松来未祐『三十路祭』@東京初台LIVE-BAR The DOORSすたしょ日記

2007年9月16日(日)

※修正版(2007-09-16 23時)まだ修正するかも。

2007年9月15日に東京・初台LIVE-BAR The DOORSで開催された、松来未祐「三十路祭」に行ってきました。松来さん(以下みゆみゆ)は、14日でめでたく30歳の誕生日を迎えられました。そんなみゆみゆをお祝いしようと、ラジオ「チェリーベル」が発端となった企画が今回のイベントです。

このイベントのチケット取りも一苦労でしたので三十路祭前哨戦参照)、この日を迎えて感慨もひとしお。ただ、チケット整理番号は275で、限定100のサイン入りうちわはもちろん、グッズのほとんどは売り切れてるだろうなぁ、と既に諦めモード。

駅前のロッカーに荷物を預け、16時40分頃会場前に到着すると(開場は17時)、会場前の歩道と向かいの国立劇場前の広場には、番号札を持った人を先頭に既に入場列が出来ていました。番号札は320番ぐらいまで用意されていたようです。

562543504_179.jpg

入り口にはフラワースタンドと「三十路祭」と書かれた案内の黒板がww(すぐに整列したので写真を撮るのを忘れてしまいました)。整列中にスタッフさんから「(グッズの)生写真売り切れましたぁ~」の声が。やっぱりというか、なんというか。。。おそらくうちわはもっと早く売れていたのでしょう。

17時20分過ぎに自分たちの番になって入場。会場は地下1階にあります。カウンターでチケットを渡し、ドリンク代(300円・・意外に安い)を支払って中に入ると・・・なんとまだ物販が続いているではありませんか。限定数が100~150だったためほとんど諦めていたのですが、写真・うちわ以外は十分残っていたらしく、残っていた全種類を買ってしまいました。

さて、肝心のステージですが、会場が縦型のためちょっと遠い感じ。私の背の高さでもマイクスタンドがやっとわかる程度です。客席から見てステージの左手前にキーボード、その右隣にベース、みゆみゆ、その右奥にドラム、右端手前にギターという立ち位置でしょうか。頭上を見上げると2階にも客席があるようですが、私の位置からはちょうど柵が真上にあったため、2階席の奥に誰がいるのか、柵に乗り出している人以外全然見えませんでした。

開場前(17:55)
女教師みゆによる場内アナウンス。
「最近吉野屋先生にキャラが似てると言われますが、違いますよぉ!?」
みゆみゆと同時に、みゆ先生も三十路を迎えたらしいw
値段設定を間違えたために「カッツカツを通り越してほんっとに大惨事♡」な状態。必死に購入をすすめるみゆ先生。
「これが本当の後の祭りね♡」
途中でアナウンスを噛むみゆ先生。
最後にみんなに目標を言わせるみゆ先生。
「みんな仲良くゆずりあい うっふん♡」
M1 スポーツしましょ♥[SD★Children / 文化放送「松来未祐と金田朋子のRADIOデコピンないと2」主題歌](18:10)
(10分押しでライヴスタート。)
1曲目からテンションの上がる曲キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
バンドメンバー4人、そして白のドレスに身を包んだみゆみゆも登場!堂々と(細い)二の腕も出してます!!
会場を見回すと、半数近くの人がサイリウムを振っています。ピンクが一番多いのはぎょにそ色だから(違うと思う)。ほかに青や白も少々。2階関係者席で乗り出してる人はオレンジ振ってました。
1曲歌い終わって「松来未祐三十路祭へようこそーー!」
続いて2曲目へ。
M2 ムスメゴコロ★オトメゴコロ[SD★Children / TVA「流星戦隊ムスメット」ED](18:15)
MC(18:19)
アップな曲を2曲歌い終わって(_,''' ▽ '')ハァハァ
「この息切れが三十路ねっ!」みゆみゆハァハァ言いまくり
そしてわき上がる「みっそっじっ!」コールww
「改めまして松来未祐三十路祭へようこそ!」
超満員で後ろのお客さんからだと見えにくいかも、と心配するみゆみゆ。
(想像していたよりは近くに感じます。表情もよく見えるし)
でも「離れている方がかわいく見えるかもしれない」どこまでも自虐的なみゆみゆ
スポーツ紙に記事が載って「年齢非公表」と書かれる歳になったけど「三十路でーす!」
最初に歌ったのは大物声優金田朋子とのユニット「SD★Children」の曲でしたが、今日そのラジオが復活!「すごいことになっています」と期待をあおるみゆみゆ
自爆キャラで死ぬシーンをたくさんやろうと思ったが数分で終わってしまうので断念したみゆみゆ。
過去に1回だけライヴをやって毎年「今年はバースデーライヴやらないんですか?」と言われ続けて、今年やっと実現。
「このジャイアニズム」
M3 ムーンライト・ラブ[桃月学園1年で~組 / TVA「ぱにぽにだっしゅ!」ED](18:23~)
M4 Just for my love[巫女ツインズ / TVA「月詠-MOON PHASE」]
M5 ここだよ。[とらのあなイメージソング]
M6 サニサニデイ♪[鷹野みゆき / 鉄道むすめイメージソング](~18:30)
題して「人前で歌ったことのないメドレー」
「息が切れる、このへんが三十路ねぇ。」とおばちゃんっぽくデジャブなセリフを吐くみゆみゆ
トラミミ姿で5年やってきた番組では業界視聴率が高すぎて、スタジオ入りすると「ああ!あの人!」と初めて会う人に二度見されてたみゆみゆ。
「・・・いい思い出です。」
そして「いまだから言えるけど、アレ見てイラッとしてたんだ~」と白状されたこともあるみゆみゆ。山手線を逆に乗りそうだとか。しかし、「私、そうかも」と内心思ったみゆみゆ。
電車娘では地元広島の、広島電鉄を担当したみゆみゆ。「ヒロデン!」と楽しそうな広島女。
今まで歌った曲を数えてみたら、60曲もあったみゆみゆ。
「持ち前の瞬発力で歌ってもいいですか?」
次に歌うのは「Blue」三十路アレンジ。知ってる人~?50%ぐらいの人が挙手。
「持ってる人~?」20%ぐらいが挙手。・・・少なっ!(私も持ってません。サーセンw) あまりの少なさに「アウェイかと思った」みゆみゆ。
M7 Blue[Missing Blue](18:35)
それまでピンクが卓越していた観客のサイリウムの多くが青に変わりました。
MC (18:42)
Blueが歌えて感動のみゆみゆ。
「すごく好きな曲がもう1曲ありまして。」
True Love Storyの名前が挙がって「おー!」と観客からもどよめきが。TLSSのみんなで歌った曲。
私にとっても、みゆみゆを直接知るきっかけになった作品なので感激です。
M8 さよならのまがりかど[OVA「True Love Story Summer Days,and yet...」ED](18:43)
MC (18:47)
この曲を知ってる人は3分の1ぐらい。
最近はヘンタイの役を任されることが多いみゆみゆですが、そのはしりがこのTLSSの篠坂唯子だったと感慨深いみゆみゆ。
観客からわき上がる「モウソウ!」コールを「ダメ!」と遮るみゆみゆ。
M9 禁じられた果実[篠坂唯子 / OVA「True Love Story Summer Days,and yet...」](18:48)
スクリーン「松来未祐 20代 流したいメモリー」(18:52)
会場が暗転し、ステージのメンバーは一時退散。目の前にはスクリーンが出現。
映し出されたのは、夜景のレインボーブリッジを背景に立つ櫻井孝宏さん(左)と鈴村健一さん(右)と、2人の間に馬仮面を被った背の低い何か。下から懐中電灯を顔に当てているので微妙に怖いww
みゆみゆお色直しタイムなので、ここでミニコーナー「松来未祐 20代 流したいメモリー」
その1「松来未祐 若手レジーム DVD編」
2000年に発売されたDVD「あっぷプライベートビデオVol.2」の紹介。
もはや全部が名場面という映像の中から、今はなき向ヶ丘遊園のP.V.、初恋の思い出を語るみゆみゆ(;´Д`)
みゆみゆ父の心優しい一面が観客の感動を誘います(?)
その2「松来未祐 若手レジーム 雑誌編」
過去の雑誌掲載されたみゆみゆを紹介。
第3位・声優グランプリ2001年12月号。・・みゆみゆ初登場。当時24歳なのにインタビューの内容は「(笑)」ばっかりなみゆみゆ。
第2位・声優グランプリ2003年8月号。チェリーベルとして初登場。2004年5月号。さらに登場。しかしこの号でラスト。それ以降取材されていません。
「なんで??」
第1位・声優グランプリ2004年11月号。・・・表紙初登場。一緒に写っている同い年の千葉紗子さんは30歳と同時に結婚発表。「千葉ちゃんおめでとう!」と必死にお祝いする2人。
ここまでの収録が3時間に及んで12時を過ぎた2人。もはやお色直しというよりは大改造外科手術のレベル。最後はDVDに収録されている「バカヤロー」のP.V.。
M10 愛が咲いた日[鷺沢頼子 / TVA「D.C.ダ・カーポ」キャラソン](19:11~)
ネコミミメイドさんのみゆみゆキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
3曲続けてDC関係メドレー。
M11 アイ・ウィル![鷺沢頼子 / TVA「D.C.ダ・カーポ」キャラソン]
M12 Good Day[鷺沢頼子 / TVA「D.C.ダ・カーポ」キャラソン](~19:20)
MC (19:20)
「鷺沢頼子です!」
「またの名を、三十路メイドです!!」
ミニアルバム「Happy Days」から3曲。持ってる人は~?の問いに6割ぐらいが挙手。
このメイド服を着るために5日に1回しかつながらない無線LANの自宅パソコンで必死に探したみゆみゆ。
頼子さんの服はなく、最近流行りの***のごとく!のマリアさんとかばかりなので自分のパソコンで必死に似てるものを探したみゆみゆ。
そしたら「何のご奉仕ですか??」と訊きたくなるようなすごいサイトにばかりにたどり着いたみゆみゆ。
「今は死ねない!」今死んだら警察の人がパソコンの中をのぞいて、この人にはこういう趣味があったんだと思われてしまうことを一番心配したみゆみゆ。
「頼子として歌えてうれしいです。」
ネコミミを外すみゆみゆ。観客からは「エェェ?」の声もありましたが、次の曲を歌うためでした。
M13 オレンジワルツ[鷺澤美咲 / TVA「D.C.S.S. ~ダ・カーポ セカンドシーズン~」キャラソン](19:24)
MC (19:28)
「ここで重大発表でーす!」
「結婚?」
「け・・結婚、したいです。せめて40ぐらいまでには」弱気なみゆみゆ
「結婚祭、出来たらいいよねぇ」遠くを見つめるみゆみゆ
「ラスト2曲です!」
「エェェ!?」
「ジャイアン、とっても幸せです」
最近演じた中でのはまり役が2つあって、ひとつは「ふたりはプリキュア」のチョッピ
スタッフさんに、オーディション受かったことについて「アレは顔キャスだね」と言われたみゆみゆ。
もう一人は「ひだまりスケッチ」の吉野屋先生。
「それでねぇ?キイテ!」興奮して広島弁になるみゆみゆ。
コスプレ好き・露出狂のあのキャラは完全にアドリブだと思われてるみゆみゆ。
年齢不詳な吉野屋先生のキャラの確認のために、原作者(うめ先生)に生年月日を問い合わせたところ「松来未祐さんそのものでいいです~」と軽く答えられてしまったとか。
M14 妄想クロッキー[吉野屋先生 / TVA「ひだまりスケッチ」キャラソン](19:31)
曲途中でバンドメンバー紹介。ステージ左から、
キーボードASAHIさん(ちょいワルらしい)、ベースtomoさん、ドラムDo!藤崎さん(紹介されてご丁寧にあいさつをしたため叩くのをやめて、みゆみゆに「叩いて!」と懇願される)、ギターオバタコウジさん。
みゆみゆは一時ステージから去って、バンドパフォーマンス。
再登場したみゆみゆは白シャツのセーラー服っぽい姿(よく見えんorz)
M15 カメラ=万年筆!!![OVA「HAND MAID マイ」OP](19:39)
アンコール(19:43)
本編が終了して退場するみゆみゆ&バンドメンバー。
そしてわき上がるアンコール。
歓声に迎えられて再び登場。みゆみゆは「MIYU30」Tシャツの特製版(黄色い文字で黒い縁)、バンドメンバーは「三十路」Tシャツに着替え。そして歌った曲は・・・
M16 あなたのハートにはきゅん!どきゅん![ドラマCD「16-sixteen-2nd」](19:47)
本編が終わって、何かひとつ足りないと思ってたらこれでしたww この曲がないとみゆみゆではありません!
歌詞を「真壁君」と言い換えて歌うみゆみゆ。
サイン(?)ボールを大量に投げるも、ぼろぼろこぼすみゆみゆ。
最後になんかでかいものを遠くへ放り投げるみゆみゆ
自分めがけて一直線に落ちてくる・・・!?
夢中でその物体をつかんで引きずり落とそうとしたら最終的には私と、一緒に来た人の2人でつかんでたという結果w その物体が馬仮面だったので「これ持って帰ってもジャマなだけだよな」と冷静に判断して連れの人に押しつけてしまいました・・いや、譲りましたw
MC (19:53)
この曲はチェリーベルの二人にも「もちろん歌うよな!?」と念を押されていたみゆみゆ。
この曲のために真剣な討論が繰り広げられたはきゅんどきゅん
感極まってフライングで涙が出そうになるみゆみゆ
再度のバンドメンバー紹介。
キーボード・ASAHIさん。なぜかなりやまない「アサヒ!」コール。普段はマジメな人で、演奏中も集中しているが、はきゅんどきゅんの時だけは歌詞が耳に入ってくるらしい。
ベースのtomoさんにもやまない「tomoさん!」コールw
ドラムの藤崎さんには「四十路」コールがww
ギターのオバタコウジさんはみゆみゆによると総誘い受け。ASAHIさんと2人きりで部屋にこもっているところに入ったら「ジャマしないでください!」と叱られたとか。
今日のステージにはいないが、打ち込み担当のラフィンさんも紹介。
・・・と思ってたところ、たくさんのロウソクに火をともしたケーキを持って入場。
感動するみゆみゆ。でもひとこと「吐きそう」
感動して涙目なのに「顔とかケーキに突っ込んだ方がいいのかなぁ」と、小野坂さんの影響でどうしても笑いに走りそうになるみゆみゆ。
気を取り直して、ほとんど声にならない涙声で・・・
「ありがとうって言いたいけど、言ってしまうとウソになる気がするから・・」
「ここにいるみんなに逢いたくて、がんばってきました。ありがとうございました。」
「いつか、また逢いましょう」
ラストは「いつか出会う人を思って初めて作詞した曲です」
M17 ちいさな翼[CD-ROM「ちいさな翼」](20:04)
エンディング(~20:10)
「松来未祐&三十路バンドでした!ありがとうございました!」
「愛してるーー!」
最後は全員が前列に並んで手を振ってお別れ。
お疲れ様でした。そして本当にありがとうございました。

終演後、人の海の中ゆっくりと移動してドリンク交換。物販にはまだTシャツなどは残っているらしい。確かにあのデザインでは普通の人はドン引きですわなw
あとは出るだけ・・・と思っていると、再度みゆみゆによるアナウンス。
まだ終わらないのか!?と思っていると、出口で全員とハイタッチ!とかw うわ。後ろにいてわりと早く順番が回ってきたので、何も言う言葉も考えずに気がつけばハイタッチ終わってましたw 手は小さかったです(_,''' ▽ '')ハァハァ

途中新宿まで歩く途中のお店で食事をとって、帰宅したのは23時半。体重を量ると1.5キロぐらい減っていました。


P9160101.JPG

購入グッズ。三十路携帯クリーナーを取り付ける勇気はありません。そして三十路Tシャツを広げる勇気もありません・・・(Aice5ライヴに着ていけば、ステージ上のメンバーにはものしごいアピールになると思うけど、周りの人にフルボッコの可能性。)

P9150092-1.JPG P9150094-1.JPG

頭上に飛んできた馬仮面。(左)ほんとに被ってくれるとはw(それにしてもノリノリである)。被ってるご本人は、映像に登場していた馬仮面みゆみゆはほとんど見えなかったそうです。
・・・あとで気づきましたが、三十路Tシャツ着てもらえばよかったww
(右)サイン入ってます。通りすがりの方のお話では昔からサインは変わってないとか。これ、けっこうゴム臭いです。

関連リンク

公式・個人見境なく勝手にリンクしています。発見次第順次追加いたします。掲載サイト様で削除希望の方はご連絡ください。