VIRTUAL ADVENTURE EAST
「坂本真綾のナイショ話」
1997年2月2日[#18]

「ナイショ話」解説

幻の(?)10分番組の第2弾。
この回では、「ナイショ話」最初にして最後のゲスト、三重野瞳さんの登場です。
三重野瞳さんはとてもうれしそ~な感じでした。どちらかというと、坂本真綾さんをもてあそんでいる感じ(笑)。
そして、坂本真綾さんの方は、といえば、不思議なテンションでした。聴きようによってはかなり迷惑そうです(ウソ)。
ところで、三重野瞳さん&坂本真綾さんのラジオでの直接のからみって、これ以外には聞いたことがないのですが・・・(2001年6月現在)。


ラジオテキスト本文

オープニング

ミエノ▼
・・・さて、この後は、坂本真綾ちゃんの、「ナイショ話」です。
よ~し。あの、席は移動しなくちゃいけないんですかねぇ?
[SS]
♪(始業の鐘の音。)
[SS]
坂本真綾の!ナイショ話・・・・
=
まあや▼
はい。こんばんは。坂本真綾です。
明日は、節分の日ですね。
今日は、なんだかNHKのお姉さんのような、しゃべりかた?
してないですねえ。
私はちゃんと、豆まきします。お家で。ミエノ▼豆!)
ふふ。豆まきといえばですね。
歳の数だけ食べるんですけど、ふふ。
私は毎年70ぐらい食べてるんですねえ。ミエノ▼へえ・・・)
・・・さて!今日はここで1通おハガキを紹介したいと思います。
うんんっ!え~、千葉県浦安市の、え~と、これはペンネームないんですけど、ヒロシさんからのおハガキです。
「まあやさん。こんにちは。」
こんばんはですよ~。
「今回は、ちょっと、電話のことについて知りたいんですけど、
女の子ってちょっと、よく」
あれ、
ちょっとってなんて書いてないですねぇ。
「女の子ってよく、長電話するって言いますよね。
まあやさんは、どのくらい長電話をしたことがありますか?
ぼくは、最近女の子の友だちと、長電話してま~す。
2時間ぐらい、」

ん?これは自慢かな?ミエノ▼ん?)
「ちなみに、その子は、なんと北海道にいます。
いったいいくらかかるんだろう。」
ミエノ▼え~~)
・・・などという。
え、ちょっと、自慢もはいっているような・・・ははは。
ハガキなんですけど。
よかったねぇ、て感じなんですけど。
私はですね、小6のころからですねえ、長電話に目覚めてですねえ、
もう、5時間6時間は当たり前という世界で、
いいかげん親に怒られてですねえ、
という感じなんですけど~・・・。
ミエノ▼
ミエノはね、
まあや▼
ああ。ふっはっはっは・・・。
ミエノ▼
すっごい無視されて・・・。
まあや▼
はははは・・・。いや~~よかった。
ミエノ▼
まあやちゃ~ん、まあや▼いつまで無視しようか・・・)つわものだねえ。
まあや▼
・・と思ってたんですけど。
ミエノ▼
マヤマヤ!元気?
まあや▼
マヤマヤ、元気です~。ミエノ▼マヤマヤ~うふうふ・・・)
っていうわけで、いきなりですが、三重野瞳ちゃん。
ミエノ▼
こんばんは~。
まあや▼
こんばんは~。
ミエノ▼
今日は、ゲストで~す。
まあや▼
乱入していただきました~。
ミエノ▼
は~い。ミエノも長電話するんですよ。
まあや▼
あ、そうなんですか~。電話がないといううわさは、違ったんですか・・・ははは・・。
ミエノ▼
それはナンパを断るときの、まあや▼あ、そうなの)手口のひとつであって・・・・。まあや▼あ、そうなんですか) あと、住所を教えって言われた時はなんといって断るか知ってる?
まあや▼
おウチないから。
ミエノ▼
ちがうちがう・・ふふ。 そんなこといわない・・まあや▼ははは。なんていうの?)住所、住所。
何で住所聞くの、何ていったら、手紙書くから、というバカなやつが・・・まあや▼あっはっは・・)
ポストないからっていいましょうね。そういうときは。
まあや▼
そうなんだ。ミエノ▼は~い)
勉強になります~。ミエノ▼は~い)
え~、さてですね~、本題は長電話なんですけど、
ミエノ▼
マヤマヤ!
まあや▼
ひゃ~い!ふへへへ。ミエノ▼いいよ) 長電話なんですけど、・・何はなしてるんですか?その長い間一体。
ミエノ▼
なんだろね。でも、長電話する人っていうのは、
内容、ない。まあや▼あ~、ないないない)から、長電話になっちゃう。
内容が、もうすごい伝えたいことがあって、電話をかけるとまあや▼すぐ切っちゃう。終わってね。)内容だけで終わっちゃうからね。
まあや▼
そうですよね~。
ミエノ▼
すごい前後、の、今日。今日あったことと、
昨日あったことと、まあや▼ふふふ。・・)ふふふ。
その、またまたどんどんさかのぼってて、
1年ぐらい前のこととか、はなす・・・が~っとまあや▼なはは・・)
まあや▼
そうそうそう。わかる!
ミエノ▼
で、明日どうするとかいう、まあや▼そうそうそう)はなし。なるんだよね。
まあや▼
わたしとかも、すごいいっつも長電話する結構決まってるから、ミエノ▼うん)
なんか、この子の場合は、もう、用なくても掛ける、って子がいるじゃないですか。ミエノ▼うん。うんうんうん)
すと、向こうは迷惑なのかな。
ミエノ▼
たぶん。
まあや▼
あそうなんだミエノ▼うっふっふ・・) しまった・・・気がつかなかった。
ミエノ▼
あ、いや、でもそんだけ電話する子だったらちゃんというでしょ?まあや▼あ、そう・・)
『ごめん、マヤマヤ私今忙しいの』
まあや▼
あっはは。そうか。
ミエノ▼
彼氏の電話~・・・かかってくるとまずいから~、って言うと思うんまあや▼そうなんだ~)ですよ。
まあや▼
じゃあまだだいじょうぶ。
ミエノ▼
だいじょうぶ、だいじょうぶ。
まあや▼
よかった~。ミエノ▼うん)てかね、長電話ってね、
あ、うちね、ほらあの、あれがくるんですよ。
電話何分掛けたって、いくらっていうの、
ミエノ▼
きちっと詳細書いてあるやつ
まあや▼
そうそうそう。あれがね、来るんですよ。 それでね、あの~、たいへんなんですよ、それが。
ミエノ▼
マヤマヤ、目、おっきいね~。
まあや▼
あっはっはっは・・・。
一応そうなんですよ~。ミエノ▼なにが?詳細?)
目でかいんです。
ミエノ▼
ん。で、詳細が?どうしたの?
まあや▼
え?あ、・・・詳細がね、きてね、ミエノ▼うん)ベル持ってからね、
ベル代がすごいかかってね、
ミエノ▼
ベル代がかかるの?
まあや▼
そう。長電話よりかかっちゃって、
ものすっごいおこられた。
ミエノ▼
へ~。ベル代がかかるんだ~。
まあや▼
長電話よりかかるの。あのね~。
ベルって1回10円で、すぐ切っちゃうでしょ?ミエノ▼うん)
だから、んもう~、すごいんですよ。ミエノ▼へ~)
同じ番号が、だ~~っと、
ミエノ▼
ね~。ここになんでベルが置いてまあや▼あっはっは・・)ある。
まあや▼
さっきねえ、
ミエノ▼
ちょっと待って、このコーナーはいつもここにベルが置いてあるんですか?
まあや▼
あっはっは。違うんですよ。
ミエノ▼
わたしが入れると鳴るの?ここで。
まあや▼
そうそう。鳴る鳴る。あのね、これね、さっきね、鳴っちゃったの。本番中に。
それでね、あせって、あの、とめてね、ぴょろっとここに出しといた。
ミエノ▼
いいんですか~?マヤマヤ~。
まあや▼
ごめんなさ~い。
ミエノ▼
いいんですかぁ~。もらいます。まあや▼だめです!)これ没収です!
まあや▼
だめです!ふふふ。ミエノ▼没収です!)先生みたいなこと言わないで。
ミエノ▼
ブルブルするから没収です!
まあや▼
はい・・・。や~、ミエノ▼いいですか?)ジュースこぼさないように。ミエノ▼はい、ごめんなさい)
さてですね、なんだか、え~長電話について、あんまり話してないような気もしますが、
ここで1曲お送りしたいと思います。
え~、今日は、何の曲を掛けるかといいますと、
わたしが大好きな、ミエノ▼はい)クィーン。
ミエノ▼
クィーン。クィーンはすきですか?
まあや▼
あのねえ、あたしは大好きなんです。
そいで、一番好きな曲の、ドントストップミーナウを聞いてください。
ドントストップミーナウ

エンディング

=
まあや▼
クィーンで、『ドントストップミーナウ』でした~。
え~さて、ここでわたしから、お知らせがあります。
え~とですね、なんと、あの~、なんとというかですね、
さっき見たら、あの~、ハガキにですね、ミエノ▼え~~!)
「まあやちゃん、」・・・なあ。まだ言ってない。まだいってない。
「まあやちゃんの、ファンクラブみたいなものあるんですか?」
っていうハガキがあったんですけど、
え、こんど、あの~、今までね、会報みたいな、ウチの劇団の会報みたいのがあったんですけども、ミエノ▼へ~~)
え~、しばらくお休みしてたんですけども、
今度から、また出ることになりまして。ミエノ▼すばらしい・・
え~、わたしも、たぶん、載るんで、そのへんの、詳しいことはですね、こっちに電話してください。
え、お問い合わせの方、言いますよ。
03-3***-****。03-3***-****です。
月曜日から金曜日の、え~、14時から、18時。受け付けております。ミエノ▼はい)
どんどん電話してみてください。
え~と~。ランビションっていう、会報なんですけれども、
月曜日から金曜日の、14時から18時まで受け付けていますので、ミエノ▼[このあとずっと裏声]ハ~イ!)
電話してみてくださ~い。
え~・・と、あと。この番組の、ハガキのおてさき。おてさきじゃない・・宛て先。宛て先も!一気に、いっちゃいたいと思います。ミエノ▼ハ~イ!)
郵便番号336-79、NACK5 VIRTUAL ADVENTURE EAST。ふふ。え~、
坂本真綾のナイショ話のコーナー
までです。ミエノ▼ハイ!)
え~っと。ミエノ▼オツカレマシタカ~!)や~、疲れた。今日は。
あのね~。いつになくハイテンションだった。
あのね、ミエノ▼ナッテマ~ス)あのね、瞳ちゃん、あのね、瞳ちゃん、瞳ちゃん、ミエノ▼ナ~ニ~)
あのねへへへ、始まって以来の、ゲストなんですよ~。
ミエノ▼
ヤッタ~。
まあや▼
ふふ。こんなんでいいのかな~。
ミエノ▼
ハジメテノヒトッ。
まあや▼
はじめてのひと・・・。
ミエノ▼
ウフッフ。
まあや▼
[ローテンション]っていうわけで、そろそろお別れの時間が来てしまいました。
え~、この次は三重野瞳ちゃんのコーナーです。
ミエノ▼
エ?プリクラハ?
まあや▼
来週は・・・あ、そうそう。ミエノ▼プリクラハ?ふふふ。)ごめんごめん。あのね、
番組のなかでハガキを読んだ方にはですね、
わたしの、特製じゃないけど、プリクラ、と。ミエノ▼ホシ~)
え~ハガキ。え、ちがう、ハガキにプリクラを貼ってですね、
メッセージを書いて、送りたいと思いますミエノ▼クレ~)
瞳ちゃんのプリクラ、わたし、こないだ、もらったんですけど、ミエノ▼ヤッタ~)
弟と、お父さんと一緒に写ってましたよ。ミエノ▼ラブラブ~)
弟とお父さん、顔そっくりなんですよ~。ミエノ▼ウヒヒ~)びっくりしちゃいました。
っていうわけで、この次は、三重野瞳ちゃんのコーナーです。
瞳ちゃん!
ミエノ▼
ハ~イ!
まあや▼
がんばって。ふふふ。
ミエノ▼
ウン、ガンバルヨ~。
まあや▼
じゃあ、坂本はこのへんで消えます。
それではまた来週。お相手は坂本真綾でした。ばいばい。
=
[END]
ミエノ▼
ふふ~。ごめんね。なんかちょっといつもと雰囲気ちがったみたいだけど、
まあ、許してちょんまげ~。
さて、坂本真綾ちゃんに代わりましては、ミエノのこのコーナーで~す。
『ど~してわかってくれないのかな・・・』