TAF行って来たすたしょ日記

2007年3月25日(日)

タイトルのとおり東京国際アニメフェア2007に行ってみました。前日は23時過ぎに帰宅したというのに、今朝は5時45分起床6時15分出発で、途中コンビニに寄ったり、大きな生理的な現象を済ませたりしながら8時少し前に会場到着。出る前は無風だったのに、なんという暴風!会場前には意外に人がいなかったので、早くつけたのかな?と思ったのですが、中にはすでに1000人ぐらいの人がいたらしい。10時10分ごろには会場内に入れたのですが、セイントオクトーバー(ブースの)イベント整理券はすでに配布終了してました。残念。このぶんだと始発で出かけても到着は7時前なので、どのみちムリだったっぽい。

P3250091.JPG

しかしながら、メインは11時からのステージイベントだと思っていたので、気を取り直しすぐさまその待機列へ。幸い今度は真ん中あたりの列で座ることが出来ました。ステージIIの座席は300弱。

ということで、まずは11時からの「セイントオクトーバー声優スペシャルステージ」。司会にコナミお姉さんと、黒木功士朗役の川本成さんが登場。川本さん、「クワガタくさい!」とか(徹夜組がいたので)「フロ入って来い!」、うるさいので「センターの客は病院行ってこい!」と客をいじりまくり。

ついで、探偵団3人組登場!本当にあのゴスロリ衣装を身にまとったすごい姿。しかし、なぜか妙に馴染んで違和感がありません(見慣れたせいか?)。片岡あづささん(あづ子)は、このようなイベントは初めてらしい。小林ゆうさん(画伯)は、話を聞かないし、何か落ち着きがない。福井裕佳梨さん(ゆかりん)はあづ子の衣装が気になってしょうがないらしい。そんなわけで3人とも不思議な空気を醸し出しています。

監督の佐藤まさふみさんも登場。川本さんいわく「客と同じ臭いがしますね」。もともと作品の企画段階ではもっとオカルト色の強かったのをコミカルに仕上げたが、変身シーンにその影響が残っているとか。オープニングに歌詞が載っているのは薬のCMにインスパイアされたとも。

色々質問されるものの、「どーぞどーぞ」状態になってダチョウ化する3人。アニメを忠実に再現した衣装の話題になり、「ゆかりんまわってー!」と叫ぶ観客(ゆかりん違いですよ)

ラストは待望のライヴパート。Wheel of fortune初披露です!当然のごとくいっせいに座っていた観客が立ち上がり、ペンライトを振る人多数。特に前3列あたりと真ん中へん(自分もいた)が濃いです。最初はPPPHのタイミングが微妙でしたが、次第に慣れた模様。踊りもすばらしかったです。いろんな意味で。

その後、足の赴くままに放浪していると、富田真帆さんのライヴ中。ついつい中に入って見てしまいました。知らん曲も多かったですが、意外とよかった。CD買うかも(今日は買わなかった)。
さらに放浪して桃井はるこさんや野川さくらさんが出るイベントに遭遇。モモーイを見たのははじめてかも。このアニメには夏子様も出るんだよなぁと思いながら見てました。
さらに偶然にもロケットガールのイベントにも遭遇。今期のアニメの中では意外に面白いのでこれはラッキーと思いながらそのままエリアの中へ。ナバ様とエリちゃんはだいぶ昔の極上生徒会イベント以来。エガちゃんに至ってはたぶん初めです。ICHIKOさんのライヴはもっと跳びたかった。もっとも、音泉のイベントが同じ時間にあったことをあとで思い出しちょっとだけ後悔しましたが。

13時半からは堀江由衣さんも登場するステージイベントがあるようでしたが、意外と長時間行うらしいことがわかったので、並んでる途中で脱出。イベント開始後にちょっとだけ後ろから垣間見ました。その後、ちょうどサイン会中の白石涼子さんを一瞬だけ見かけました。もうちょっと早く来てればなぁ。最近はうりょイベントに全然参加できてません。

14時過ぎにコナミブース近くに人だかりがあったので、なんとなくとどまっていたら、そのまま15時からのセイントオクトーバーのイベントを見ることが出来ました。見るだけなら別に早起きすることもなかったらしい。
川本さんの司会のもと、3人がまたあの衣装で登場。もう、ゆう画伯の暴走が止まりません。すでに画伯としては有名ですが、ヒマな時にはティッシュを使った造形もやるらしい。ということで、ステージ上で「鳥」を作ってみたゆう画伯。・・・前衛芸術です。
サイン入りポスターを賭けたアニメのクイズは5問出題。コレクト学園も含め私も全部わかったのですが、解答権は整理券組にしかない。残念。
ゲーマガにすでに写真入りレポが上がっています。さすが野原タン仕事が早い。
細かいことを言えば、ゆかりんと画伯の立ち位置がアニメと逆ですな。あと、画伯は髪を後ろで束ねるともっと三咲に似るのでは、と思ってみたり。

もうこれで帰るつもりでいたのですが、最後のステージイベントに鹿野さんや平野さんが出るらしいので、立ち見してきました。というか、司会は鷲崎さんだったのか(昨日のラジオで言ってたの忘れてた)。
最初の3人の大御所声優さんの登場はかなり貴重だったかも知れません。何十年も続けてこられた演技をナマで聞くことが出来たのですから。そもそもイベントでお目にかかる機会自体少ないでしょう。そんな大ベテランの方々があの司会っぷりをどう思われたのかが心配でなりません。
ついで登場した鹿野さんの衣装はどう見ても割烹着です。本当にありがとうございました。平野さんの足のホクロは双眼鏡ではっきりと確認させていただきました。転がる朴さんが見れたのも貴重な体験でした。鷲崎さんは今後イベント用に予備メガネを常備しておく必要があると思いました。

行き当たりばったりで歩き回ったわりには色々なイベントを楽しめましたが、新谷さんのイベントなどいくつかは見逃してしまいました。やっぱり事前の計画は欠かせないですね。

P3250093.JPG