坂本真綾「THE DIARY」
第8週(2002年1月7~10日)

今週の「THE DIARY」

1月7日(No.27)
やる気なし年賀状
1月8日(No.28)
新曲「ヘミソフィア」
1月9日(No.29)
すっかり論文忘れて
1月10日(No.30)
電動歯ブラシにハマリ

2002年1月7日(第27回)

[SS]
THE DIARY With MAAYA SAKAMOTO
-
まあや▼
あけましておめでとうございます。
今年のTHE DIARYも、わたくし坂本真綾、参加することになりました~。よろしくお願いします~。
みなさんどんなお正月をお過ごしだったのでしょうか。
年賀状書きましたか~?・・・私は、毎年、『真綾からの年賀状ほんとやる気ない』っていう、感想をいただくような年賀状しか作ったことがなくて。
一生懸命作ってるんですけど、なんかこう、頭ん中でイメージしているものと、出来上がりが、あまりに違うって感じなんですけど。
去年までは、プリントゴッコだったのね[笑い込み]
もう1枚1枚、ぴっ、ぴっ、ってこうやってて。暖房の前で乾かしたりしてたんですけど。
今年はですね、スキャナーを、購入したことを、いいことに、何か、こう、自作のオリジナルイラスト入り年賀状なんか作っちゃおうとか思ってですね、気合入れてたのに、
結局作り出したのはクリスマスすぎて、もう年末になってからだったので、時間がない中に、作っていたんですんけど、まあ、なんとかなりました。
でもやっぱり、あの、早いし、ふふふ。乾かなくていいていうのは、非常にあれですけど。
でも、それにあたってね、私がどんなものを送ってきたかって、友だちんちに行って、ちょっと見せてもらったら、ほんとにしょぼかったんですよ!
でね、なんと寅年のときは、「寅」って書いて、漢字で1文字、寅って書いてある、ばかでかい、イモ版みたいの買ってきてて、それを朱肉みたいので押しただけ!みたいになっていて。
で、筆ペンで、なんか、その子に「今年もいっぱい笑いましょう」って書いてあってね。へっへっへ!
何歳だよ!っていう・・・。高校生ぐらいの時に送った年賀状を発見して、ちょっと私も自分でびっくり。
こんなの送ってたんだ、って思ったねすけど。
やっぱり手の込んだものを作るってことがね、年の始まりにいい気分になりますし、今年からはちゃんと作ろうと思いまして、ま、よかったです。いいものができて。
さて、今日は、え~、なんとですね、今年、2月21日に発売になる私の新曲をお聴きいただきながらお別れしたいと思うんですが、
この新曲の詳しい話は明日します。なので明日も聴いてください。
坂本真綾でした。
「ヘミソフィア」
-
[END]

2002年1月8日(第28回)

[SS]
THE DIARY With MAAYA SAKAMOTO
ヘミソフィア
まあや▼
Bay-FM・THE DIARY。坂本真綾です。こんばんは~~。
え~、さっそくですが、私の新曲、「ヘミソフィア」を、お聴きいただいています。
この曲は2月21日に発売になるんですが、なんと、1月21日スタートの、フジテレビ系アニメーション・「ラーゼフォン」という番組のオープニングテーマになります。
え~、この曲はですね、なんかこう新年1発目にふさわしい・・・こう、やる気満々な曲になっておりまして。
まあ、ぼくっていう一人称になっているんで、男らしい感じの勇ましい曲ではあるんですけど、私としては男でも女でも、何歳でも。きっと共感してもらえる。なんかこうすごく人としての根本的なパワーの源というか、そんなものを感じる曲になっていると思います 。
あの~、むなしさとかですね、虚無感みたいなものを、こう・・・ブームになっていた時期っていうのがちょっと前にあったと思うんですけど、もうそんなものは終わって、もう、それを受け止めた上で、さらに走り出そう、みたいなですね、すごく前向きなものっていうのを、みんなが必要としているんじゃないか、と思う今日この頃。
[笑いつつ]そんな、時代にきっとシンクロする曲で。
いま、この曲を歌えるってことが私にとってすごく、よかったし、運命的なものを感じるなぁ~、ていう感じの曲になっております。
ヘミソフィアっていうのは、「半球」。半分の球っていうのを意味してるんですけど。この辺は、あの、アニメーションの方、かなりシンクロしているので、番組の方も見ていただけたら、と思います。
さて、今週は、特別にこのヘミソフィアを1週間通してお届けしていきたいと思いますので、どうぞ、お聴きのがしなく。
それではまたあした。坂本真綾でした。
-
[END]

2002年1月9日(第29回)

[SS]
THE DIARY With MAAYA SAKAMOTO
まあや▼
こんばんは、坂本真綾です。じつは、今週からもうわたくしの大学では、新年早々学校の授業が始まっておりま~す。
みなさんはどうですか?学校始まってる人もいますよねぇ。冬休み明けの宿題とか。できましたかっ!?
あたしも実は、あの・・・ゼミの論文というのがありまして。学年末の論文を提出しなきゃいけなくて。
でもね、それを知ったのが新年、明ける、なんか直前だったのよ
なんかあたし知らなくて~!あ、そんなのあった!?と思って、念のため友だちに確認したら「あるよ」っていわれて、大ショックだったんですけど。
あのね、あの~・・・・そのゼミっていうのも、なかなかね、こう朝早かったりしてですね、ん・・。どうしても行けなかったりとかした時があって。
で、そんなこと繰り返しているうちに、私が購入したはずの、教科書が1冊終わってたんですよ。あはは・・・だからねもう、1冊ムダだった、みたいな。
もう~~、ほんとにあたしってダメ人間って思ったんですけど。
も、今年、この1月の授業が終わってしまったら、私は大学生・・・たぶん、たぶん卒業。っていう感じなので、1日1日大事に学校に行こう、と思っているんですけど。
でもね、実際問題、この、30単位取るってたいへんじゃん!ははは。
あの、今年、一応卒業予定と思ってるんだけど、その3月の卒業式用のはかまをね、準備していいかどうかが、微妙なわけですよ!はっはっは・・・!いらないいらないって今スタッフの人が、ゆってるんですけど。
だってさ、一応もうみんなは、決めてるわけ、なに着るか。でもあたしはちょっと直前までわかりませんので、レンタルするにもさぁ、・・・まだまだ、ちょっと、微妙なわけよ。
だからねぇ、レンタルしてキャンセルすべきか悩んでいる今日この頃です。
・・・卒業できたらいいな。
Bay-FM・THE DIARY坂本真綾がお届けしていますが、今日もこの曲を聴きながらお別れしたいと思います。
2月21日発売の私のニューシングル。「ヘミソフィア」です。
それではまたあした。坂本真綾でした。
ヘミソフィア
-
[END]

2002年1月10日(第30回)

[SS]
THE DIARY With MAAYA SAKAMOTO
-
まあや▼
Bay-FM・THE DIARY。今週最後ですが、坂本真綾に、おつきあいください。
えっと、あたしは最近ですね、なんと電動歯ブラシデビューをしました。
あれはいいですよぉ~~!
あのねぇ、楽っ!。だからもう、歯ブラシという時間が、とても短縮されるし、ぜんぜんその・・・なんていうの。好きになるんですよ、歯を磨くことが。
なんかさ、朝眠かったりとか、時間がなくっても、さっとできる。しかも、超~ツルツルっ!・・・・ふふふふふ~。
でもね、最初は慣れない間はね、くすぐったくて、きゃっきゃいっちゃうんですけど、あとなんか口ん中に入れてからスイッチオンしないと、ばーー!ってなんか飛び散ってたいへんなことになるんですけど、でも慣れてくると非常に、気持ちいい。
でね、これは母親が、あたしが、先日虫歯でめちゃくちゃいたい思いをしたので、「これを使いなさいっ」っていって買ってくれたんですけど。
なんかとってもね、あの・・・最初はこんなさ、おっきくてさ、重いし、充電とかしなきゃいけない。めんどくさいんじゃない?と思ってたら、ぜんぜんそんなことない。
もう、私、もう歯ブラシ今までより、何回もしちゃうって感じに好きなんですよ。 これ、おすすめっ!
えっとね、あの、なんていうのかな、ふふ・・・歯ぐき・・はっは!
歯ぐきにもいいらしいので、これはぜひやっとくれ、みなさん。
さて、今週のBay-FM・THE DIARY。坂本真綾がお届けしてきましたが、来週は、上杉徹君の担当です。
私とはまた再来週お会いしましょう。
では最後に私のニューシングルを聴きながらお別れしたいと思います。
2月21日発売の、坂本真綾「ヘミソフィア」 聴いてください。
それではまた再来週~。
「ヘミソフィア」
-
[END]