坂本真綾「THE DIARY」
第4週(2001年11月19~22日)

今週の「THE DIARY」

11月19日(No.13)
スパゲッティー食べる時は
11月20日(No.14)
レストランで超カチン!!
11月21日(No.15)
ジーンズに目覚める
11月22日(No.16)
クリスマスは限定品危険ゾーン

2001年11月19日(第13回)

(管理人よりひとこと)いいじゃん、箸で食ったって(笑)

[SS]
THE DIARY With MAAYA SAKAMOTO
まあや▼
坂本真綾です。
今週の、THE DIARYは、わたくしがお送りしていきま~す。
先週の最後のTHE DIARY、龍之介君の時に~、え、スパゲティーは、箸で食べるかいぃ?
という・・ふふ・・・龍之介君の問いを、投げかけられたわけですが、
・・・たべないよぅ~~
わたしは、箸で食べたいと思ったことないんで、龍之介君の気持ちがわからないんですけど。
とりあえずその話しはまたあとでゆっくりするとして、1曲聴いてください。
坂本真綾で、アルカロイド。
アルカロイド
まあや▼
聴いていただいているのは、わたし坂本真綾で、アルカロイド。という曲です。
今週のこの時間は、THE DIARY。坂本真綾にお付き合いください。
スパゲッティー・・・家で食べる時も箸を用意しないし~、
確かに、ま、あのレストランで用意していても、そういう人のために用意していてもいいかな、っていう気は
そこまで龍之介君頭にきた、というのなら、・・・ねえ。置いてあってもいいかな、と思ったんですけど、
考えたこともなかったわぁ~。・・ふふふ。
あたしは、なんか逆に、スプーンとフォークで食べるっていう、人がさぁ、日本人ではほとんどだけど、
なんかテレビで、本場の人は、・・・本場っつうか、[笑いつつ]イタリアの人は、スプーンはつかわずに、フォークだけで食べるっていうのを見て、
なぬっ!?と思ってですね、スプーンをつかうのやめてました。
あの・・・また流されやすいわたしのそういうところが、でてるんですけど。
でもね、こないだ、フォークだけで食べてたら、「スプーンつかわないのはお行儀悪いよ、」って言われて注意されたことがあるんですよっ!
もう・・・知らないのはお前の方だ!ってゆってやりました。あはっ。
ところで、わたしも実はイタリアンレストランで、最近おかしいと思ったことがあったんで、その話はあしたしたいと思ってます。
それではまたあしたお会いしましょう。
-
[END]

2001年11月20日(第14回)

そうとうカチンときたのか、ずいぶんしゃべってますね。

[SS]
THE DIARY With MAAYA SAKAMOTO
まあや▼
こんばんは、坂本真綾です。
まずは私の曲を1曲聴いてください。
坂本真綾で、「ストロボの空」。
ストロボの空
まあや▼
Bay-FM、THE DIARY。今週は坂本真綾にお付き合いください。
昨日の続きなんですけど、そうそう。レストランでね、
すごい・・・ちょっと、おかしいんじゃない!?それ、と思った事件が起こったんですけど。
女の子3人組で、なんかこう・・・いいことがあって、「今日は乾杯だぁ~!」なんつってですね、そこら辺にあったお店に入ったわけですよ。
でもちゃんとしているお店で、すごいこう、お客さんもいっぱいいる、繁盛・・・大繁盛なお店なわけですよ。
ふふ・・・そいでね、「今日いっぱい引っ掛けちゃうぞ~」なんつって、とりあえずカシスソーダとか、柑橘系を、おか・・お酒を飲んでたわけ。
そしたらね、なんか、バイト君らしき若い男の子が、運んできたんだけど、
あの、トレイから落としちゃって、3人ともに、ドッヒャ~ってかかったんですよ。
でもカシスなもんだから、Tシャツとか、白いの着てた友だち真っ赤に染まっちゃうし。
もう靴とかも、パンパンに、こう、なんか、水を含んでですね、グジュとかいっちゃうぐらいに、最悪な状態になったわけですよ。
で、友だちは、あの・・・ブランド物のバッグをもってて、
そのバッグも、まあ、においもけっこうきつくなっちゃってるし、かなり被害を受けたんですね。
で、とりあえず、そのバイト君は「申し訳ありませんっ!」ってゆって、謝ってとりあえず店長が出てきたんですけど、
その店長がね、まず最初に、「あの、クリーニング代の件なんですけど・・・」って、その・・・・そっから入ったんですよっ!
へへ・・・その時点でもうちょっとカチンときてたんですけど、
クリーニング代が出せないって言うのねっ!
でも領収書をもらってきてくださいとかいって、散々そんな話をされて、
で、バックがこんな状態ですっていったら、弁償しますってことになったので。
で、同じぐらいの値段のもので、これ売ってないので、別のものですけど、じゃ、買ってきます、っていって買ってきて。
で、汚れた方のバッグは、わが社で預からせてもらいます、っていう話になったんですけど。
結局ね、預けたバッグが、返って来てないんですよ。
で、こないだね、留守電を聞いたら、留守電に、「すいません、あれ返せなくなりました、」って入ってて、なんじゃそりゃ~っていう話で。
まあ、思い出の詰まったバッグなので、汚れてても、手元に置いときたいって気持ちがあるのに、どうして返してくれないの!?と・・・[?]にもまた飲みにいきました。別の店に。
というわけで、いろいろむかつくことは多い世の中ですが、楽しんでお酒は飲みたいですね。ふふ・・
それではまたあした。坂本真綾でした。
-
[END]

2001年11月21日(第15回)

[SS]
THE DIARY With MAAYA SAKAMOTO
まあや▼
めっきり、寒くなって参りました~、坂本真綾です。
もう、寒くて、今日はスタジオの中で、もうマフラーを離していません。寒がりな私です。
そんな寒がりな私、今年は、去年よりも寒がりになった、って実感する出来事があったので、あとで話したいと思います。
まずは、冬っぽい曲です。聴いてください。
坂本真綾で、Rule~色褪せない日々。
Rule~色褪せない日々
まあや▼
今週も、BAY-FM、THE DIARYは、坂本真綾にお付き合いくださいね。
そうなんです。寒いの苦手なんですけれども、せん・・・あ、去年までは、平気でねぇ、結構スカートに生足とかで歩いてたんだけど、
今日このスタジオに来る時にさぁ?あの・・・でがけに最近買ったミニスカートがあったので、
「今日これをはいていこう」なんつって・・・思って張り切ってたわけよっ!アミタイツで。
そいで・・へへへ。ミニスカートにアミタイツとか思って、家を一歩でたら、
寒いっ!とか思って。
もう、とりあえずエレベーターで、バス停まで降りたんですけど、
「やっぱだめだ、これは。1日乗り越えられない」と思って、
また家に戻って、もう、ジーパンに履き替えて、帰ってきて、またこのスタジオに来たんですけど。
おかげで、ちょっといろいろ用事を済ませてから来るはずが、
全部その予定がぶっ飛ぶぐらいに遅刻したんですけど。
ま、とにかく・・・最近街を歩いている女の子見てて、
生足だと「わ、寒そう・・・」とか思うようになった時点で、
ああ、もうダメだ、[笑いつつ]私は生足で、外を歩けない、状態になっているってことを痛感したんですけど。
実は私今年になって初めて、マイジーパンを買ったっていうぐらい、
いままでスカートしかはかない人だったんですよ~。
なのに、今年ちょっとジーンズに目覚めたら、
この落差と~、あったかさにかまけてですね、怠けております。
ん~・・・だってね、あったかいし、楽なんですもの。
自転車乗るときも気にしなくていいし。
と思って、最近もっぱらジーンズですっ。
もっぱらジーンズの、坂本真綾でしたっ。それではまたあした。
-
[END]

2001年11月22日(第16回)

[SS]
THE DIARY With MAAYA SAKAMOTO
まあや▼
11月22日、木曜日。THE DIARY、坂本真綾です。
それでは、1曲聴いてください。坂本真綾で、「紅茶」
紅茶
まあや▼
お聴きいただいているのは、私、坂本真綾の曲で「紅茶」です。
今週はBay-FM、THE DIARY、坂本真綾がお送りしています。
さて~、クリスマスまであと1ヶ月ぐらい?
街中クリスマス色になっております。限定品出ております!
限定に弱いわたくしにとっては、ひじょ~~に危険。危険ゾーン・・・デパートの1階。
で、私は、コスメがね、かなり、でるじゃない?で、毎年。結構買っちゃうんですけど。
去年は、シュウウエムラのリップを買ったんですけど、
なんと、まだ1回しかつかってない時点で紛失したんですよっ。
なんでそういう、苦い思い出があるので、今年は、買って、大事にっ、つかおっていう思いでいたんですけど、
とりあえずもう・・・2点お買い上げしているんですね。
で、もう1点、つい、こないだまた買っちゃったんですけど、
もう1点っていうのがぜんぜん買うつもりなかったんですよ。
別のものを買いに行ったのに、なんかそこにあったですね。
で、私が買いたいものは、そのキットの中に含まれてたんですよ!なんと。
で、1個買えばよかったのに、倍額ぐらいで、ほかにも5、6個セットになっているものを買っちゃって、
いろいろついてきちゃったんですけど。
ん~~・・ま、いっか。という自分を納得させて、今、とりあえず過ごしています。
でもね、まだまだ、クリスマス限定の、マニキュアとかぁ~、結構・・・ラメラメのかわいいのが出てたりするのが、気になって仕方ありません!
なので、デパートの1階はなるべく歩かないようにしている今日この頃です。
・・・ま、楽しいからいいんだけど。
さて、え~と~来週は、このTHE DIARY、龍之介君がお送りしていきます。
それではまた再来週~。坂本真綾でした~。
-
[END]