2TBのHDD。すたしょ日記

2010年6月 9日(水)

ついにこの容量まできてしまいました。去年買った1TBのHDDの容量が逼迫してデフラグすら出来なくなってしまったので、1万円割れをしたのを確認して先週購入。できれば価格が下げ止まる8000円割れまで待ちたかったのですが、待ちきれませんでしたw

P6050039.JPG

WD20EARS。2週間前見た時より1000円ほど安くなってましたが、それはプラッタの1枚少ないタイプ(667*3)が発売され始めたため、旧モデルのこの品が値崩れを起こしたためらしい。500円の差でしたが、どうせ倉庫用だし速度とかどうでもいいや、と思って安い方にしました。

ところでこのモデル、店頭でも注意書きしてあったように、XPで使用する際は何かソフトのインストールが必要らしい。

きっと説明が箱の中に入っているのだろうと楽観していたのですが、英文の注意書きが少々書かれているだけで、どうすればいいのかよく分からず、結局ググる羽目に。

調べたところ、なぜXPでソフトが必要かというと、このHDDでは新規格(Advanced Format Technology)が採用されていて、それがXPでは上手く認識できない(Vistaや7では問題ない)。従ってソフトを使って調整(修正)し、認識できるようにするため、ということらしい。ある説明では「XPで作ったパーティションのずれを修正するだけのソフト」とも。

さらに調べると、ジャンパピンの設定云々と書いているところも多いですが、パーティションを切らない場合のみ有効で、なおかつ一般家庭にそうある物でもないので、この際忘れていいみたいですw

情報は主にこの辺参照。参考リンクもまとまってます。

(ここから先は将来の自分用メモ)

まずは買ってきたHDDを、いつものようにつないで認識させます。パーティションを分けたい場合もいつも通りに行い、フォーマットもします。その際のフォーマットはクイックフォーマットで十分。

ついで、必要なソフトをAdvanced Format Hard Drive Download Utilityから拾ってくる必要があります。英文でビビる上に(w、プルダウンメニューがたくさん並んでいてなにを選択すればいいか迷いますが、最初の質問「On which OS will you be running the Advanced Format hard drive?」で「Windows XP」を選択すれば、あとは何を選んでも同じダウンロードページに誘導されるようです。そのページの最初にある「Option 1: Acronis Windows」を選択すれば、ファイルダウンロードページにたどり着けます(他のソフトでも可)。幸い日本語もありました。現時点でのファイルのURIは http://download.wdc.com/advformat/AcronisAlignTool_s_jp_316.exe でした。ファイル名は将来変わるでしょう。

ダウンロードした「AcronisAlignTool_s_jp_316.exe」(46.2MB)を、(新品のHDDではなく)Cドライブ(=いつもプログラムをインストールしているドライブ)に普通にインストールします。そして、C:\Program Files\Acronis\WD AlignにあるAlignTool.exeを起動させます(デスクトップにショートカットは生成されません)。

適当に操作すれば(英文のアラートはOKしておけば良し)、今あるHDDの一覧画面が出ます。そのうち、「最適化されていない配置パーティション」のアイコンがあるHDDにチェックを入れて手順を踏めばOK。そのHDDのアイコンが「最適化された配置パーティション」に変われば修正終了です。

AcronisAlignTool2TBのHDDを3つに分け、Oドライブのみ修正した状態。

私の場合はまっさらなHDDでしたので、1分少々で済みましたが、すでにファイルが入っている場合はかなり時間(数時間以上)が掛るらしいです。逆を言えば、すでにファイルが入ったHDDでも修正可能ということになります。

あまりにもあっさり終了したので、本当に修正できたのか不安でしたが、前後でアクセス速度を比較したところ、確かに修正できていた模様。

beforeO.jpg修正前。afterO.jpg修正後。512KBの速度アップが顕著。

今のCドライブよりも速いので、このままOSごと引っ越してしまおうかしら?と思ってしまうほどでしたw

ところで、今のOSでは2TBに容量の壁があるらしいので、次に買うHDDも2TBになるのかなぁと思ってます(OSがそのままなら)。最初に「ついに」と書いたのはそういう意味もあったわけです。

思えば、9年前に最初にパソコンを購入した時、HDDの容量は20GBでしたので、10年弱で100倍に増えたことになります。一方、メモリは64MB→3GBで50倍。10年後にはHDDは100TBクラス、メモリは100G~1TBクラスが標準になっているかも知れません。