坂本真綾「THE DIARY」
第5週(2001年12月3~6日)

今週の「THE DIARY」

12月3日(No.17)
学祭ライブ(武蔵工大)サプライズ~!
12月4日(No.18)
お手製スタッフ専用パンフ
12月5日(No.19)
入浴剤いろいろ
12月6日(No.20)
今年はなんとお年玉で1等

2001年12月3日(第17回)

[SS]
THE DIARY With MAAYA SAKAMOTO
まあや▼
Bay-FM、THE DIARY。今週は私、坂本真綾に、お付き合いくださ~い。
12月に、入りました。もう、暮れですね。・・・ふふ。
わたくしにとっては出費の多い1ヶ月になりそうなので大変ですが、
1年って、過ぎるの早いね~。
え~・・・今日は、先月末に行われた学園祭ライブの話とかをちょこっとしたいと思っています。
birds
まあや▼
聴いていただいているのは、私坂本真綾で、birds、という曲ですが、この曲は、こないだの学園祭ライブでも、ラストでうたってかなり、盛り上がった曲ですっ。
その学園祭ライブなんですけど、11月24日の武蔵工業大学ではなんと、1500人も入るキャパのところでやったんです。
おかげさまで満席でございましたけれども、
体育館。・・・体育館でライブやるの初めてだったんですけれど、
やっぱり、どうしてもこう・・・音がまわったりするし、こう、いつものライブハウスでやってる感じとは違う、環境の中で歌うっていうのは、「どうなるんだろう?」っていう不安もあったんですが、
あの、わたくしの信頼するスタッフと一緒に、乗り込んでいたので[笑いこみ]
そこら辺はまったく心配することなく、え~・・・安心して歌えたんですけれど。
それ以上に、ま、天井も高いということで、今回は、あの・・・いつものライブでやるみたいな、キャノン砲っていて、こう、キラキラキラ・・・とかが出るボッ!見たいのが、やったんですよ~。
なんで、そのへんで、もうお客さんもびっくりしたんじゃないでしょうか。
・・んでね、あたしいっつもライブのたんびに、スタッフからサプライズを用意されていて、
ほんっとに本番まで気がつかないんですけど。
今回の場合もありまして、
ひとつはその,キャノン砲
出るって知らないところで出たんで、ほんとびっくりしたんですけど。
しかも、わたしがこう、盛り上げてってきめっ!っていうところがあったんですね。
その曲の中のきめっ!ていうところで、自分で決めておきながら、あまりにも「ボッ!」っとかいってでたので、かなりあとずさってしまったんですけど。
そんなサプライズも用意されていたり、
なんと、アンコールでは、予定にしていなかったはずの、プロデューサー菅野よう子が、登場してアコーディオンを弾いてくれたんですよ・・・。
これは、まあ、もちろんわたしだけが知らなかったサプライズなんですが。
そんな・・え、スペシャルゲストも迎えて、たいへん盛り上がったステージになりました。
まだまだ話したりないので、この続きはまたあした。この時間にお話したいと思います。
お相手は坂本真綾でした。またあしたね~。
-
[END]

2001年12月4日(第18回)

Gift、人気ありますね。なんと言ってもあの番組のエンディングでしたから(笑)

[SS]
THE DIARY With MAAYA SAKAMOTO
まあや▼
こんばんは、坂本真綾です。
今日も、昨日の続きで、学園祭ライブの、ウラ話などをしていきたいと思っているんですが、
その前に1曲聴いてください。この曲は、なんと私が17歳の時に歌ったシングルです。
坂本真綾で、Gift
Gift
まあや▼
Bay-FM、THE DIARY。坂本真綾に、お付き合いください。
聴いていただいているのは、Giftって曲なんですけど、この曲も、先月行われた学園祭ライブ、11月24日の武蔵工業大学で歌った曲です。
この曲は、シングルコレクションのハチポチっていうベスト盤にも入っているんですけど、
かなり昔に出したシングルなんですが、とっても人気のある曲で、ライブでも、たいへん、毎回盛り上がります。
で、その、武蔵工業大学、学園祭の話の続きなんですけれど。
私のライブは、え~・・・いつもの、オリジナルライブ、のときもそうなんですけれど、
ふつうに、お客さんに売るグッズではなくて、私とか、スタッフ、キャストだけに配っている、わたくし手作りのグッズっていうのがありまして、毎回作っているんです。
そのライブのコンセプトにあわせて。
で、ファーストライブの時は、去年だったんですけど。あの~・・・スポーツタオルに、私の名前と、私のデザインしたロゴを入れて、スタッフアンドキャストだけに配った。
セカンドライブの時は、私が絵を描いたクリアファイルを配ったのね。
で、今回はですね~、自分でパンフレット作ったんですよ~!パソコンを使って。
私が、スタッフ、それからミュージシャンみんなをポラロイドで撮って、それを、スキャニングしてですね、ちゃんと、きれいにやったの!
で、一応配ったタオルとかクリアファイルを、いっつも、バンドの人とかも、次のライブの時に持ってきてくれてたりするので、それがすごくうれしいんです。
今回は、パンフレットに初挑戦しましたが、次のライブでは、なに作って配ろうかなぁ~、と今からたくらんでいます。
とにかく、先月の学祭ライブ来てくださったみなさん、ほんとにありがとうございました。
それでは、坂本真綾でした。
-
[END]

2001年12月5日(第19回)

いや・・・たぶん浮かないと思いますよ。たくさん塩を入れれば別ですけど(でも、釜を痛めますね)。

[SS]
THE DIARY With MAAYA SAKAMOTO
まあや▼
こんばんは、坂本真綾です。
まずは聴いてください。アルバム「Lucy」の中から、私は丘の上から花瓶を投げる
私は丘の上から花瓶を投げる
まあや▼
今週の、Bay-FM THE DIARYは、わたし坂本真綾にお付き合いいただいております。
今日は、え~、入浴剤、わたし最近集めていて、凝っているのでその話をしたいんですけど。
まさに、寒くなって、お風呂が気持ちいい、あったまりた~い季節ですよね~。
あたし、入浴剤集めるようになって、かなり、の時間が経過しているんですが、
世の中には、こ~んなにも、入浴剤の種類があるのっっていうぐらいに、新たな発見をする商品も多くてですね、ぜんぜん飽きません。
そんな中最近発見したのは~、死海
死海ってさ、死の海と書いて死海の、・・・素みたいなやつがあって。
瓶詰めになっているんですけど、結構高いのね。
そんなに量多くないんだけど、3500円とか5000円とかするんですよ。
で・・・それは、一応それにハーブが、入ってたりして、きれいな色になってるんだけど、
試供品みたいの一応ふっとにおいかいでみたら、かなり塩のにおいなんですよっ!
で、これをいれて、あの・・・どのくらい入れて入ってくださいって書いてあるんだけど、死海ってさぁ、・・・たぶん傷口とかあっためるとめっちゃしみると思うのよね。
これはちょっと勇気がいる・・・結構ベタベタするんじゃないのかぁ~?とか、いろいろ、憶測をして、まだ入っていないんですけれど。
でも、こんなのまで売ってるの~?と、かなり興奮して買ってしまいました。
けっこう、品切れしているところも多くて、人気があるみたいなんですけど、はいったころありますかぁ~?
ちょっと勇気がいりますよね~。でも、浮くのかなぁ~?とか思って、新聞とか読めんのかな~と思って、期待しているんですけど。
今年中にはそれ入ってみたいと思いますので、えへへへ・・・。結果など報告できたらしたいと思います。
変わった入浴剤おもしろいんで、疲れた日とかは、いれるだけで気分変わるのでね、いつもは入れないっていう人も、ぜひこの冬は入ってみてください。
それではまたあしたお会いしましょう。坂本真綾でした。
-
[END]

2001年12月6日(第20回)

[SS]
THE DIARY With MAAYA SAKAMOTO
まあや▼
こんばんは、坂本真綾です。今週最後のBay-FM、THE DIARYですが、今日は、
え~年の暮れですけども~、今年はわたし~いろいろ当たった年だったな~。
ということで当たった話をしたいと思います。
その前に1曲聴いてください。坂本真綾で、ピース。
ピース
まあや▼
セカンドアルバム、「DIVE」から、坂本真綾でピースを聴いていただいています。
そう、今年はいろいろ当たった年だったんですよ~。
まずね・・・年が明けてすぐ、年賀状の、お年玉ハガキで、なんと、1等賞が当たってしまいまして、びっくり坂本家
で、なんかね、1等賞は、いろんな家電製品から、好きなもの選べたんですけど。いろいろDVDとかね~、おっきいテレビとかあって、
家族で意見があまりにも割れたんですよ。
で、そのなかでね、1個、マッサージイスがあったの。
これはまあ、ウチにはあってもね、おっきくて場所とるしどうしようっていってたんですけど、
それを、最終的にはおじいちゃんの家に贈ってあげたんですよ~!
いいことしたでしょ!?それが、よかったのかもしれないんですけど、その後当たる当たる。
あたしまず、いちばん最近では、タクシーの・・・乗った時に、応募する、映画の・・・なんていうの、試写会の、応募ハガキがあるんですけど、それを送ったのね。まんまと当たりまして。
最近ね、中国茶器みたいなアンケート答えて当たっちゃったんですよ![笑いつつ]
ふふ・・・それね、アンケートにすごい、こたえてるって時点でわたしもどうかと思うんですけど。
あの~・・・いろいろ当たって。
今狙っているのが、プレーステーション2なんですけど、
これね、こないだね、1回応募したんだけど、はずれたのね。
今2回目のチャンスを狙ってるんですけど、す~ごいほしいの、ほんとにねぇ、プレステ2ほしいんです~。
んで~・・当たるといいな~・・・ふふ。
というわけで、まだまだ、今年もあと1ヶ月弱ありますので、・・・・今年はついてるぞ、ということで、まだまだ当てにいきたいと思っています。
さて、え~、来週は、この時間龍之介君が、担当します。
わたしとはまた再来週お会いしましょう。それではまた、坂本真綾でした。
-
[END]