坂本真綾「THE DIARY」
第3週(2001年11月5~8日)

今週の「THE DIARY」

11月5日(No.9)
懸賞でディズニーへ
11月6日(No.10)
スプラッシュマウンテンには
11月7日(No.11)
ライブリハでは「いってミルク?」
11月8日(No.12)
家族で映画へ

2001年11月5日(第9回)

しまった!前半タイマーが働かず聞き逃してしまいました(T_T)。だれか教えちくり~~!

[SS]
THE DIARY With MAAYA SAKAMOTO
まあや▼
・・・
「マメシバ」
まあや▼
Bay-FM、THE DIARY。今週は坂本真綾にお付き合いください。
先日、ディズニーランドに久しぶりにいってきたんですけど、
これがね、すごいお得な感じで、なんと、懸賞で当たったんですよっ。
で、招待パーティーってことで、夜の8時から、10時くらいまでその懸賞に当たった人だけが、入れるっていう特別タイムだったんですね。
で、あの。ディズニーランドの、一部だけを、公開なんですけど、
それにしてもものすっごいすいていて。
まず、いったらですね、入ってすぐの、あの、なんていうの、商店街じゃなくて・・ははは。
お店がいっぱい並んでる所が、人っ子一人いないの。
で、「へ!?ほんとにないっていいのかな」って思ったんですけど、
なんと、並ぶ所まで。例えば、最近出来たハニーハントまで行ってみたら、
ハニーハントが、10分待ち!
それから、スターツアーズなんか、・・・
スターツアーズじゃない・・・なんだっけ、
スペースマウンテンなんか、もうね、並ばないから、
入ってすぐ乗るって感じだったから、スルーなんですよ!
だからね、食後すぐにまた私はちょっと気持ち悪くなっちゃったんですけど、
でもその食事って言うのも、ディナーつきっていうパーティーだったので、
ディナー、フルコースも、タダ。というすごいお得な、うらやましい?感じのパーティーにいってきて、
たいへんご機嫌です。
で、まだまだ語り尽くせないので、この続きはまたあした。
ということで、坂本真綾でした。
-
[END]

2001年11月6日(第10回)

[SS]
THE DIARY With MAAYA SAKAMOTO
まあや▼
こんばんは、坂本真綾です。
昨日は、ディズニーランドに行ってきたぁ~、っていう話をしてたんですけど、
まだまだ続きがあるので、このあと聞いてください。
まずは1曲、私の曲です。
坂本真綾で、Life is good
Life is good
まあや▼
今週のこの時間は、Bay-FM THE DIARY。坂本真綾にお付き合いください。
聴いていただいているのは、アルバム「Lucy」から、Life is goodという曲なんですけど、
まさにこのディズニーランド行ってる間は、Life is goodって感じの時間でしたっ。
だってタダなんだもんっ!・・ふふふ。
タダにこしたことはないですよ。
そいでね、すごく空いてるし、しかもパレードも特等席で見れて、ほんっとにもうこの上ない、っていう感じ、
満腹って感じだったのに、
帰りになんと、ひとりずつ、おみやげつき!
それがですね、トラベル用の、ちっちゃい時計。
目覚し時計だったんですけど、とってもかわいくて、たいへん気に入ってます。
地方に行ったり、外国に行ったりしたときに、便利につかえるっていう感じで。
うれしかったぁ。
で、ディズニーランドの話で思い出したんですけど、
実は、ディズニーランドのアトラクションのひとつに、
私の声が聞けるものがあるんですよ。
小学校6年生ぐらいの時に、声の出演をしたものなんですけど。
え~と~・・スプラッシュマウンテン。
[笑いつつ]スプラッシュマウンテン並んでる間に、
「おじいちゃんおじいちゃんっ、なんとかのお話して~。」
っていう子どもの声が聞こえるんですけど、
それは、小学6年生の私の声ですっ!
今度行ってみた人、ちょっと、注意して聞いて見てください。
それではまたあしたお会いしましょう。
坂本真綾でした。
-
[END]

2001年11月7日(第11回)

[SS]
THE DIARY With MAAYA SAKAMOTO
まあや▼
坂本真綾です。
私はですね、こないだの日曜日。11月4日に、え~、大学の学園祭に出演してライブをやってきました~。
来てくださったみなさん、どうもありがとうございます。
え~っとね、まだ、11月24日に、今度は武蔵工業大学というところでライブがあるんだけど、
チケットがちょっとソールドアウトなので、もうすでにチケットをお持ちの方しか、
見れないっていう感じになっていますが、
チケットをお持ちのみなさん、ぜひ楽しみに待っててください。
ではここで私の曲を聴いてください。
この曲も、学園祭ライブでやります。
blind summer fish 。
blind summer fish
まあや▼
今週のこの時間は、Bay-FM、THE DIARY。私、坂本真綾にお付き合いください。
学園祭ライブ、今、またリハの真っ最中って感じなんですけど~。
こないだの日曜日と、今度の11月24日では、ちょっとだけメニューが変わったりすると思うので、1度来たっていう人も、楽しみに、また違った、サプライズがあると思うので、 待っててください。
リハーサルの方なんですけどね、
あの~・・・私いままでの、あの、ライブ、・・では、一緒にやったことのない、新しいメンバーと一緒に、バンドをやってるんですよ。
なので、今回はそういう意味でも新しい刺激というか、いままで、とはまた違った意味での、なんかこう、予想もしないようなおもしろさってのがあって、
とても楽しくやってま~す。
男ばっかりのバンドのなかに、コーラス姉ちゃんがひとりって感じなんですけど。
このねぇ~、なんかこう、・・・男ばっかり、で、しかも、もう30半ばぐらいの人たち「笑いつつ]なんですけど、
ふふ・・なんか、彼らの中から流行った言葉っていうのがあって、
なんか、・・・じゃあ、あの次の曲、いってミルク?とかいうんですよっ!
おじさ~ん!おじさんが集まってやってミルクはないだろうっ!っていう感じの、なんか和気あいあいとしたムードでやってま~す。
やってミルクっていうのはね、私は、じゃあ、流行らしてあげようと思って、
ライブの中のMCで、言おうかな、と思ってます。
気が向いたらいいます。
というわけで、11月24日、武蔵工業大学の学祭ライブもがんばりま~す。
・・へぇ~、それではまたあしたお会いしましょう。
坂本真綾でした。
-
[END]

2001年11月8日(第12回)

[SS]
THE DIARY With MAAYA SAKAMOTO
まあや▼
今週最後の、「THE DIARY」なんですけれども、坂本真綾がお送りしていきます。
まずは1曲お送りしたいと思います。
坂本真綾で、「ストロボの空」。
「ストロボの空」
まあや▼
Bay-FM「THE DIARY」坂本真綾にお付き合いください。
聴いていただいているのは、「ストロボの空」という曲です。
秋晴れにふさわしい曲って感じなんですけど。
こないだね~、休日に、ウチの両親が2人で、映画を見に行くって言うんですよ。
で、仲良くていいな、て思ってたら、
あたしもちょっと暇になっちゃったんで、くっついていくことにしたのね。
で、それが、ま、あの、話題の「千と千尋~」なわけですよっ。
で、なんか、[笑いつつ]親子そろって千と千尋ってなんか、ほのぼのした休日!?と思いながら、
過ごしていたんですけど。
・・・なにしろ、親子3人で出かけたりとか、
あの~、仲良く映画見たりするのなんか、久しぶりで、
前に親子で見たのは、「ダイハード」だったんですよっ!
あたし、小学生!? 
それ以来の映画、鑑賞だったもので、
父が、はしゃいではしゃいで~。
なんか、そこの映画館は、とても大きなポップコーンが売ってるんですけど、
「いちばんビックサイズをください」とかいって、
はしゃいで買ってたりとかですね。
コーラも「いちばん大きいいのください」とかいって。
なんかとにかくお菓子をやたら買い込むんですよ~。
で、まあ、劇場に、まあ、席についても、この~席のところを、
アイスクリームを売ってる人が歩いてくるんですけれど、
お父さんが、張り切って大声で、
「すいませ~ん、バニラアイス~」・・ふふふ・・・・
っていって、買ったりとかしてて。
はずかしいっ!っていうぐらいにはしゃいでるのが、
ありありとわかったんですけど。
もう、ね、最近ウチのお兄ちゃんが、ひとり暮らしして、家を出て行っちゃったりしたんで、
さみしいんだな~っと思って。
お父さんがちょっとかわいく見えた1日でしたっ。
え~、世の中のお父さん、がんばってくださいね。
また、私は再来週に登場って形になるんですが、
来週は龍之介君が、THE DIARY、お届けしなす。
それではまた、坂本真綾でした。
-
[END]