BAY-FM・ARTIST PARADISE
「坂本真綾のビタミン-M」
2002年7月2日[#14]

今週の「ビタミン-M」

オープニング
▽セリエA見たい、トッティに会いたい!! ▽サッカー熱にやられるが、長い名前は覚えられない
M1・Life is good
ロックなヤツ
▽ペットボトルはふたを片手に ▽私もやる?
▽自転車野郎Ver.2・登校は時速50キロで! ▽タイヤの空気はいったい誰が入れている
深夜1時のDIARY
▽「LETTER」総括 ▽つくりが違えば助けることも出来ず ▽ボロ泣きして、人生かつてないほど勢いよく出たものは
エンディング
▽テレビドラマ「ダーク・エンジェル」主役

▽ペットボトルにふた、いわれてみれば私もやります。
▽真綾さんのタイヤの空気は・・・これってけっこうヤバいんじゃ・・・。
▽「はなみず」はきれいに「花水」と表記させていただきました。


ラジオテキスト本文

森久保▼
・・・さあ、それではMIDNIGHT POWER PLAY、お知らせを挟んでは、坂本真綾さんのARTIST PARADISEアーティストパラダイス、ビタミンM~。
そしてそのあと、1時40分頃からは今週のスペシャルゲスト、フィールアウトの登場。お楽しみに~。
[SS]
BAY-FM・MOZAIKU NIGHT on Tuesday with Shotaro Morikubo
CM
=

オープニング

まあや▼
あ~あ。ワールドカップサッカーも終わっちゃいました。
ベッカム選手や、かっこいい選手はたくさんいたけど、
やっぱり一度はセリエアーの試合が生で見たい!
トッティにあいた~~い!
-
[SS]
BAY-FM・ARTIST PARADISE with Maaya Sakamoto
まあや▼
こんばんは、坂本真綾です。BAY-FM、ARTIST PARADISE。坂本真綾のビタミンM!
7月に入りまして、今月から『夏に何をしたい?』というオープニングテーマになりました。
というわけで、今夜はビタミンネームミサキちゃんの私の『夏に何したいっ』というの聞いてもらったんですけども。
セリエAの試合が生で見たい、と。
や~、あたしもね、すっかり今回のワールドカップで、サッカーのことを好きになっちゃって。
それまでなんにもルールもわかんなかったし、
選手の名前と顔も一致してなかったのに、すごいいっぱいいろんな選手の名前覚えたし、楽しかったですねぇ~。
なので、ま、セリエAとまではいかなくても、・・・サッカーの試合が見たい。
もしか自分がやりたい、みたいな。すごいサッカー熱にやられましたけども。
私が好きなのは、・・・あの、トッティもかっこいいですけど、
あんね、日本で言うなら松田選手と、宮本選手。ふふ。
そして、韓国のアン・ジョンファン。
そして、・・・ま、ベッカムもかっこいいですけど、私がいちばんね、今回、なんかいろんな意味で素敵だなって思ったのはイタリアのキーパーさんなんですよね。
でも名前が覚えられなかったの、長くてへっへ。
でもね、すごい顔もかっこいいんだけど、キーパーってやっぱり一人で、こう、守り抜くそのたくましさみたいの感じるじゃないですかっ。
なんかねぇ~~。男らしいよね~?素敵ですっ。
というわけで、坂本真綾のビタミンM。今月は『夏に何したい!』という内容で送ってきてください。
あて先は、
おハガキの場合は郵便番号260-8625・Bay-FM
FAXは、043-227-8011
メールは、maaya@bayfm.co.jp
まあやは、M、A、A、Y、Aです。
『坂本真綾のビタミンM』まで。
それでは、今日のオープニングナンバーです。
坂本真綾で、Life is good
Life is good
[SS]
BAY MUSIC FM

ロックなヤツ

まあや▼
坂本真綾のビタミンM。さあ、今週もやってきましたこのコーナー。
ロックなヤツ!
自薦、他薦を問いません。ロックなヤツ大募集中というわけで、あたしが勝手にあなたのロック度を判定してしまおう、というものです。
では、紹介していきましょう~。
まずは、和歌山市[驚き入る]にお住まいの、ペンネームスピードゲームさん。
「ぼくは、ペットボトルのジュースを飲むときに、片方の手でずっとふたを持っていて、一口飲むたびにふたをしめます。」
「こんなぼくのロック度を判定してください。」
・・・いるんだよ、こういう人。いるんだよ。そして私もやるような気がする。そういわれてみれば。
ん~~・・・5ロック
・・・あら、音鳴らないぐらいの、ふっふ・・・かすりもしなかったんで。
きも~ちロックかな。でもさぁ、これだってさぁ、こぼすこと心配してるわけじゃん。
もう、こう、ダラダラいかないとね。ロックな人は。はははは。
あたしはさぁ、なんかこう、女の子だったらさぁ、こう、わかる気がするんだよね、一口飲んでは、閉め。みたいな。
でも、なんかこう、男の人は、こう、手でぬぐうぐらいの勢いで飲むといい[?]・・ははは。ほんとかよって感じですけど。
いや、でもいるんだよな。これなんでやるのかなぁ。あたしもその心理を知りたいですけどねぇ。
けっこういっぱいいるんじゃないでしょうか。こういう人。
さて、次の人です。
え~、ノリヨシさんです。
「ぼくは、自転車でいつも学校に登校しています。」
「約10キロを、」え~「約25分、最高時速45キロから50キロ。などと、なかなか速く走っているのですが、それ以上に自転車の修理回数が多いです。」
「高校に入ってから今の3年間までに、パンクは約20回。タイヤのチューブも5、6回換え、チェーンも1回切り、エトセトラ・・・。」
「自転車屋さんには最低30回以上は通っています。」
「そして今の自転車は、入学以来4台め。そのうち1台は大破なのですが。」
「ハンドル、チェーン、ブレーキなどはもうボロボロです。」
「学校に行くにも汗だくで、最低1キロから2キロはやせてしまいます。」
「学校の人も声援をおくる人もいれば、引いてる人もいますし。」
「家の人には非難を浴びています。それでもやめたくないのは、そこに達成感があるから。」
「こんなぼくのロック度はいくつですか?」
なんか前にもいましたよね、自転車野郎が
え~、あの時何ロックだったか忘れちゃったんだけど、君はねぇ~、71ロック~。
[SE]
-
まあや▼
そうねぇ~。いいのよ、別に。うん。こう・・・『若いうちにやっときなさい』って感じなんですけど~。
あの~、とりあえず安全運転を、ここら・・心がけていただけるならば、ま、71ロック差し上げようと思ってます
確かにねぇ、自転車であたしも高校通ってたんだけど。朝ね、気持ちいいんだよね
まあ、眠い、眠気を引きずりながらも、風をあびてサーっと走っていくと、なんかほんとにね、目が覚めるし、朝の空気って気持ちいいし。
なんかね、ほんとにね、あれってね、学校に通ってる時だから出来ることなんだよなぁ~~[妙に力が入る]
そんなに長い時間自転車こがないもんっ、私!
今ね、自転車、・・・あそうそう。あと自転車さぁ、[含み笑い]すごい今思い出したんだけど。
ジムに通うようになってからたまに乗るんですよね。自転車で通う時もあって。
そしたらね、あの~、あたしの自転車の空気ね、いっつもすごいペッタンコになっちゃって。『あ、もう空気入れなきゃな』って思うんですよ。
でも空気入れがウチにないのね。だから、どっかっで入れてもらおう~って思ってるんだけど、次に乗るときに空気がパンパンになってるの。
だれかが入れてくれてるんだけど。あたしの妖精かなんかがさ、夜中に、こう、私がもう入れよう、って思ったときに、次の日に入ってるんですよね。
あれだれが・・。うちのお父さんなのかな。はっはは。
お父さんがやりそうなんだけどまだ聞いたこと・・。まあいいや。今思い出したからいったんですけど。
まあ、確かに自転車は気持ちいいんだよ。でも安全運転でよろしくお願いしますね。
え~、こんな風にあなたがロックだと思う部分、あなたの周りのロックな人、紹介してください。
あて先です。
ハガキは、260-8625・Bay-FM。
FAXは、043-227-8011
メールは、maaya@bayfm.co.jp
『坂本真綾のビタミンM・ロックなヤツ』まで。待ってます。
そして、ここでご紹介するのは私の好きなロックナンバーなんですがっ、
出ましたねぇ~最近。オアシスのニューアルバム。Heathen Chemistryヒーザン・ケミストリー
さっそくこの中からさっそく1曲かけたいと思います。
オアシスで、Songbird
Songbird
[SS]
BAY MUSIC FM

深夜1時のDIARY

まあや▼
Bay-FM、ARTIST PARADISE。坂本真綾のビタミンM。深夜1時のダイアリー、ということで、ここでは、みなさんから届いたメールを紹介したり、私の近況なんかをお話ししているんですが。
今日はですね、・・・私の、こないだまで出演していたミュージカルLETTERについて、お話しさせてください。
見に来てくださったみなさん。ほんっとにどうもありがとうございました。
え~、6月の20日から23日まで計5ステージありました。
LETTERという舞台なんですけども、なんと~、二人芝居
ミュージカルで二人芝居ってなかなかないと思うんですけど~。
あたしともう一人渡辺健君という、え~、役者さんと二人っきりで展開していくお話しなんですが。
というわけで二人とも、ほとんどず~っと、舞台上にいるわけですよ。
なので、ほんとに休めないっていうか、水も飲めないみたいな状態で。
たまにふっと袖に帰ったとき、え~・・・がぶ飲みっ!水を。っていう状態なんですね。
で、しかも、今回の舞台装置がかなり面白いつくりになっていて。
ふつう舞台っていうのは、こう、すっと、袖からね、見えるようになってて、すっと出られるようになっているもんなんですけど。
今回は、全部壁で覆ってしまったために、袖から誰も助け出すことができないっていう。
何かトラブルがあったときも自分たちで対処して、え~、お話の途中でも、うまい具合にはけたりとかしてですね、やっていかなきゃいけないっていう、すごくわたしたち二人だけで、すごくいろんな責任を感じなきゃいけない舞台だったんですね。
で、やっぱり、5ステージやってる中には、1回ぐらいトラブルがあって。
あたしじゃなくて、相手役の男性がですね、マイクがちょっとだけ、なんかトラぶったらしいんです。
その瞬間、私が歌ってるあいだにほんとははけないところではけたんですよ、1回。ふふ。
で、あたし気づいたらいないんで『ん?』と思ったんですけど。
そういうなかで、二人も動じずにですね、やっていかなきゃいけないという非常に精神的に鍛えられた舞台だったんですけど。
あの~、ラストシーンがね、とってもあの~、役に入り込んでいると、泣ける・・・シーンだったんですよ。ハッピーエンドなんですけどね。
で、あたし、稽古の段階から、やっぱりどうしても感情移入すると、泣いちゃって、ボロボロ泣いたりとかして、相手役の男の子も泣いたりとかして、あの~、いたんですけど。
本番では、やっぱり、あの・・・ガマンしようと思って。ガマンというか、その、泣くことだけがね、お芝居じゃないので。あの~、冷静にやっていこうと思ってたんですけど。
千秋楽の最後のステージの時に、もうどうしても抑えられなくって、ボロ泣きしちゃったんですよ。
そしたらね、私、涙よりも先に花水が出ちゃうのね!?
それで、へへ・・涙がこぼれるよりも前に『なんか花水出てきたぞ!』と思って、やばいやばいと思ったんだけど。
すごくいいシーンなんですよ。なんで、花水をね、こう、ふくわけにもいかない。
そいで、・・こう、ちょっと勢いよく振り向いたりとかした瞬間に、勢いよく花水が出たんで・・へへへへ。いかん!と思って。
さすがに、こう、『はっ! 』と思ったんですけど。
あの~、そのまんま二人で、こう、男の子と、ハッピーエンドで見つめあいながら、ラストナンバーを歌うんですね。
で、その間ずっと私、花水ほったらかしなわけですよ。
だから・・はは。あたし、人生において、花水が出たこと、こんなにほっといてることって、ないでしょ!?人間。ふつう『でたら拭く』ですから。
へっへっ、ほいで、『あ、すごい、ほっといてる~、あたし』と思いながらも、
それ以上に気持ちがもうたかぶっていて、意外にそんなこと気にならないぐらいだったんですけど。
あたしが、こう、ふっと、そのラストシーンに、彼の目を見つめて、
ラストナンバーがはいった瞬間、照明がパッと入ったら、相手役の男の子も花水出てたんですね。
『あ、よかった~、あたしだけじゃない。』と思って。お互いに『出てる、』と思いながら歌って・・へへへ。
で、最後のシーンでは二人ともものすごい近くで、顔を。近いところで歌うんですけど。お互いに、なんとなく、一瞬目が下に行くのがわかるんで。
『はは、見てる見てる』と思いながら。
でも、まあ、すばらしい千秋楽が迎えられてよかったんですけど。
まあ、そんな花水が出てても気にならないぐらいの、感動・・・というか、感無量な感じで、え~、最後のステージも無事に終えることができました。
も、ほんっとにたくさんの方に見に来ていただけて、おかげさまで、全席満席で立ち見まで出たぐらいだったんですけれども。
え~、アンケートも、すごく回収率がよくて、で、もうすべて目を通しました。
ほんとにいろんな感想がありましたけれども。
みんながね、『初恋を思い出しました。』とか、
あと、『手紙を書きたくなりました』とかいってくれるのがとてもうれしかったです。
そんなわけで、え~、私のこの、上半期の、今年の上半期のビックイベント。ミュージカルLETTERも、無事終了しましたという報告でした。
それでは、ここで1曲聴いてください。
坂本真綾で、Here
Here

エンディング

まあや▼
坂本真綾のビタミンM。今週もお別れの時間が近づいてきました。
ここで、私の近況をお伝えしたいと思うんですけども~。
え~、7月の7日。日曜日に、日曜洋画劇場で、え~、ダーク・エンジェルという映画があるんです。
これは、あの、ジェームス・キャメロン監督の手がけている作品なんですが。これ実はなが~~いシリーズなんですね。
その第1回目を、その日曜洋画劇場で放送します。
その主人公マックスの声で、わたしが日本語吹き替え版に、声の出演をしているので、ぜひ見てみてください。
そしてこの、7月7日の放送のあとは、毎週月曜日20時からテレビ朝日で、え~、放送が始まります。7月8日月曜日からスタートです。
え~なんと私の相手役、・・・がですね~、このBAY-FMでもおなじみのっ、バズーカ山寺さん、というわけで。
え~BAY-FMコンビが、お届けする・・ふふふふ。ダーク・エンジェル、ぜひ見てみてください。内容もとってもおもしろいので、おすすめです。
そして、この番組の7月のオープニングコメントは『夏になにしたい?』というテーマで募集しています。
あなたの今年の夏の目標、ぜひ教えてください。
ハガキは、郵便番号260-8625 Bay-FM。
FAXは、043-227-8011
メールは、maaya@bayfm.co.jp
『まあや』は、M、A、A、Y、Aです。
『坂本真綾のビタミンM』まで、待ってます。
そういえば、さっきお話した私の出演したミュージカルLETTERなんですけど、
お話は、あの~お互いの素顔を知らない者どうしが、この電子メールの時代にですね、手紙というアナログな方法でコミュニケーションしながら、お互いの心を通わせていく、というお話だったんですけども、
森久保さんは最近、手書きの手紙って誰かに書いたりしましたか?
っていうわけでまた来週。お相手は坂本真綾でした。
=
[END]
森久保▼
手書きの手紙って・・・そういえば、書かないですよね~。
ま、最近ワープロもね、使う機会がね。パソコンとかで全部文章も打っちゃったりするんで。
漢字がかけなくなることがね、ほんとに増えたな、って思うんですけど。
そういうときはね、やっぱり携帯電話でね、あの、けっこう漢字って今チェックできたりしますから、便利だなって思うんですが。
やっぱ字を書くことを忘れちゃいけないな、ってつくづく思う今日この頃でございます。
坂本真綾さんのARTIST PARADISE、ビタミンM。来週もお楽しみに。
[SS]
Bay-FM・MOZAIKU NIGHT on Tuesday with Shotaro Morikubo
=