VIRTUAL ADVENTURE EAST
「坂本真綾のナイショ話」
1997年3月30日[#26]

「ナイショ話」解説

あっという間の半年。最終回でしたが次の週から新番組が始まるということで、まずは一安心(笑)。


ラジオテキスト本文

オープニング

ミエノ▼
・・・さて、この後は坂本真綾ちゃんのナイショ話です。 マヤマヤ~!愛してるよ~ん!
ミエノの愛は永遠だよ~ん!
[SS]
♪(始業の鐘の音。)
[SS]
坂本真綾の!ナイショ話・・・・
=
まあや▼
こんばんは、坂本真綾です。
え~、今日で、先週もいったとおり、この番組最後となってしまいましたが、
え~、ヒトミちゃんの愛は永遠だそうです。
よかったですね~へへ。
え~さて、今日は、そんな、え~、
みなさんがやめないで、というハガキもたくさんいただき、とてもうれしく思います。
私にとってはじめてやった、自分の番組っていうか、コーナーで、
とってもねぇ、みなさんにご迷惑をおかけしまして
聴いてる方もなに言ってるんだかわかんなかったよ、っていう人もいるかもしれませんが、
え~、私はとっても楽しく半年間できました。
っていきなりここでまとめてもしょうがないので、
今日も1日楽しくやっていきましょう~!ふふ。
さてですね、今日は、3月30日。ということで、
なんと明日は私の誕生日で、ほんとに、たっくさん誕生日の、お祝いのおハガキいただきました。
あの~、CDとか、いろいろ送ってくださった方もいるんですけど、
ほんとにどうもありがとうございます。
でもほんっと、お気持ちだけで、けっこうですよ~ふふふ。
って一応いっときま~す。
さて、今日のおハガキは、その誕生日のおハガキなんですが、
茨城県石岡市の、ペンネーム夢のメモリアルさんからのおハガキです。
「真綾ちゃん、こんばんは。17歳の誕生日おめでとう。
3月31日で、真綾ちゃんも17歳ですねぇ~。
ところで真綾ちゃんは、いつもどのような誕生日を送っているのですか?
また、なにか誕生日の思い出はありますか?
ぜひ教えてください。
それでは、またお手紙書きます。」

またお手紙書かれてもねぇ~。
もう終わっちゃうんですけど。ふふふ・・・。
うれしいですねぇ~。、
さて、え~と~、私の誕生日ということなんですけどね~、
ん~、あんまりね誕生日の思い出ってないんですよ~。
ん~・・・・あの~、春休みだったせいか、
全然学校とかでお祝いしてもらえないし、
けっこう中学んときとかね、お誕生日の人を、
給食の時間牛乳ビンで、みんなで乾杯とかしててあげて、
『おめでとう~』とかやったんだけど、
わたしぜんぜんそんな思い出ないし。
ま。小学校、低学年ぐらいまではねぇ~、
お誕生日会みたいなのやって、
なんか、近所の子とかと、やったような気もするんですけど~。
ん~、やっと去年からね、ちょっと祝ってもらえるようになって・・まいりまして。
あの~、去年は、エスカフローネのアフレコの日がちょうど近かったんで、
みなさんに、ケーキと、あと・・・花束と、・・ちょろっと歌っていただきまして、
ハッピーバースデートゥーユー♪って歌っていただいて、
ほんとに、なんかすごい、びっくりして、とってもうれしかったんですけど。
今年はねぇ、こないだ、和田弘樹さんに会ったんですよ。
そんときに、和田しゃんがね、バラの花束をくれたりとかねぇ。
なかなか渋いですねぇ~。[なぜか大阪アクセント]
ふふふ・・・。和田しゃんね~、あの~、エスカフローネの、ビデオの、
最終巻の付録に、わたしと和田しゃんの対談が入ってるんですね。
だからぜひ、え~、見てみてください。
けっこう、わたしなんか、いつもと違う髪形してて、おもしろいんですよ~。はは。
で、あとね、今年の誕生日プレゼントは、
お母さんと、お父さんから、自転車を買ってもらうことにしまして。
まだ、どの自転車か選んでないんですけど。
まあ、無印の自転車にしようかな、と。
で~、あの~、そう、わたしこないだ、こないだ、というか、かなり前にもう盗まれて以来買ってないんですけど。
まあ、ちょっと盗んでほしかったんですけどね。
もう、いいかげん、なんかすごいダサダサ君な自転車だったんで、
なんか、ちょっと、鍵もかけずに置いといたわたしがいけないんですけど・・ふふふ・・・。
まあ、おもうツボだったと。いうことで。
やっと買ってもらえることになりました~。
へ~っとね~、あとは何でしょうねぇ~、
みんな誕生日ってなんか、思い出あんのかねぇ~?
あたしぜんぜんないな~、そういわれてみると。まずいなぁ~。これは。
今日もこれで最終回で、なんかまとまるんでしょうか、って感じが、わたしはかなりしてきたんですけど。
あとね、あれですね。お父さんはね、お母さんの誕生日にね、毎年必ず、すんごい大きな花束を買って・・・
買ってくるんですよ~。
そのへんちょっと、いいな、って思いますけど。
わたしもそういうだんなさんはいいな、と思いますけど。
ま、それ以外は、あんなオヤジはいやなんですけどね。へっへっへ・・・。
まあ、そんなこと言っていいんでしょうかぁ~。
お父さんきいてないけどね。まあね。えへへ。
まあ、わたし今年17歳になるんですけど。
17歳って言うと、なんか、響きがね、すごく、・・・なんか微妙な、時期で。
かといってなんか中身的には何にも変わるような気配は全然してないんですけど。
なんか16歳っていうのと、17歳っていうのと、18歳っていうのは、
ぜんぜんなんか、受ける印象が違うじゃないですか。聞いたときに。
だから、ま、17歳って貴重な感じが、しているから、
ま、受験生だけど、楽しく、やりたいな~、って今は思ってますけど。
ま、クラス替えもあるしね。なかなか、楽しい友だちを、つくって~、
勉強もそこそこがんばって、
あ~!聞いてくださ~い!
あのね~、物理がね、じつは、あの、ずっと、あの、1学期も、2学期も、1だったんだけど、
いきなり3になったんですよ。

・・・すごいね~!みんな拍手~いぇ~い!
あのね、なんと、ずっとね、なんか8点とか、13点とかだったんだけど、
なんと、今回65点ですよ!
平均点四十いくつだよ~!?
もうわたしすごいでしょ~?もうやった~!みんな~!
お祝いしてね~。ありがとうね~。
というわけで、今日ここで、え~、この番組、というか、
このわたしのコーナー最後の、曲をおかけしたいと思います。
なんと、このコーナー始まって第1回目にかけた、『約束はいらない』を、
今日はTV EDITで、かけたいと思います。
みなさんたくさんのリクエストどうもありがとうございました。
坂本真綾で約束はいらない。TV EDITで、聞いてください。
約束はいらない-TV EDIT

エンディング

=
まあや▼
わたし、坂本真綾で『約束はいらない-TV EDIT』をきいていただきました。
さて、今日は、お知らせがいっぱいあります~。
みなさん、ちゃんとメモの用意をしてくださいね。
え~、まずですね、わたしが、映画の吹き替えを日本語でやっているのが、近いうちに放送が2個あります。
1つ目は、4月27日、日曜日に、日曜洋画劇場でミセスダウト、っていうのをやるんですね。
それで、あの~え~、長女。娘の、一番上のヤツ。うふ。
そのままですね。へへへ。の。役をやってます。
え~それは~、え~と、テレビ朝日系列で、9時から。夜9時からやります。
もう1つは、5月5日子どもの日に、NHKで、リンコっていう、あの~、
日本と、アメリカと、オーストラリアの、合作?みたいなの・・・みたいのっていうか、合作をやるんですが。
その、リンコ役で、やってます。ぜひ、見てください。
そして次に、今度は、イベントのお知らせなんですけども。
4月20日、日曜日。え~渋谷公園通り劇場というところで、
待望の、ファーストアルバム発売記念イベントやりま~す。
え~。ゲストに、わたしのいるですね、グループこまどりの先輩である、
浪川大輔君と、そして藤枝成子ちゃんを迎えて、え~やりたいと思います。
まあ夕方ぐらいからなんですけど。まだ時間わかりません。
チケットは、チケットぴあなどで、え~、買ってください。当日券も、あるそうです。
さてさて、どんどんいっちゃいましょう~。
次に、え~、このコーナーはもう今日で終わってしまいますが、
ラジオ、なんと、これから2本、予定があるんです~。
みなさん、よかったですね~へっへっ。
さびしくないですね~。
え~1つ目はですね、なんとこの同じNACK5で、
毎週日曜日、24時半から25時に、え~樋口智恵子さんと一緒に、
わたしがね。
2人で、30分の番組を持つことになりました。
その名も、『Girls' School Fantasy』。っていうんですけども。
4月6日から始まって、あの、樋口智恵子さんっていうのはねぇ、
水色時代で高可子役をやっていたりとか、
いま、ケロケロチャイムっていうので、主人公やったりとかしている、女の子で、
みんなも知ってる人もおおいかと思いますが。
彼女も高校1年生。今度2年生ということでね。
一緒に、え~、高校生の生活をしゃべりたいなと。
そして、つぎにですね、今度は大阪の方のラジオで、
毎週土曜日、21時半から22時。
え~タイトルはね、『坂本真綾のGrapefruit』なんですよ~。
その名もわたしのねぇ、アルバムの名の通りなんですけれども。
4月12日スタートしま~す。
ぜひ、え。大阪の方にいって聞いてくださいね。毎週土曜日。
さて!いや~あわただしいですね~。
もうぜんぜんなんか思ったこと話せないよ~、こんな短い時間じゃ。
とにかく~、え~、わたしは~、
なんでしょう、この10分間、とっても毎週たいへんでした。
だけど、すっごくね、え~いい経験ができまして、
いろんな人に出会えたし、とっても楽しかったし・・・・。
いや~!さびしい、どうしよう・・・。涙が・・・・
別にウソ泣きじゃないんですけど・・・
・・・さびしい・・・です。[泣]
でも、え~、今度の日曜日から、樋口智恵子ちゃんといっしょに、
またでてくるんで、ぜひ聴いてくださいね。
というわけでこのあとは、三重野瞳ちゃんのコーナーです。
え~、ヒトミちゃん!半年間、ありがとうごじゃいました!
ヒトミちゃんのくれたパンツはくからね~!
ではまた。
そのうちゲストにやって来ます!ではみなさん元気でね。
いままでどうもありがとうございました。
ばいば~い。
=
[END]
ミエノ▼
うん。これからも、ぜったい番組に遊びにきてね~。
アルバムの曲の話とかね、したことないから、一緒にしたいな!
ね!マヤマヤ!
さて、続いては・・・・