく購入して聞いておきました。

この日のメインはライヴですが、まずは東京ビッグサイトで声優島を巡ったり企業を巡って無事ミス・モノクロームグッズをゲット。ついで、会場の渋谷に向かう前に、新宿で開催されていた堀江由衣さんの衣装展に寄ってきました。ちょうどパイレーツのライヴグッズのバッグを提げている人が佇んでいて、私以外にも海賊団員がいたようです。感想はもちろん、ほっちゃんって思っていたよりも細くて小さいんですね。・・・あ、でも同じフロアに飾られていた渡辺麻友さんの衣装の方が背が小さかっ(ry

20131229-3.jpg 20131229-5.jpg 20131229-1image.jpeg

20131229-4.jpg

満を持して渋谷のO-Crestに到着。ライヴ開演まではまだ1時間以上あるので、並んでいる間にコミケのすたちゃブースでもらったクロスワードに挑戦。チラシをもらったことを堀江さんにツイートしたら返信していただけたので、約束通り(?)の挑戦です。言ってもキャンペーンなのですぐに解けるだろうと高をくくってたら・・・意外と難しい。開場時間には間に合わずに持越し。

今回はチケットの番号がやや良く(74番)、いつものフロアの一番後ろ(機材スペース前)ではなく、欲を出して前の方(関係者席寄り)に陣取ってみることにしました。ここで待っている間にクロスワードの方は無事完成。

そして迎えた開演時刻の19時。開演前アナウンスがあったので、まさかの定時開始!?と場内どよめきましたが、ここでmeg rockから「早くて10分ちこくです!」。
ということで、今回は28分遅れでのスタートでした。いつものファンファーレが流れる中、まずバンドメンバーが入場。続いてmeg rockが登場!

▼この記事の全文を読む

2012年12月30日(日)

「天たま本2012」出しました(通販終了)/meg rockライヴ行きました

コミックマーケット83(冬コミ)に、サークル名「すたしょ」としてサークル初参加しました。おかげさまで「天たま本2012」を多くの方に手に取っていただくことができました。ありがとうございました。

通販は終了しました(2013年1月4日追記)


朝。4時半起き。雨予報でしたが、到着する頃には晴れ間が見えてました!幸先がよい。

iPhone-photo-2341.jpg iPhone-photo-2343.jpg(左)無事印刷屋さんから本が搬入されていました。
(右)大体こんな感じ。部屋の片付け下手な人はスペースも散らかるのではないかと薄々感じました。

会計ケースに掛けている布に気づいた人は誰もいなかったみたいです。

通りがかりの女性が「あれ見て!かわいい!」とグラフィグを指さして言ってくれたのが、今回最大の個人的ごほうびでした。


10時の頒布開始から、さっそく決め打ちで訪れてくださる方もいて、多少の波はありましたが、どの時間帯でもほぼ万遍なく(10分以上途切れることはめったにないほど)売れていきました。おかげさまで、終了の16時までお昼どころかトイレに行くタイミングも逃すほどでした。

「ホームページ見てます」と多くの方が声を掛けてくれたのはとても励みになりましたし、その中に今までお名前は知っていたけど面識のなかったリスナーさんがいたりしたのも意外でした。お隣は、あの有名な老舗の堀江由衣ファンサークル「ノラ猫同盟」さんで、歴代採用数2位の方ともお話しすることができました。

iPhone-photo 2346.jpg サークル目線ではこんな感じでした。

おかげさまで、(サークル目線でいえば)理想的な売れ行きで終えることができました。次の夏コミはサークル参加しないので、ゆっくり一般参加できそうです。


▼この記事の全文を読む

2012年12月 8日(土)

[1/2通販告知]C83で「天たま本2012」出します。

(2013年1月2日追記)通販はこちらから。

コミックマーケット83(冬コミ/C83)の初日(29日土曜)に、「すたしょ」としてサークル参加します。配置は東ホール「ツ」57aです。

頒布物は「天たま本2012」B5サイズで本文96ページ・頒価は500円です。同時に、購入された方にはペーパー「すたしょ通信」(片面1枚・A4サイズ)もお配りします。ペーパーには、「天たま本」に収録できなかった10ページ分の原稿(Web版)へのアドレスも掲載しています。

「天たま本」の中身は、「堀江由衣の天使のたまご」10年の集大成・・・と申し上げたいところですが、さすがに全部は載せられないので、現行のコーナーを中心に、主に採用者のネタを再録しています。言葉で説明するより、ページをチラ見していただいた方が早いでしょう。

ttb2012.jpg表紙は目次になっています。実物は水色の予定です。
(裏表紙には、各地の放送局の一覧を地図と表で掲載しています。)

ttb2012-14.jpg ttb2012-29.jpg ttb2012-61.jpg ttb2012-79.jpg

本文はこんな感じ。紙質は「南商研本」と同じはずなので、あの本(126p)より若干薄い程度のボリュームです。内容を現行コーナーに絞ったのは、天たまに投稿する人のネタ被りチェックにもなると思ったためです(主に自分用)。

既に印刷屋さんに入稿と入金を済ませていますので、あとは当日を待つだけです。ミス・モノクローム抱き枕カバーの消費税相当程度(そしてプレイボタン1曲分程度)の頒価ですので、(初日に)企業ブースでクマスターと握手したあとは、人波を掻き分けて東ホールにも立ち寄っていただけると幸いです。

ところで、サークルカット(冊子版)にはミス・モノクロームグッズがあるような表現になっていますが、配布は無理っぽいです。その代わり試作品を展示する予定です。

以下、追記。

▼この記事の全文を読む

2012年9月23日(日)

堀江由衣FCイベント・黒ネコ集会Vol.12~ベストテン~(第1部)

東京お台場のZepp DiverCity Tokyoで9月22日(土)に開催された、堀江由衣さんのファンクラブイベント「黒ネコ集会Vol.12~ベストテン~」の第1部に行ってきました。

会場前に到着したのは、開演30分前。事前についーとで気づいたから良かったものの、危うくZepp Tokyoの方に行くところでした。
一般客に混じって会場に着くと、現われたのはいつもの同類たち!安心します。

物販の時間が無かったので、そのまま即入場列へ。ビンゴカードを渡されました「またか」。自席に着いてみると、意外と近い!双眼鏡無しで表情が見える距離。

開演時間を過ぎた15時6分。懐かしのザ・ベストテン風にクマスターすたちゃ高橋さんが登場!いきなりのスポットライトのコーナーで堀江由衣さんも登場!
「堀江由衣ですー、よろしくお願いします。」普通の挨拶ではじまり。
クマスターはすっかり機械感が取れたもよう。しかし、着ぐるみで内臓だけが熱い!とか。足の裏は真っ黒で特に右手の「手荒れ」がひどいw(布が剥がれてる!)

▼この記事の全文を読む

2012年6月11日(月)

夏のmeg rockライヴ行ってきた。

2012年6月10日。半年ぶりに開催された、meg rockライヴ「jet setter, jet lag tours "chocolate mint ride"」。場所は定番の東京渋谷O-Crestです。

17時頃には会場前に到着し、しばし時間つぶし。数名のメグロッカーらしき人たちがいます。18時前にはわらわらと増えだし、階段で整列。私はチケ取りに出遅れたので103番。開場時刻は18時。開演は18時30分ですが、誰もその時間に開始するとは思っていません。
iPhone-photo-1772-1.jpg iPhone-photo-1774-1.jpg iPhone-photo 1778.jpg入場時にもらった缶バッジ(下)

フロアでは今回も一番後ろの柵に寄りかかる定位置。前回12月の時に比べると若干観客が多い気がします。そして迎えた18時半。まだ始まる気配はありません・・・・が、なんと!わずか10分遅れの18時40分に暗転し、いつものファンファーレが場内に響き渡るではありませんか!まさかのほぼ定刻開始!!そしてロックちゃんきた!

▼この記事の全文を読む

2012年6月 9日(土)

堀江由衣をめぐる冒険Ⅲ~SMT追加公演~

行ってきました。2ヶ月前に。久々にレポを書くために細かいメモまでしていたのですが、すっかり機会を失ってたので、ごく簡単に思い出せるだけ書いておきます。セットリストとかはよそを見てね。

2012年4月27日金曜日。平日開催のため、休暇を取って1日早くゴールデンウィークに突入です。

いつものように池袋と秋葉原に寄った後、会場の東京国際フォーラムがある有楽町へ。

568143191.jpg

いこりん先生主催の天たま500回記念寄せ書きをしたあとは、適当に時間つぶし。衣装展が開催されていたので、じっくり見てきました。こちらは撮影OK!

P1130001-1.jpg P1130003-1.jpg

天たま情報で、開場直後から何か上映されるらしいということは知っていたので、早々に入場。普段のライヴと違って、入場待機列も長く形成されています。

入場すると、エコーちゃんの振り付け講座。2回まわしでしたが、内容は微妙に違ってました。

開演は18時40分。約10分の遅刻のよう。そして生ほっちゃん登場!私にとっては数年ぶりです。

天たま等でネタバレ禁止!と何度も謳っていて、実際どんな曲が披露されるのか事前情報を得ずに来ました。ところが、少し前にある機材席にふと目を向けると、なにやらタイムテーブルのようなものが書かれた紙切れ。よくよく見てみると、演奏曲が全部書かれてるという究極のネタバレww
そんな感じで、前半は心の準備をしつつ次の曲に臨むことができました。後半は、下半分が見にくかったのと、面倒になったので曲順の確認はしませんでした。

テンションが上がったのが天たま大喜利ネタでの採用。たぶんライヴ内で大喜利ネタやるんだろうなぁと薄々気づいていて、若干期待もしてたのですが、まさか本当に採用されるとは!!サイリウムを振っても気づいてもらえないぐらい広い会場で読まれて、なおかつそこそこ良い反応でホッとしました(後のWi-Fiスポットにすべて持って行かれちゃいましたけどw)。

しかし、それ以上にテンションが上がったのはモノクロームちゃんの登場。どうみても謎の技術のミクさんです。自分の前の人は、ほっちゃんじゃないためかテンション低めでしたが、自分は逆にテンション上がりました。ミクさんが生んだ技術がここで生きるとは。もうボカロ化するしかないね、モノクロちゃんも。

サイリウムは数本持って行ったのですが、全然足りませんでした。UOとかピンクとか昔に比べると用意すべき色とか増えてるのね。浦島太郎的に時代の流れを感じずにはいられませんでした。

それにしても、ダンサーさんがみんなかわいかった。これはお世辞ではなく本当に。そしてその中にほっちゃんがいても全く違和感ないのがいろんな意味ですごい。

拾い上げた銀テープに各色があったのは後になって気づきました。緑しか確保できなかったのは残念。

P1130010-1.jpg

雨の上がった夜空の下、電車で厳重に封印されていたパンフレットを開封し、余韻に浸りながら帰宅しました。

2012年3月 4日(日)

田村ゆかりLOVE♡LIVE 2012 *I Love Rabbit*@横浜アリーナ

前の日記からの続きです。

16時半ごろに新横浜駅に到着。早足で会場に向かいます。既に例のピンクの物販袋を持った人たちが歩いているので、その後を付いていけば着くはずです。

陸橋を渡って、その先に見えてきたのは・・・人の群れ!今まで何度も横浜アリーナには来ていますが、これほどの密集した人混みを見たことがあっただろうか、と思いました。入場待機列に並んでも、開演に間に合うのか不安に思う程です。

P1120090.jpg P1120098-1.jpg

整列中、有志の方のコール本を受け取って(フルカラーですごい!)、いざ入場。スタッフの手際も良く、さほど待たされることもありませんでした。受け取ったチラシのゆいかおりライヴがとても気になります。

4年ぶりにパスポートにスタンプを押し(11月のFCの時は忘れてた)、自分の定位置である3階スタンド・東へ。

・・遠い。そして広い。向こう側の座席が霞がかって見えます。こんな上から場内を見渡したことは無かったかも。3階席の一番上までみっちり人で埋まっています。

会場時間を少し過ぎた18時05分に場内アナウンス、07分に非常灯が消灯。18時14分、会場が暗転・・・一面に広がるピンクの光の海!ファンファーレが流れ、セットの上にはゆかりんが登場!

▼この記事の全文を読む