田村ゆかり*Pinkle ☆ Twinkle Party*2006 Winterすたしょ日記

2006年12月28日(木)

2006年12月23日(土)・パシフィコ横浜国立大ホールで開催された「田村ゆかり*Pinkle ☆ Twinkle Party*2006 Winter supported by ANIMAX」に参加してきました。

ライヴの直前にシングル「Princess Rose」が発売されましたが、特典のお渡し会応募券目当てで秋葉原に立ち寄ったため、意外と時間を取られてしまい、到着は開場直前になってしまいました。

桜木町から徒歩で15分以上、けっこう長い距離があり途中クリスマスツリーを眺めたりしてさらに時間を取られてしまいました。会場付近に近づくと、それまで多かった横浜&クリスマス特有のカップルや家族連れから、秋葉原に戻ったような錯覚を覚えてしまいましたw しかも、すでに長い入場列が出来ています。

PC230008.JPG PC230012.JPG

わき目もふらずに(場内でグッズを購入するため)入場列に並びました。その間にもどんどん列は長くなり、辺りは暗くなっていきます。結局17時過ぎに場内に入れました。

目的のグッズですが、とりあえずパンフレットとペンライトぐらいはほしいなぁと思っていたのですが、・・なんとペンライトが売り切れ。これだけは残ってると思ったのに。こうなったら空気読まずに白ペンライトを振ってやる!!と心の中で決意しました。パーカーは黒だったら買ってもいいと思ってたので、これも購入。ポストカードとあわせて8800円。

ガチャガチャは1回だけ挑戦して写真バッチを手に入れました。・・・う、うれしー。

トイレを済ませていたら、もう開演時刻の17時30分になってしまいました。慌てて自分の座席(1階39列5*番)を探し出し座りましたが、空席も目だち、一向に始まる気配がありません。結果的に20分以上押して始まりました。

場内アナウンス
「本日は田村ゆかり*Pinkle ☆ Twinkle Party*2006 Winterにお越しいただきありがとうございます〜」とゆかりん本人による事務的口調でのアナウンス。一般的な注意事項が告げられるたびに、客席から「ハーイ」と元気のよい返事。そして「サイリウムを持って腕を振り上げる行為は危険ですからおやめください」との注意には観客から「エェーー!?」
M1 Picnic(17:54)
激しいサウンドとともに、幕が上がりゆかりん登場!白のフワッフワした衣装。ネコさん2人とダンサーさん4人も登場。
M2 Little Wish 〜lyrical step〜(17:59)
ゆかりんがセットの上から、階段を使って降りてきます
M3 大好き(18:03)
MC(18:08)
「こんばんはー!」≪こんばんはー!≫ 「はーい。田村ゆかり・ぴんくる・・・あれ?間違っちゃった。」
何かを読みながらw「*Pinkle ☆ Twinkle Party*2006 Winter supported by ANIMAX ということで!え〜・・」≪フーー!≫
「横浜にやって参りましたぁー!」
「横浜ということで・・・みんなわかってるよね。こーゆーのやめてよね。」観客をけん制するゆかりん。
≪まわってー≫要求に応えて回ってみせるゆかりん。
≪フー!≫逆回転も要求されて、やっぱり回ってみせるお人よしなゆかりん。
「はい・・・うっさいなー!うそうそ。」あまりのうるささに切れるゆかりん。
「はい。ということで、今回はですね、イメージが、お菓子とかのイメージなんです。これは、いちごショートです。・・・フハハ!」
≪かわいいー!≫観客から歓声。
「3階見えてるー!?」
「1階見えてる?」
「・・・」
≪エェーー!?≫2階からブーイング
「しょうがないなぁ。2階、見えてる?」
「今回は、バンドで・・・やってみました!」
「・・・・微動だにしないですよね。目だちたくないとか?」
「今回は、意地でも秘密にしたくて、幕を下ろしたりしてたんですけど。・・・見えてた!?」
≪みえてなーい≫
「やったぁ!」
「何かさぁ、突然ライヴって始まるもんだね。」
「さっきまでリハーサルやっててもう1公演終えた感じで。もう帰ってもいいかなぁ。
≪エェーー!?≫
「わかってんだろ?」
「なにしゃべっていいかわかんなくてさぁ・・・」
観客から様々なリクエスト(?)が
「光GENJIはいいよ!」
なぜか観客からは≪オデン!おでん!≫の声多数w
「お昼は、カレーと、ハヤシライス。」≪エェーー!?≫「エェ!?そんなに?」
ありえない組み合わせに観客からブーイング。要は、ごはんを少なめにして、カレーとハヤシライスを同じ皿に入れてもらって真ん中で混ぜて食べたらしい。
「そんなに非難されることだったかな」
話は変わって
「いつもゆかり、寝坊するじゃん。」
「今朝も、マネージャー15分ぐらい待たせて・・・」音沙汰がなかったので心配されたとか。
M4 Happy Loop!(18:15)
ダンサーさん4人による振り付け講座ののち、ゆかりん衣装替えバージョン登場(18:17)。フワフワのクリームを脱いでピンクの薄いイチゴのイメージ?
M5 童話迷宮(18:21)
M6 フルーツ(18:26)
ここの曲で衣装替え。白ドレス
MC(18:32)
「いろいろきいていただきました〜」
「これは、なんでしたっけ・・・綿菓子でした。」
≪まわってー!≫素直に応えるゆかりん。
「今日、早くから来たよね?」ファンとしての忠誠心が試されてるのかと思いきや・・・
「今日土曜じゃない?赤ずきん見た人ー!」
「ビデオに録ってきた人ー!・・・ハードディスクに録ってきた人〜!・・もう言わないどこ。」
今週は、白雪がメガネを外す回だとか、敵に襲われるとか、散々ネタバレをして観客のブーイングを買いながら、
「敵(の一人)が、ゆかりのいとこなの。」今日最大の(?)重大発言に会場も≪エェー!?≫の声とともに動揺を隠しきれない様子。
「そんな、ザワザワするとこなの?」
一緒にいてすごい自分も相手もドキドキしたとか。
「(録った人はあとで見てね。)録ってない人は・・知らない。」
「質問コーナー!」
まず、遠くから来た人。会場の2割ぐらいが挙手。「560円圏内はやめてね」「いっぱい万円かかった人。飛行機とか新幹線とかながらとか」
「陸の孤島の・・四国から来た人!」失礼ですw 他には海外のカナダから来た人も!
ターミネーターにはまったきっかけである、USJでキティ耳をつけて歩いていた時、台湾の人に声を掛けられた話。写真いいですか?と聞かれて「アキバアキバか?」と思って応じたら実はファンだったこととか。しかし、意外と会場の反応が薄いので「反応よくないなぁ。人のことだから『チッ』とか思ってんでしょ?自分だったらびっくりするでしょ!?」
ゆかりんに到来しつつある映画ブーム「次はなーんでしょう?」
最近は007が見てみたいとか。同じヤツを何度もやってるんでしょう?とか009との紛らわしさはHMVとHM3みたいだとか。
バンドメンバーに「ターミネーター見たことある人〜?」と聞いて、手を挙げない人には「おっくれてる〜!プププ〜!」
一人ターミネーターごっこをするゆかりん。マイクを預け、ステージの端から両手を振り上げ走り出すゆかりん。「知ってる?一番有名なシーン」
さらに殴られて小首を曲げるシーンを見せるゆかりん。
「ゆかりの2006年はずっとターミネーターだったよ。」
M7 miss you(18:44)
セットの階段に腰掛けながら歌うゆかりん。
M8 fantasia(18:49)
スモークがゆかりんを包みます。この曲でいったんゆかりん退出、衣装替え。
バンド演奏とダンサーさん4人が旗を持って登場。4つの旗が集まって取り囲み、その中からゆかりんが登場。
M9 AMBER〜人魚の涙〜(18:58)
前曲に続いてライヴ向きのアルバム曲です。
M10 Prince On A Star 〜Princess Whispers〜(19:02)
M11 Cursed Lily(19:06)
この曲でステージのセットには8本のたいまつが。煙も上がってるし、本物の炎らしい。ここでゆかりん退出。バンドプレイ(19:11)。
スクリーンには天から光が差す映像。ついで、衣装替えしたゆかりん登場
M12 あなただけに〜It’s only my Love〜(19:16)
MC (19:21)
「は〜い。・・これは、シャーベット(のイメージの衣装)」
「みんなまだ元気ですか?」
「忘れないうちに・・・」右手に例のステッキを持つゆかりん。
「ここに出した、何かステッキ。」めんどくさいので説明を省略しようとするも、観客のブーイングにあって仕方なくメロメロステッキの説明をするゆかりん。
「ゆかり、バンドさんが苦手じゃない?距離がすごいあるな〜。」「そこで!このメロメロステッキがあれば仲良くなれるに違いない!」
「リーダー!・・・・反応薄いなぁ」ステッキを振られるもリアクションがわからず戸惑うリーダーw
知ってそうな人を探し出し・・・「カメラマン!・・これこれ!!」場数を踏んでよく知ってるカメラマンさんがメロメロにw
今度こそバンドメンバーにステッキを振り回して反応に上機嫌なゆかりん。
会場に向けてはメロメロステッキ乱打。「おもしろ〜い!」ぴょんぴょん飛び跳ねるゆかりん。
「満足しましたか?・・座ってください。」
聞き忘れたことがあるということで、年齢は聞かないで、親子で来ている人は?の問いに、1階席と3階席で手を振る親子。しかし「ウチの両親は立たないでください!」
メロメロ振りに疲れたので「もっといいめろんの方法ないかなぁ。これ、映像でさ・・・」後ろのスクリーンで済ませようとするゆかりんに観客から大きなブーイングの嵐w
次への指示が出たので・・・
M13 Princess Rose(19:31)
M14 恋せよ女の子(19:35)
M15 fancy baby doll(19:39)
手にした小物(うさぎのぬいぐるみ?)を客席に向けて投げるゆかりん(合計5、6個)
M16 惑星のランデブー(19:43)
特効の銀テープが舞います
M17 Cutie♡Cutie(19:48)
MC
怒涛の5曲連続。
ここでバンドメンバー紹介と、ダンサーさん紹介。スクリーンには名前も映し出されます。一芸を披露するダンサーさんw
そして最後に「田村ゆかり17歳でーす!」
「次で、最後の曲です。」「もうすぐクリスマスだね。少し早いけど、メリークリスマス。」
M18 プレゼント(19:56)
ステージの両端からシャボン玉が舞います。曲後、退出するバンドメンバーとゆかりん(20:01)
そして湧き上がるアンコールとゆかりコール。
M19 Baby’s Breath(20:06)
Tシャツに着替えたゆかりん登場。
MC(20:10)
「は〜い。アンコールありがとうございました。」
「ここでネコさんを呼んでみたいと思います。」
ビデオカメラを持って堂々盗撮をするネコさん。ネコ人気が高いのでいじけてセットの階段に座るゆかりん。観客のゆかりんコールがあって「はいはい、ゆかりんゆかりん。」ネコさんも横に座らせるが、頭がジャマww
朝早く会場入りして、楽屋から外を見て手をふったら20人中4人ぐらいが気づいた話とか。
M20 candy smile(20:16)
曲のあと、メンバー全員で手をつなぎ一礼。最後は投げキッスをしてステージから去るゆかりん。
しかし、このあとも≪もう一回!≫のコールが止まず・・・
MC(20:21)
再度ゆかりん登場。
クリスマスなのに全然クリスマスっぽくないライヴになってしまった。はっぴを着てる人が女の子の役やって2人一組で帰ってみて。などと無謀な提案。
「ゆかりんサンタやれよって感じだよね。さっき気づいちゃった。」「(クリスマス気分を味わいたければ)代わりにピザ取るといいよ。」
「正直に言うとスタッフさんに怒られるけど、人前で歌うのが好きじゃないんだよね。」「でもみんなの顔を見ていると、またやりたいな〜って思うから不思議だよね。」「懲りないでまた来てください」
M21 Little Wish 〜first step〜(20:26)
2番はゆかりんがマイクを客席の方に向けて合唱。ちゃんと歌詞を覚えてる人が多くてびっくり。
曲のあと、再び投げキッスでゆかりん退場して終了(20:32)。

PC230017.JPG PC280052.JPG

黒うさぎを聞くために早めに帰宅しました。帰りに見た横浜の夜景と三日月はきれいでした。※レポは途中で力尽きました。追記するかも。