meg rock「baby pink summer date '07 w/sandwich」すたしょ日記

2007年9月23日(日)

2007年9月22日(土)に渋谷TAKE OFF 7で開催されたmeg rockのイベント・ライヴbaby pink summer date '07 w/sandwichに参加してきました。今回のイベントは1部が衛星ラジオ「モバRO!」の公録(名付けて公ロック)、2部がライヴの2部構成。もともと1部が40名、2部が(1部と合わせて)60名というかなり狭き門で、しかもリスナー優先ということもあってチケット当選自体も危ういと思っていたのですが、私は両方とも当選。無事に参加する運びになりました。それにしても参加チケット代が2部のみだと2000円なのに1、2部通してだと6000円もするというのが気になります。

直前まで秋葉原を徘徊していたので、到着したのは17時の10分前。開場時間が17時半だったので、これはちょっと遅れたかなと思ったのですが、実際来てみるとほとんどお客さんは見あたりません。どうも最近は開場の数時間前にグッズで並んでるイベントばかりに参加していたので、逆に動揺してしまいましたw

P9220046.JPG P9220048.JPG P9220052-1.JPG

17時過ぎになると続々人が集まり始めます。この人数だと顔見知りさんと出会う確率が高くなるものです。今回もそうだったのですが、1部参加のマイミクのKさんと偶然連番になってたことがわかり、軽く驚き。

階段づたいに整列して、10分遅れの17時40分に開場。ドリンク代500円を払うと、チケット2枚くれました。3階にあるこのライヴハウスは、教室よりやや大きめの広さ。・・・普通ですねw 会場の壁にはグッズのTシャツが見本として掛かっています。座席は1列10席ぐらいで、5列ほど並べてあります。ステージに目をやると、ドラムやマイクスタンドなどの機材が置かれ青く照らされています。BGMには、過去にオンエアされた「モバRO!」が流されています。

着席して、隣になったKさんと話をしていると、もう一人のマイミクのMさんを発見。しかも、Mさんも私たちのすぐ前の席という奇跡w マイミクさんで1部から参加しているのは3人だけなのに。

開演直前に見回すと、実際にお客さんの人数は40番まで(残念ながら空席が1個ありました)。2列目、3列目はほとんどが女性でしたので、♂:♀比は7:3~6:4ぐらい?アツロックさん目当ての人も多いようです。ドリンクを引き替えて待っていると、スクリーンが降り、10分遅れ(18:10)で開演。

第1部・お陰☆SummerDay ファースト&ファイナルリサイタル ~サンドイッチの夕べ

スクリーンの脇からひょっこりと司会のノボルンルンこと山本さんとロックちゃんが顔を出して「こんばんは~」あまりに地味な登場です。

前回のクリスマスライヴの思い出の雑談。コンペ合戦で負けた方のHDDを水槽に落としたりして「ヒドイ企画だったよねぇ」と。

今回のイベント(1部)は、「お陰☆SummerDay ファースト&ファイナルリサイタル ~サンドイッチの夕べ」と題した「モバRO!」の公開録音。番組で「結成」された、シャ☆イニー(リーダー)とア☆ツロック(メンバー)による、meg rockプロデュースのアイドルユニット『お陰☆SummerDay』の結成までを、スクリーンに投影される幼少期の写真を交えながら振り返ります。

「リーダー」シャ☆イニーのかわいい幼少時代の2枚の写真を紹介。あまりのかわいさゆえ、誘拐されそうになったことがあるとかw

ア☆ツロックの注目すべき幼少時代の写真は・・・どー見てもイソギンチャクですww しかし、ロックちゃん曰く「髪型に面影がありますね」。そんなア☆ツロックも、ギターと出会うことによって劇的な進化をとげ、ついに二足歩行へww!!

こんな二人が名(迷)プロデュースmeg rockと出会い、そして奇跡の化学変化を起こして誕生したユニットが『お陰☆SummerDay』。今日で解散しちゃうけど。

スクリーンが上がり(18:18)、ツナTシャツを着た3人がステージに登場。
(シャイニー)「リーダーのシャイニーで~す」
(アツロック)「メンバーのアツロックです」
フランスパン(?)のサンドイッチを乗せたお皿を持ってスタッフさんが登場し、2人によるサンドイッチ入刀。手を腰に回し、仲良くナイフを持って刃を入れるものの、固くてうまく切れずテンションが下がる2人w

次いで、「ディナーショー」ということで特製サンドイッチが配られ、写真撮影会開催。サンドイッチの方は、2人がそれぞれ好きなモノをチョイスしたのですが、その中に肝心のツナが入ってなかったので、meg rockがツナとデザートを加えたとか。

撮影会はフラワースタンドを前に『お陰☆SummerDay』の2人が立ち、その間にお客さんが入って「まさにサンドイッチ状態になって」インスタントカメラで一人ひとり撮影するというもの。そしてカメラマンがプロデューサーのmeg rock!撮ったその場で、インスタント写真をmeg rockから受け取りました。

サンドイッチを手に、各人思い思いのポーズで撮影に臨みました。当初は2人が片手ずつ伸ばして真ん中の頭上にハートを作ったり、お客さんを両脇からぎゅっと押すようなサンドイッチポーズで撮影するパターンがほとんどでしたが、後半になるにつれて慣れてきてお客さんの要求にも変化が。中には格闘ポーズをさせたり、BLっぽく2人でのチューを要求したり、ステージで使ったサンドイッチ入刀を再現させてみたり、2人に手ブラをさせたりとやりたい放題の人もw ってか、この中のひとつは「本当になんでもやってくれますか?」と念を押して私がリクエストしたものだったりしますw こんな感じで撮影会は20分程度で終了。

次のコーナーは、リスナーさんたちへの感謝を込めたお中元企画番組ジングルをCD化して40人全員へプレゼント。しかし、それだけではつまらない!ということでそのCDのジャケット写真を23区各所に行って40枚分撮ってくる、しかも40枚全部違う写真で!という過酷な企画の模様をスクリーンで上映。

23区の区名が書かれたたくさんのカードから1枚を引いて場所を選び、別のカードで撮影するテーマを選択。そして現地で1から5までの数字が書かれたカードを引いて撮影枚数を決めるというもの。一切のヤラセなしのガチだとかw

都内某所に1時間遅刻の午後2時に集まった『お陰☆SummerDay』の2人と、meg rockプロデューサーとマネージャーさん。車に乗り込んでまず、引き当てたカードは「板橋区」。次いで引いたテーマのカードには「神社・寺」。車でさっそく板橋区の神社(寺)に出発!と書くと簡単ですが、到着するまでにだいぶ時間を消費。現地に到着して引き当てた枚数カードは4枚。つまり、ここでは4枚の写真を撮影。

次に引く区のカード。近いところ!というメンバーの願いむなしく引いた区は「台東区」「川」。しかも現地で引いたカードは「2枚」。「meg rockチャンス」という枚数が2倍になるクイズで、「目隠ししてドリンクの中身当て」に挑戦する2人でしたが、結局当てられずに枚数を稼げない2人w しかもこの時点で6時過ぎてます。

その後「中野区」「スポーツ」「3枚」、「杉並区」「食」「1枚×2」(ここで食事)、「中野区」「銅像」「1枚」と続けるも、この時点で既に夜の9時。残り枚数はまだ28枚。このままでは今日じゅうに終わらない!ということで、次の場所でルール変更をして「6枚」と「9枚」のカードを追加。「港区」「学校風景」でさっそく6を引き当て。その後は「品川区」で5枚、文京区で9枚を引き当てる怒濤の展開。そして「目黒区=メグロック」「電車」では9枚を引き当て見事クリア。終電との戦いになりながら中目黒駅で見事撮影完了。40枚+プロデューサーの分1枚のジャケット写真を確保することができたのでした。

(19:18)いよいよ(?)アイドルユニット『お陰☆SummerDay』のファーストにしてラストのリサイタル。ツナTシャツの2人が登場して「tuner soundwich」を披露。曲が終わってなぜか「すいません」と謝るシャイニーw テーブルにマイクを置いて去るアツロック。(meg rock)「『お陰☆SummerDay』はこれにて解散いたします」

これにて1部終了。あくまでアイドルユニットwの2人がメインで、ロックちゃんは裏方に徹したイベントでした。撮影会あり、サンドイッチあり、お中元ありと、よい意味でぐだぐだなイベントでした。特に撮影会では、ロックちゃんが後ろの空いたスペース(あとで2部のお客さんが入る場所)で、普通に笑ってカメラ構えたりみんなと話をしていたので、ものすごく身近に感じられました。一番いい思いをしたのはアツロックファンだったかも?


(19:23)休憩時間。予定より30分近く押しています。この時間から物販が開始。早めに並んだのですが、あっという間にTシャツのLサイズが売り切れた模様。(普段M買ってるんで別によかったのですが)いや、そもそもサイズが4種類もあるとは思わなかったので、その場になってかなり焦りました。

後ろの何もなかった(撮影に使った)スペースには、さらに所狭しとイスが置かれ、この時間からは2部参加者も入場。後ろの方はかなり詰まっていましたが、合わせて100人ぐらいが入ることになったようです。続いてライヴパートへ。

ending act:meg rock オンステージ

M1 incl.(19:59)
薄い黄色のワンピースでmeg rock登場!ほかのメンバーは*mgrckTシャツ。
M2 頭痛が痛い(20:03)
MC(20:07)
「こんばんは~、meg rockです!」
「あいかわらずいっぱいいっぱいなんですけど・・」
「今回は抽選だったんですけど、来てくださってありがとうございます」
もっともメインは1部で、これはあくまでエンディングアクトらしいですがw
ライヴはクリスマス以来、ということでクリスマスライヴに来た人?と聞くと60~70%ぐらいの人が挙手。
M3 家出(20:09)
曲のあと、水を飲みながら「はぁ~、緊張してます」と。
M4 i've been here(20:15)
M5 ベビーローテンション(20:19)
メッグ!のかけ声のところで、マイクを客席に向けるのは定番ですねw
MC(20:23)
「暑いですね~!ふーー!」といいながら着ているものを脱ぐロックちゃん。下には短パンロック!
「最近自分の曲をリリースしてない、とか内心思ってない?」と振り。
空色デイズを(チームmeg rockで)提供した中川翔子さんの話。
カバーアルバムで「Catch You Catch Me」を歌ってくれたことなど。インタビューでも「人生観が変わった」と言ってくれるが、社交辞令ではなく本心で言ってくれていることがうれしい。スタジオでも「いやぁ!いい歌詞!」と言ってくれるのは作家冥利に尽きる、とも。
ロックちゃん自身も、ものの見方が変わって、今まで以上にポジティヴに行けるようになったと。
今回のカバー曲もコンペではなく決め打ちで指名してくれたとか。
言いたいことがいっぱいあってつい話しすぎてしまうロックちゃん。長くなったところで次の曲は・・
M6 空色デイズ(20:30)
カバー曲きた!お客さんの反応も今までで一番いいです。あんま飛ばないアツロックとやたら飛び跳ねるヒコロック(黒須さん)が対照的w 曲の最後にはクルっとロックちゃん1回転。
M7 今日のあたし(20:34)
MC(20:39)
「水を飲もう・・」と宣言しながら飲むのはおかしいと思ったロックちゃん。「みんなはいつ飲んでるんだろう??」
翔子ちゃんのカバーアルバムではチームmeg rockが大活躍。
幻の曲?「Catch You Catch Me」とmeg rockがつながったのを知って「中学の時聴いてました」と言われたとか。いい大人になって「あらららら~」ロックちゃん自身は変わってないつもりだけど。
来年でデビュー10周年。今後も提供曲の発表が続き、11月には「アニメロビー」エンディングの作曲をチームで担当。さらに緒方恵美さんのカバーアルバム「アニメグ。」では、ロックちゃんがゲストボーカルとして参加し、メロキュアの「Agapé」をデュエット。もともとメロキュアと緒方さんとは「両思い」の仲で、りっちゃんも「第3のメロキュアだ!」と言っていたとか。声が合うか不安だったけど、実際に聴いてみるとコーラスは「どっちがどっちかわからないほど」
今まで提供曲・参加曲についての話題でしたが、「ようやく!私・・」観客からは「おぉ!?」と過剰な期待反応w
「アルバム作ろうかな~、なんて。出してみたいなぁ~」消極的表現ながらも、来年はじめのリリースを目標にアルバム制作に入りたいと発表。一時はシングルばっかり出してアルバムを出さない方向も考えたそうですが。
ラスト3曲です!と言われて観客は「えぇーー」。
「(終わる時間は)常識の範囲で」
M8 ちいさなうた(20:49)
M9 clover(20:53)
それまで座っていた観客から何人か立ち上がる人が出始めます。
M10 mighty roller coaster(20:57)
ラストは、CD未リリース曲。観客は総立ちで盛り上がりました。
アンコール(21:01)
MC(21:03)
観客に応え、ロックちゃん再登場。ピンクのキャップに、スカートはピンクと黒のチェック。上には水色のコート(ポンチョみたい)を羽織っています。次の曲に合わせた衣装です。
M11 rainbow kind of feeling(21:04)
キーボードのシャイニーと二人で披露。
MC(21:08)
ロックちゃんのすすめで、観客が着席。
バンドメンバーを入場させながら紹介。(既にいる)右奥から、キーボードのシャイニー。
コメントを促され、「うん・・・あ・・・」
右手前がギターのアツロック。「元『お陰☆SummerDay』の加藤です。」
中央奥が、ドラムの切通さん。「きりどおし」ではなく「きりとおし」。いい声で「キリトーシです」
左奥はマニピュレーターのタクロック。丁寧にお辞儀。
左手前はベースのヒコロックこと黒須さん。豪快にコケて見せます。
ここでロックちゃん生脱ぎ。下から現われたのは*mgrckTシャツ。へその位置がちょうど・・・と「あれ?」微妙に☆よりへそが上にずれてるらしい。しかしシャイニーのへそ位置と同じなので「シャイニーへそT」として着てくださいとのことw
ロックちゃんはキャップ、Tシャツ、スカート、ブーツをピンクでトータルコーディネート。ブーツは翔子ちゃんとおそろいらしい。
M12 wish(21:16)
エンディング(21:21)
「今日はみなさん本当にありがとうございました」
最後は指でハートを描きながらバイバイ。
1時間半近く、1部から合わせると3時間近いライヴ・イベントでした。

終演後、ドリンクを受け取ってアンケート書き。普段はあまり書かないのですが、今回は筆が進みました。出口ではマネージャーさんが受け取り。「またよろしくお願いします」と声をかけてくださったのですが、急だったのであまりうまいこと返せなかったのが心残りです。

このあと、知り合いさんや、その友だちを含め数人で軽くオフ。みんなみくしぃで何らかの繋がりがあったことに笑ってしまいました。この種のオフ会にしては珍しくmeg rockやメロキュアの話題で盛り上がりました(けっこう関係ない話題で盛り上がることも多いのに)。昔やってたメロキュアファンサイトが役に立ってたのがすごい意外。ラジオリスナーのライヴ応募キーワードは「いたばさみ」だったそうで。妙に納得。

終電近かったので1時間ぐらいしか居れなかったのが残念。帰宅は本当に終電になってしまいました。


(雑感)。今回のイベントは少人数のプレミアム感たっぷりでしたが、次に開催する時は300人以上の希望者が全員参加できるような箱で、というのがオフ参加者共通の意見でした。今回のライヴも倍率は3倍近くあったそうですので。

meg rockファンはわりとおとなしめの人が多いのか、盛り上がれる曲でも座ってることが多いですね。かといって、立ち上がると後ろの人が見えないのでこの辺は難しいところです。スタンディングだと背の低い人(女性ファンも多いので)は見えないし。

アンコールのあと、雰囲気的に、ダブルアンコールもやれば叶ったと思うのは私だけでしょうか??1部参加者にとっては、まさに「神イベント」の名にふさわしい内容でしたが、2部だけの参加だと、事前に「10曲程度」と告知されてたとはいえ、曲数が少ないと思った人もいたかも知れません。12曲ではすべての定番曲を披露することはできませんからね。その中にあってもカバー曲を聴けたのは貴重な体験でした。アルバムにも提供曲をいくつか入れてほしいものです。

P9230060-1.JPG

ジングルCDのジャケットは、私のはメグロック(目黒区)のでした。CD収録時間は2分47秒。13トラック。ほんとにジングルばっかり入ってました。

コメント一覧

  • 遅ればせながら、こんばんは。

    最高に楽しくて最初で最後のつもりで大金はたいて行きましたが、また行きたいなと思ってしまってます(笑)
    こんなに身近な感じのライブ&公ロックならばロックちゃんはあんまり有名になってほしくないかもとか思ったり。。。

    モザイク入りの写真を見てもあぁ・・・と分かってしまいました。
    私は友達と2人で2枚撮ってもらった内の1人です。
    私はこぅいぅ小さいライブは初めてだったので普通に入口に早めに並んでました( Д ) ゜゜
    でも、あまりに早くに着いたのでリハのロックちゃんの歌声も聴いちゃったりしてました。

  • >凛子さん
    コメントがページに反映されず今まで気づきませんでした、すいません。

    すごい身近でしたね。でも、もっと売れてくれないとライヴもできないでしょうし、これは難しいところです。

    >モザイク
    ああ、わかってしまいましたかw

    リハの声も聞けたとは。。。そういえば、今までもそういうことが多かったのですが、今回は忘れてました。

  • もっと有名になってたくさんライブして欲しいですね♪
    でも毎回東京には行けないので地方で(関西でもいいので)ライブをしてくれるとありがたいです。
    あと土曜日開催を続けていただければ遠方の人にとっては嬉しいですw

    始まる前に階段で一緒に友達とメロキュア歌ってたらカメラマンさんに見つかってしまって普通に階段に座ってる所をバッチリ撮られてしまいました。

    次のライブはアルバム発売の時期でしょうかね。
    今からお金貯めて行けるよぅにガンバリマスww