meg rockライヴ@2013冬に行ってきたすたしょ日記

2014年1月 1日(水)

ついに年記になってしまいました、1年ぶりの日記です。

2013年12月29日・東京渋谷のO-Crestにて開催された、もはや年末(冬コミ初日)の定番となったmeg rockライヴです。タイトルはmeg rock史上最も長い「jet setter, jet lag tours ♥ frosty night out ♥ extra second-step-in-snowy-meadow party」。直前の28日に、新曲「star」がiTunesで公開されたので、予習がてらにさっそく購入して聞いておきました。

この日のメインはライヴですが、まずは東京ビッグサイトで声優島を巡ったり企業を巡って無事ミス・モノクロームグッズをゲット。ついで、会場の渋谷に向かう前に、新宿で開催されていた堀江由衣さんの衣装展に寄ってきました。ちょうどパイレーツのライヴグッズのバッグを提げている人が佇んでいて、私以外にも海賊団員がいたようです。感想はもちろん、ほっちゃんって思っていたよりも細くて小さいんですね。・・・あ、でも同じフロアに飾られていた渡辺麻友さんの衣装の方が背が小さかっ(ry

20131229-3.jpg 20131229-5.jpg 20131229-1image.jpeg

20131229-4.jpg

満を持して渋谷のO-Crestに到着。ライヴ開演まではまだ1時間以上あるので、並んでいる間にコミケのすたちゃブースでもらったクロスワードに挑戦。チラシをもらったことを堀江さんにツイートしたら返信していただけたので、約束通り(?)の挑戦です。言ってもキャンペーンなのですぐに解けるだろうと高をくくってたら・・・意外と難しい。開場時間には間に合わずに持越し。

今回はチケットの番号がやや良く(74番)、いつものフロアの一番後ろ(機材スペース前)ではなく、欲を出して前の方(関係者席寄り)に陣取ってみることにしました。ここで待っている間にクロスワードの方は無事完成。

そして迎えた開演時刻の19時。開演前アナウンスがあったので、まさかの定時開始!?と場内どよめきましたが、ここでmeg rockから「早くて10分ちこくです!」。
ということで、今回は28分遅れでのスタートでした。いつものファンファーレが流れる中、まずバンドメンバーが入場。続いてmeg rockが登場!

M1 birthday girl
「こんばんは!meg rockです!」
M2 レジへGO!
M3 clover
MC(19:42~)
「ありがとうございます!」「お待たせしてすいません。」
今回遅刻せず登場出来るかと思ったら、お客さんがまだ開演時刻に入りきっていなかったとか。
1年ぶりのワンマンライブ。できるか危うい状況。でも12月29日はリーダーのお誕生日だし6年に1回の週末だし絶対やりたい!でも無理かも・・・ところが、会場のO-Crest(名称がTSUTAYA O-Crestに変わった!)の方で、12月29日のスケジュールを空けていただいていた!(前後のスケジュールが埋まる中、不自然にこの日だけが空欄w)会場にも感謝。俺ら「ありがとー!」
「いやいや~」楽屋が戦場過ぎて、ステージ上でやっと落ち着いて自分になれるmeg rock。
「落ち着いちゃいけない!」
次の曲はライヴのみで披露している曲。今回が初めての人は?との振りに、(主に後ろの方を中心に)10%ぐらいの人が手を挙げる。
M4 twinkle,sparkle(19:48~)
M5 incl.
M6 parfect world
MC(20:02~)
「熱いですねー!」会場内に立ちこめる霧・・
「ここでおにぎり食べていいですか」ステージフードと称するおにぎりタイムきたーー!
食べている間に、ミトさんにつないでもらうmeg rock。
2年ぶりの参加。去年は客として見てた。1曲目にメロキュアがきて「ギャラはもらったな」と。
バンドの5人中、一番客に近い存在のミトさん。
「一生忘れられないライヴになります(キリッ」プレッシャーをかけられるmeg rock。
「もう一度いいます。一生忘れられない(ry」
世界のYAZAWAも言うように「水と塩摂っとけ」
meg rockにマイクが戻って。最近の高い買い物は「吸入器」。酸素吸入器(?)を見せるmeg rock。「MCで話すことじゃないよね」
M7 ベビーローテンション(20:08~)
M8 mighty roller coaster
M9 この左手は君のもの
MC(20:20~)
早くもここで今日2回目のおにぎりタイム。この後20分ほど歌いっぱなしになるので。
メンバーの誰かに振ろうとするが・・お次の犠牲者は「必死でチューニングするフリをしている」ケータ川口こと川口佳太先生。meg rockがなにやらケータ先生に耳打ちして確認すると・・・
今年パパになったケータ先生におにぎりでカンパーイ!
年始めが出産予定だったので、去年のライヴの時は「産気づいたら抜けていいよ!ダメだけど!」と応援していたらしい。初めて迎えた息子とのクリスマスは、リハでした。
つづいては提供曲(歌詞)7曲によるセルフカヴァーメドレー
セルフカヴァーメドレー(20:26~)
M10 white christamas
M11 シリウス
M12 apple universe
M13 木枯らしセンティメント
ミトさんとのデュエット。ミトさん「ミト眞一郎です」(一生忘れられないのは歌も歌ったから!?)
M14 chocolate insomnia
M15 snowdrop
M16 melody
(20:39~)今回のmeg rock合唱団の課題曲。会場の左右に分かれて「キラキラ」「ドキドキ」を合唱。
MC(20:44~)
お湯の水割りを一杯いただくmeg rock。提供曲の解説。
1.white christamasは、花澤香菜さんへの曲。出たばかりだけどクリスマス曲なので。
2.シリウスは、キルラキルOP。提供曲の詞はその作品なり人の気持ちを表すものだが、どうしても自分の気持ちも入ってしまうと。
3.apple universeは、中川翔子さんのベストアルバムに収録。作曲は神前暁先生。
4.木枯らしセンティメントは、恋物語OP。戦場ヶ原ひたぎ(斎藤千和さん)&貝木泥舟(三木眞一郎さん)。作曲は神前先生だが、男声パートの仮歌はミトさん。女声パートの仮歌はmeg rockだったので、図らずも今日のライヴでは仮歌バージョンが聞けたことに!
ミトさんはある日、飲みに行こうとしていたら突然夕方4時ぐらいに神前先生から「仮歌録ってくれない?」と電話をもらって断れなかったので「一杯飲んでから」現場に向かったとかw
5.chocolate insomniaは化物語OP。羽川翼(堀江由衣さん)。コーラスもmeg rock。お客さんの反応も一際大きいものでした。
6.snowdropは、恋物語ED。春奈るなさんの曲。 7.melodyは、花澤香菜さんへの曲。作曲はミトさん。コール&レスポンスが実現。
このあと、来年に公開予定の解禁前情報をライヴのお客さんだけに先行で公開!(なので書きません)
メロキュアコーナー(20:54~)
M17 Agapé
曲が終わって音が消え「ありがとうございます!」と言うまで誰一人拍手せず聞き入っていたのが印象的
M18 愛しいかけら
まさかの2曲目!!(ライヴ通じては3曲目!)
M19 play loud(21:03~)
M20 porcupine
「最後の曲です」
M21 笑顔の理由
歌い終え、「ありがとうございますー!」と去るmeg rock。ステージは暗転してアンコール。
アンコール MC(21:21~)
物販のモッズコートを着て登場!
情報公開が3時過ぎになってしまった。写真が間に合わないので絵で。袖の長さは左右同じです! 次回の告知は11月中ぐらいに?(ハードルを上げてみる)
コートは細部にまでこだわり抜いてファスナーなどを取り替えたりしてるとか。日常使いにもどうぞ。
ここでメンバー紹介。「誰からいこうかな~」
ドラムス:まいまいこと今村舞さん。「みんな元気かぁーー!!」
来年の抱負は「楽しく音楽出来てみんなにまた逢えるように」
ギター:ケータ川口こと川口佳太さん。抱負「もうちょっとギターが上手くなりたい」
マニピュレーター:タク様こと菅原拓さん。抱負「おこらない」
ギター:山本陽介さん。抱負「健康診断に行ってみる」それまでに血をきれいにしておくとか。
ベース:ミトさん(クラムボン)。最後だと悩む。抱負「メグちゃんとまた仕事がしたい!」
恒例の撮影コーナーではロックにちなんで指を6本出してみんなで撮影。「5本、1本でも、6、0でも」
M22 セレナーデ(21:35?~)
最後のハミングはみんなで声を出して。meg rockの方からハミングを催促、自分自身でこの瞬間を受け止めようとしている感じ。
曲のあとは「緊張したー」。歌詞間違いに関しては、ステージが正解ってリーダーが言っていたから、といいつつも「すいません!リーダー!」
M23 apple crisp
MC(21:47~)
2本目のお湯に突入。ここで新曲「star」の話。リリースが間に合わず、「そこをなんとか」と各方面無理を聞いてもらい、あと1時間過ぎたら1月10日リリースになります、というタイミングでなんとか間に合う。
違う意味で「疾走感溢れる」曲。
M24 star
M25 slight fever(~22:05)
バンドメンバーと肩組んでマイクを通さずに最後にあいさつ。ハイタッチは前のお客さんと(前に行けばできる距離だったけど、躊躇してしまったw)投げキッスをして、「良いお年をー!」
今年もありがとうございました!!

その他軽く感想

  • 会場はお客さんでぎっしり。入口付近までお客さんでいっぱいでした。自分のいた場所(関係者席隣)からはあまり実感しませんでしたが、いつも以上に観客が多かったとか。来年も同じ場所で開催してほしいと思う反面、もうちょっと大きい箱の方がいいのかなとも思ったり。
  • 関係者席にいた子どもたちも楽しんでいたようですが、さすがに22時に近くなると小さい子は寝てましたw
  • 途中気分が悪くなって退出した方がいましたが、大丈夫だったのでしょうか。
  • このページを書く前にいろいろネットパトロールして会場の反応の違いとかアンコール談義とかも見ましたが、個人的には今までと比べてそんなに差異があるようには思いませんでした。

ライヴ後はすぐにドリンクバーで生ビールを飲み干した後、物販コーナーへGO!リーフレットを無事購入出来ましたが買えなかった人多数らしく、その時にテーブルに置いてあった5、6冊が最後だったのかも知れません。モッズコートはかなり欲しかったのですが、手持ちが無くて断念orz

20131229-2.jpg

今回はなんと、カウンターにセットリストが掲示され「写メ撮ってね」と言ってくれたので、撮ってきました。ただ、ぶれまくってるのでちゃんとフラッシュ焚けばよかった・・・

ライヴでは(当然)触れられていませんでしたが、堀江さんご本人もライヴ会場に来ていたようです。ご本人を前にchocolate insomniaが披露されるという! 確かにライヴ時間中は、その前後大量にあったツイートが途切れてますね。