坂本真綾 IDS! in 銀河劇場(12/30 17時の部)すたしょ日記

2006年12月30日(土)

2006年12月30日に東京天王洲・銀河劇場で開催されたファンクラブイベント「坂本真綾 IDS! in 銀河劇場」に参加してきました。このイベントは29日と30日の全4回行われ、そのうち、最終回である30日2回目です。

会場がコミケ会場にごく近かったので、まずはそちらに寄りました。朝は体調がすぐれず出発が遅れたので、13時半に到着。昨日から限定(限界)販売中の「黒薔薇保存会」のCDはすでに売り切れていました。その代わりブースでアーティストコメントの映像を見てきました。横にいた半そでのエルエルが印象的。自分はモコモコに着こんでマスクまでしてるというのにw

PC300067-1.JPG PC300069.JPG

特に買うものもなく、パンフレットを大量にもらって天王洲へ。自分みたいな人間には足を踏み入れがたいほど品のよいオサレ空間。

ロビーでグッズ(Tシャツとポストカードとストラップ)を購入。食べ物以外では今日初の買い物でした。

会場内での座席は前から3列目の右端で、最善とはいえないまでも、比較的ステージがよく見えるよい場所でした。以下、書きかけ。

アナウンス(16:55)
開演前のアナウンス。今回のイベントは、フライトに見立てているようで、「MDなどの録音機器は精密機器に影響を与えるので〜〜」の注意は離陸前の飛行機のアナウンスっぽい。ステージには機材がおいてあり、ライヴも行われるらしい。
開演(17:00)
会場が暗転し、スクリーンにはIDSフライトのイメージ。
ステージ右手から真綾さんが一人で登場。「いらっしゃいませ〜坂本真綾です」
同じ会報やカレンダーを見ている同じ仲間ですので楽しんでいってください、と。ステージ上からもお客さんの顔がよく見えるので「ニッコリしてください。励まされますんで」
フィンランドに行った際のカメラで撮った映像の紹介「IDS! FINLAND REMIX」
1週間ほど前にクリスマスプレゼントとして、会員には特典DVDが配布されましたが、その映像の「劇場だけヴァージョン」。年末の忙しい時期でもあるので、DVDを見てない人は2割ぐらいいたようですwちなみに私は、出かける直前に見ておきました。真綾さんの年末は格闘技で忙しいようです。
「今年を振り返る」トーク。DVDにも収録されているので簡単に。
両A面のシングルをリリースしたこと。舞台レ・ミゼラブルは4年続けて出演して、今年で一区切りを迎えたこと。来年は新しいレミゼとしてまた出演。
そして「10年ぶりの地上波ヒロイン」を2つも(ホスト部&貧乏姉妹)演じたことw 特に藤岡ハルヒは「役も何もそのまんまなんで」とか。
イギリスの吹き替え作品「Doctor Who」のアフレコ収録で、子役の子どもたちがたくさん来た時は(真綾さんが子役出身なので)「子役には厳しく」接していたが、収録が終わると子どもたちが真綾さんにサインを求めてきて「なんでサイン!?」と思っていると、7人の子どもたち全員・そして親御さんまでもが「ホスト部」を見ていて『ハルヒですよねー!』と群がってきたとか。
今年復活したラジオ「I.D.Night Flight」は、スタッフも以前と同じ人たち。こちらは、会場の半数ぐらいの人が聞いているようです。
今年はテレビ出演も。CSのTBSチャンネルの番組(有料)への出演を果たしたが、見ている人はあまり多くない、ということでこのイベントで一部紹介。
「坂本真綾・君に届く声〜ミュージック&ドキュメント〜」ダイジェスト(17:20〜17:33)
1時間番組のダイジェスト。この番組にも登場した鈴木祥子さんが、今回のゲストとして登場。
黒の衣装で登場した祥子さん。突然「(真綾さんの誕生日である)3月31日と言えば、以前好きだった人の誕生日と同じ」とか。理論的で熱くなるのは真綾さんと同じで、そういえばデカルトも同じ誕生日て。。
真綾さんは貫禄があって気のいいおっさんと自称。
M1 NO FEAR / あいすること(17:41)
鈴木祥子さんがピアノ演奏。
M2 a happy ending (17:50/17:52〜17:55)
曲の初めの方で、突然驚いて演奏を止める祥子さん。間違えたらしいw・・ということで仕切りなおして最初から演奏。
この曲でゲストの鈴木祥子さんとはお別れ。真綾さんと組んでいたユニットwも解散です。
「IDS! in FINLAND EXTRA」
真綾さんの解説でオフショット映像。
このあと、バンドメンバー3人が登場。
M3 うちゅうひこうしのうた(18:09)
思い出したかのように、ギター、パーカッション、キーボードのバンド紹介。
M4 Dreaming
来年発売のアルバム収録予定曲。まだレコーディングもしていないので、どんなアレンジになるかも不明。
M5 スピカ(18:20)
M6 ポケットを空にして(18:26)
最後のこの曲で観客は総立ち。手拍子が暖かかった。
イベントの最後は、朗読とプラネタリウムで上映されている「ユニバース」をスクリーンで上映。バラードと映像美の融合が見事でした。個人的には星雲が出るたびに「この星雲は○○か?」と気になって仕方ありませんでしたがw
18:44終了。