田村ゆかりConcert Tour 2006 *fancy baby doll*(5/4)すたしょ日記

2006年5月 5日(金)

ゆかり王国の祭典「田村ゆかりConcert Tour 2006 *fancy baby doll*」に参加してきました。東京厚生年金会館の初日(2006年5月4日)です。

池袋でのイベント偵察を終えてから来たので、新宿到着は16時ごろになりました。この場所にはもう何回も来ているので慣れたものです。

会場前にはすでにものすごい人だかり。グッズ列が出来ていたので、とりあえず並んでみました。30分経たずに買えましたが、今回はパンフとポストカードとキーホルダーだけ。

改めて周りを見渡すと、以前に比べると♀比率が高くなっているのかなぁという印象。といっても2%が5%になった程度ですが。いつもながら着ているもの&身につけているもののピンク比率が高いです。駐車場には独特なデザインの車が止まっていて、話でも聞いてみようかと思いましたが、「なんだコイツ」と思われそうなのでやめておきました。

P5040394.JPG P5040399.JPG P5040400.JPG

場内に入る時には、すでに恒例化している?アニカン号外を受け取りました。ロビーのソファで座ってみていると、中には「8月2日新曲発売」との記載が。まあ予定ですけど。その時、隣に座ろうとした人が『バキッ!』とズボンのポケットに入れていたペンライトを折ってしまったようです。これは自分も気をつけないと。

水分不足が気になったので、自販機でコップ入りお茶を買おうとしたら量が少ないのに『150円』て。これが会場クオリティなのだな。そんな感じで、今回はあまりやる気の盛り上がらないまま、メモを取らないつもりで開演時間を迎えてしまいました。

以下の文章は完全ネタバレですのでご注意を。

開演前
10分ほど遅れて開場前のアナウンスがありました。私の座席の両隣の人は、はっぴを着たりパペットと持っていたりとかなり気合の入っている様子。
メモはしないつもりでしたが、一応曲だけでもチェックしようととりあえず用意。
M1 Little Wish 〜first step〜
18時40分、まず曲のイントロが長めに流れます。ステージの壁面にはスポットライトの影の中にゆかりんが次々と映し出されます。いや、ゆかりんではなくポーズをとったゆかりん人形。そしてそこから現れるゆかりん!1曲目からいきなり観客も飛ばしすぎです(私も飛んでしまいました)。
M2 Cutie♥Cutie
またこれも飛んでしまう曲だ。ぽんぽんを持ったダンサーさんやネコさん2人も登場。
M3 Honey Moon
立て続けに襲い掛かるアップテンポな曲に観客も『お〜〜!』と歓声。もう飛びまくりですw しかも飛びながらちゃんとメモ取ってるし、自分。
MC(18時57分)
「こんにちは〜。田村ゆかりです」<右手でパタパタ扇ぎながら、笑いがこらえきれずあごが疲れるゆかりん。 「すっご〜い」会場の盛り上がりに呆れ顔のゆかりん。
クリームを塗ったら、シップ薬のアンメルツのようなにおいがしているのがいやなゆかりん。
会場の距離が近いので前の客に臭うのではないか心配するゆかりん。「くさかったらゴメンね」
スタッフさんに「ゆかりんの車があったよぉ」といわれて自分も見たいが見れなかったゆかりん。
「車の免許を・・・」『お〜〜?』「とりたいなぁ・・・」
免許を取るのに裏技がないか知りたいゆかりん。『間違ってもいいよ』とやさしく言ってくれる教官とか、教官に薬を飲ませて『コックリ』してる間に取るとか。
小さい車だと運転できそうな気がするゆかりん。
「車庫入れ出来るかな」
『ムリ!!』
「みんなが心の中で思っていて、言わなかったことを言うな!場の空気読め!」キレるゆかりん。
「取りました!というお知らせが出来る日は、来ないかもしれない。」
「原付なら取れるかな」どかっと乗ってグイグイ言わせるのがいいゆかりん。
「がんばれない事で有名だけど、取れるように祈っててください。」
水を飲むゆかりん。スミでちじこまってますw
M4 Spiritual Garden(19時08分)
M5 デイジー・ブルー
ドレスを脱がされるゆかりん
M6 エアシューター
着ぐるみとダンサーさん登場。 ここでダンサーさん紹介。
M7 宵待ちの花
M8 月のメロディー
MC(19時32分)
「す、す・・・・・すわってください」ものすごい低いテンションで着席をすすめるゆかりん。
客席の回ってコールにこたえるゆかりん。
トークへ。
入場の時の音楽を、光GENJIにしようといつも思っているけど、今回も出来なかったと。
で、3枚組ベストアルバムを持ってきたので、3人で聞いてみたところ、世代的にハマっているゆかりんとみっしーがCDにあわせてフー!フー!とコールしてしまったと。
CDにあわせてコールしています、というおたよりがあると「どんだけ浮かれてんだ」と思っていたが、フーフー!言ってる自分がいたとか。
光GENJIの中では、後期が好きで・・・と、わき目も振らず光GENJIトークを続けるゆかりん。
「(ファンばかりなので)何を言っても許されると思ってたんだけど。まあ、許さない!といっても話すんですけど」
光GENJIの中で好きなのは「佐藤・・・・寛之君でしたー」
光GENJIがわかるのは20代、それも上のほうだよね?ということで、恒例のゆかり王国国勢調査。
  • 10代の人・・・10〜15%ぐらいが挙手。
  • 20代の人・・・60%ぐらい。圧倒的多数。
  • 30代以上の人・・・30%ぐらい
30代以上がかなり多いことになぜか浮かれるゆかりん。
「その中で、ゆかりよりお兄さんの人は?」の問いにも30%ぐらいが挙手。ものすごくうれしそうにはしゃぎまくるゆかりん
「まだ妹キャラやれるんじゃないの!?」
さらに、女の子ちゃんは?には5〜10%。意外に多く、10代の人の2分の1ぐらい。
「Mellow Prettyの会員さんは?」には、90%という圧倒的多数が挙手(1階後ろに手を挙げないグループがあった程度)
「・・・・ファンクラブイベントへようこそ〜」
さらにもうひとつの質問をすべきか迷うゆかりん。「言わない方が・・・どうしようかなぁ。」
「多重国籍の人はぁ・・・」外国人のことか?と一瞬思いましたが
「あの〜、7がつく人とか、・・そーだなー、ふぃんふぁにー・・あのー」
20%ぐらいの人が挙手。大きく手を振る人に
「堂々と立つな!!」
「あ、でも偵察だよ♥ていう人は?」10%ぐらい挙手。でもいじけてしまうゆかりん。
さらに「兄弟・家族で来てる人は?」
数%が挙手。立ち上がった人を見て「似てる!!双子?」家族なので似ていて当然。お母さんと一緒に来てる人に、コンサートの空気を見て「もう行っちゃいけません」と言われることを恐れるゆかりん。
M9 夢見月のアリス(19時48分)
傘を持ったゆかりん。ダンサーさんは2人から4人へ。
M10 Amazing Kiss
黒ドレスに着替えたゆかりん登場。
M11 Cursed Lily
M12 Black cherry
M13 童話迷宮
赤い衣装に着替え。新曲登場でもまったく迷わずに飛んでしまう観客(含む私)
MC(20時14分)
おとぎ銃士赤ずきんのOPになる予定の新曲。「『予定』なんですけど」
今着ている衣装は公募で決まったもの。赤が基調で赤ずきんっぽい。送った人は?の問いに3〜5%ぐらいが挙手。10人ぐらいしかこないと思っていたので、意外に多かったとか。
何かの衣装に似てるよね?と「なんとかー!ケーン!」スポンサーの関係上これ以上は言及できないゆかりん。
しかし、「ランブルローズXXみたいだね」うまいこと言ったゆかりん。
「ランブルローズっていろんな楽しみ方があるみたいで。。」格闘のゲームなのにいやらしい要素も入っていて、違うアイデアで広められていることを知っているゆかりん。
何の話かわからない人もいると思うけど、その辺は
「まあ、ググレよっていう感じですかね。」
「何でも質問するな、とか。それで納得しろ。と。」ボソッと名言を吐くゆかりん。
「ところで、一人で、悪の巣窟に・・・ミサに来てる人は?」の問いにけっこう多くの人が反応。
みんなどうやって知り合ったのか疑問なゆかりん。『ネットで知り合った』という人に心配するゆかりん。
ネットと言えば、mixiに入って一部のごく限られた人とマイミクをしているが、日記は3ヶ月放置しているし素性はひた隠しにしているとか。でも、どうしても足跡が気になって恐る恐る踏んでみたら、その人の所属に『ゆかり王国』と書いてあってばれてるーー!と思ったり。ばれたら削除してやる!と。
ゆかりんコミュにも入りたい、いや、コミュにも切望されているんだろうけど、秘密にこっそりやりたいんだとか。でも「ふつうのホームページはわりと見てるよ。」とボソッと一言。
M14 Ever-Never-Land(20時25分)
M15 Baby's Breath
M16 恋せよ女の子
パペット装着率20%ぐらい
M17 candy smile
M18 惑星のランデブー
M19 fancy baby doll
立て続けにアップな曲が続きあっという間に本公演終了。ラストはダンサーさん全員と手をつなぎ一礼して退出(20時50分)。
そして湧き上がるアンコール
アンコール・MC(20時54分)
ダンサーさん、着ぐるみさんが登場。ゆかりんコールで、黒Tシャツ&ミニスカートで髪をまとめたゆかりん再登場!
M20 Picnic(20時56分)
MC(21時00分)
水を飲みに後ろへ下がるゆかりん。そこへ観客からの要求。
例のスティック(声が出る)を取り出すゆかりん。そして恒例の「めろ〜〜ん!」何の説明もないのに反応する観客。
「意外とみんなめろりたかったんだね。もう飽きたかと思った」
一通り終えて「ハイ、めろんめろん、と。」事務的に恒例行事をこなすゆかりん。
M21 やさしい夜に。
ラストはしっとりした曲で歌い上げます。曲を終えて再度全員で一礼。最後に投げキッスをして退出するゆかりん。お疲れ様でした。

開演前はまったくやる気なしモードだったのですが、最初の方でいきなり火がついてしまいました。結局最近のゆかりんコンサート中では、今まででいちばん盛り上がれたかも。終演の頃にはすっかり汗だくでした。正直な話、福岡に行きたいw

P5040418-1.JPG P5040412-1.JPG

暗くなった会場前では、MCで話題になった車に大勢の人たちが集まっていました。

結局ライヴ曲予想は、「スーパーゆかりタン曲」の9曲はすべて当てることが出来ましたが、それ以外は5曲。総曲数は1曲少ない21曲でしたので、22ゆかりんの結果でした。