BAY-FM・ARTIST PARADISE
「坂本真綾のビタミン-M」
2002年9月3日[#23]

今週のビタミン-M

オープニング
▽自主勉強英語で南半球発見 ▽「ヘミソフィア」は造語っぽく
ロックなヤツ
▽電器量販店で値段比べに「私も聞きたい!」 ▽そこら中で打ち始めドラマー ▽「私もやりたい」正しいロック
深夜1時のDIARY
▽かっこいいロックな歯医者は今・・・ ▽「がんばれ!ダーク・エンジェルだろ!」
エンディング
▽森久保・親不知抜いて「エラが引っ込んだ」?

私のMDもそろそろやばいのでおすすめのヤツ教えてほしいです。 ※今週の「DIARY」は(も)感情起伏が激しいのでマークアップ(太字などにすること)がたいへんです。一応ストレスがかかっている言葉は太字さらに大声は大きい字にしているのですが、太字だらけです


ラジオテキスト本文

森久保▼
・・・さあ!MIDNIGHT POWER PLAY、お知らせを挟んで、坂本真綾さんのARTIST PARADISE、ビタミンM。
そしてそのあとは1時40分頃からは、今週のスペシャルゲスト河口恭吾さんの登場。
[SS]
BAY-FM・MOZAIKU NIGHT on Tuesday with Shotaro Morikubo
CM
=

オープニング(0:00=1:16:43a.m.)

まあや▼
真綾さん、こんばんは。
TOEICの勉強をしていたら、出てきました。Hemisphereヘミスフィアという単語が。これに載っている例文では、南半球を、southernサウザン hemisphereとしています。・・びっくりしましたねぇ。
TOEICに出てくるぐらいなのだから、そこそこ使われているんですよね?たぶん。聞いたことはあまりないけど。
英語の勉強を半年振りぐらいに始めて、この単語に出会えるとは思っていませんでした。正直、夏休みなのに自主的に勉強している自分をほめてあげたいです。これこそ学生の鑑だ!
今日は、勉強が終わったら自分へのごほうびにビールと日本酒だ!
それから9月に入ったら、インターンシップに行ってきます。これは実際に企業で2週間ほど働いてくるのですが、楽しみな感じと不安な気持ちが半分ずつといった感じです。
それでは、学生は勉強に戻ります。
へぇ~~、そうなんだ~
-
[SS]
BAY-FM・ARTIST PARADISE with Maaya Sakamoto
(1:23)
=
まあや▼
こんばんは、坂本真綾です。BAY-FM、ARTIST PARADISE。坂本真綾のビタミンM。
9月の、オープニングトークは『へぇ~、そうなんだ。』で、大募集中なんですけれども。
今日、第1回目の『へ~、そうなんだ~』はですね、川崎市のウエノさんからいただきました。TOEICの勉強中。がんばってるんですねぇ。
ヘミスフィア。私の、シングルのタイトルは、カタカナで『ヘミソフィア』と、一応表記はなっているんですけれども。正しくはhemisphereですよね?あの、発音としてはね?
ま、ちょっと今回私の場合はちょっと造語っぽく使ってたんで、多少違いますけれども。
意味はね?『半球』という意味。半分の球という意味だってことは私も知ってたんですけど。それを南半球の場合、southern hemisphereっていう風に使うというのは実は知らなかった
なるほどぉ~。そうやって使うのね?勉強になっちゃった、へぇ~そうなんだ。って感じで。へっへっへ。ほんとにいいオープニングテーマですねぇ?これはねぇ。こんな風に毎週目からウロコかも。って感じなんですけれども。
ウエノさん、どうもありがとうございました、がんばってください。
というわけで、坂本真綾のビタミンMでは、オープニングコメント、『へぇ~そうなんだ~』を大募集中です。
あて先は、
おハガキの場合は、郵便番号260-8625・BAY-FM
FAXは、043-227-8011
メールは、maaya@bayfm.co.jp
『まあや』は、M、A、A、Y、Aです。
『坂本真綾のビタミンM』まで。
それでは、今日のオープニングナンバーです。
うわさのこの曲です。坂本真綾で、ヘミソフィア
(3:04)
=
ヘミソフィア

ロックなヤツ(5:35)

まあや▼
坂本真綾のビタミンM!続いてはこのコーナー。
ロックなヤツ。
ついうっかりやってしまう自分のクセ。あと自分の特技や自分だけの食べ合わせ。そして、絶対アレはロックだ、と思うまわりの人のことなどなど。私が勝手にロック度を判断してしまおうというものです。
ではみなさんのロックなヤツ紹介していきたいと思います。
ラジオネームミッチェルさんからいただいたメールです。
「ぼくは学生なのですが、2週間に1回ぐらい家電量販店に行くのが趣味なんです。いろんな店に行って、値段を比べてます。」
「友だちに、何が、どこがいちばん安いか、などよく聞かれます。そんなぼくのロック度を教えてください。」
いやぁ~~、こういう友だちほしぃ~~。
あたしもだって、よくなんか、あたし、ほら、ね?あの、家電製品とか機械関係壊すの大得意なんですよ。だからね、よく壊れたりして。新しいの買わなきゃ、ということがあるんですけど。
やっぱりね、なんとなくあの手のお店に行くと、黄色い紙に赤い文字で書いてあったりすると、あの、薬屋さんとかもそうなんですけど[笑いつつ]安そう!みたいなにおいがプンプンしてて。たぶんこれが安いんだ、ていう風に疑わないので。比べるっていうことまでなかなかいかないじゃないですか。やっぱり手間もかかるしね?
だけど、このミッチェルさんに聞けば、
『ミッチェル、MDはいちばんどこが安いの?』と、聞きたぁ~い。
だってあたし、ほんっとにね、こないだもデジカメを買ったんですけど、あの・・・他のお店だったら、本体自体は安くないんだけど、いろいろついてくるものが違ったりした時があったんですよ。
ちょっとさ、くやしいじゃない~い。そういう思いはしたくないよね?っていうことで、ミッチェルさん、いいと思います。
え~、ロック度は、・・・82ロック。
[SE]
-
まあや▼
まあまあまあ、平均点以上っていう感じですかね。
え~、やっぱりね、こう、細かいイコールちょっとロック度がちょっと下がる・・ふふふ、みたいなとこあるんですけど。
でも、まわりの人は超大助かりですよね?
え~、これからもぜひ、調べてください。そして私にもなんか教えてください。
次はですね、千葉県柏市にお住まいの、ペンネームクロネコさんです。
「こんばんは、真綾さん。ぼくは、ドラムがすごく好きなんです。
ただ好きなだけではなく、2本の長いものを持つと、そこらじゅうで打ち始めます。かっこさすがに箸ではやりませんが。」

「授業中や道端などほんとに止まりません。こんなぼくのロック度を判定してください。」
cha[舌打ち]・・・これは正しいロックって感じですね。正統派ROCKって感じですよね?
でも、私の友だちでもやはりドラムをやっている子は、・・・ほんとに止まんない。もうね『落ちついて』っていいたいぐらいにね、ももとかペチペチたたいてるじゃないですか。でもね、ドラムやってる人ってそれが様になるんですよね?だからかっこいいし。
この人のロック度は・・・え~~、さっきが82だから・・ふっふふ。92ロック。
[SE]
-
まあや▼
高めで・・・。やっぱりね、正しいロックな人も必要ですよみなさん。そんなね、奇をてらってばかりがロックじゃいけませんよ[笑いながら]
というわけで、やっぱりね、これぐらい好きなものを、延々やってるとうまくなったりするし、ぜひここはですね、ドラマーとしての道を開拓して音楽にいそしんでください。
あの~、ドラムって、あたし自分でもやってみたい楽器のひとつなんですよね。
やっぱりたたけば音が出る、と。しかも、ドラムセットじゃなくたって例えばパーカッションというのは、なんだっていいわけじゃないですか。飲んでる缶の・・ジュースの缶使ったりとか、なんかこう、たたくものが、こうかたいものからやわらかいものに変わるだけで、音質もすごい変わるし。もう、無限に可能性のある楽器っていう感じがして、すごい好きなので。ぜひ開拓してくださいよ。クロネコさん。
というわけで、こんな風にあなたの周りのロックな人、ぜひ、紹介してください。
あて先です。
ハガキは郵便番号260-8625・BAY-FM。
FAXは、043-227-8011
メールは、maaya@bayfm.co.jp
『坂本真綾のビタミンM・ロックなヤツ』まで。
そして、ここでご紹介するのは私の好きなロックナンバーです。
今日は、LIFEHOUSEで、SPIN。聴いてください。
(10:13)
=
SPIN
[SS]
BAY MUSIC FM

深夜1時のDIARY(13:23)

まあや▼
BAY-FM、ARTIST PARADISE。坂本真綾のビタミンM。深夜1時のDIARY。
ここでは、みなさんから届いたメールを紹介したり、私の近況などをお話しているんですが~。今日は私の話をしたいと思います。
私の話というか、私が行ったロックな歯医者の話っていう感じなんですけども。
私はですね、ひとつ、奥歯の方なんですけど、長年ほったらかしていた虫歯があって。
で、もうかなり末期的だったんで、もう、ね?ここらで治さなねば、ということで通っていたんですけど、あまりにもひどいので、こう、かなり大きくね?銀歯をつめなくちゃいけないよ?って話しになって。でもやっぱり歌ったりした時にキラン♪とかしたら、恥ずかしいじゃん。そんなん、ロック過ぎるじゃん。ふっふ。
だから、ちょっとこのキラ~ンじゃなくてふつうの白い歯にしてください』ってゆったんですよ。そしたらね?・・『保険が利かないからお金がかかります。セラミックだから。』っていわれて。
『あ、いいです、』っていったら。いいですとはいったもののね、1本、たった1本に10万円もかかったんですよ。もう『ドヒャ~~』って感じなんですけどまあ、おかげさまで、ほんとうにほかの歯とぜんぜん違和感なく今、すばらしいセラミックの歯が1本入ってるんですけど。
そのね?歯医者さん、あたしちっちゃい時に通ってた歯医者さんなんですよ。
で、昔住んでたところなのね?だから今、すごい遠いんだけど、やっぱりこうよく知ってる人にね?やってもらいたいと思って、わざわざ足を運んだわけですよ。
したらね?なんかちっちゃい時にお世話になってた時に、私が持ってったイメージは、・・・なんかこう、厳しい。いつもね?なんかこう、いろいろ怒られたような気がするんですよ、ふふふ。
厳しくて、クールで、スマートで、背が高くてかっこいいの、ちょっと。男前だったんですよ。
ところがね、久しぶりに会ったら、まあ歳もとってですね、ちょっとかっぷくがよくなって。しかも人間的にものすごいおもろいおっさんになってたっていう感じがして。
私はすごい、あの、なんかね、意外だったんですよね。
なにがおもろいかっていうと、まずね、すごいよくしゃべるんですよ、すっごい面白いんですよ。で、あたしが、ま、こういう仕事して歌ったりするんで歯をね?白いものを詰めてください?っていったんですけど。
あの・・その次に行ったときに、『真綾!』とかいって。へへへ。
『真綾、今おまえダーク・エンジェルの声やってるだろ!』とかいう風に、思いっきりいわれたんですよ。
で、なんかどうやらテレビで見たらしいんですけど。今放送中のダーク・エンジェルって言う番組でね?主人公のマックスっていう声の役を私がやっているんですけれども。
その番組を見て、『ぜひね?ウチの姪っ子のために、サインをくれ、』って言われてですね。サインをしたんですよ。
それはいいんだけど、こう『歯がいたい!』っつってんのに、『ちょっと真綾、1枚写真とらせてくれ』肩組んで写真撮ったりして。『いいから早く治療をしてくれ!』って感じなんですけど。
かと思ったらですね、その日の治療がめちゃくちゃ痛かったんですよ!
もう私も、『エ~エ~、ア~ア~』っていって声が出ちゃうぐらい痛くて、『先生、痛いよ、痛いよ、』ってゆってたら、
『何言ってんだよお前、がんばれ、ダーク・エンジェル。お前ダーク・エンジェルだろ。』とか言われて、へへ。私違うから。私そんなに遺伝子操作とかされてないから、みたいに。非常にね、おもろいおっさんになってて。
いや~すごい親しみやすいのはいいんですけど。あの、昔のクールな先生はどこに??っていう感じで。
でもね、それが、治療がやっと終わって、痛いのもなくなって『ほんとに先生ありがとうございました。』[泣きが入る]っていったら、
『でですね、あの、親不知が3本生えてます。』と。そんなことを終わった瞬間にいわれ、『いつか抜きに来い』っといわれたんですけど、こわ~~い。もう痛いのだいっきらいなんでほんっとこわいんですけど。
親不知、抜いた方がいいんですかね?やっぱ。気になります。
というわけで、へへ。ロックな歯医者にまた行かなきゃいけないかもしれない。それもこわい。って感じです。
それでは、ここで1曲聴いてください。坂本真綾で、Toto
(17:15)
=
Toto
[SS]
Bay-FM・ARTIST PARADISE with Maaya Sakamoto

エンディング(20:40)

まあや▼
坂本真綾のビタミンM。今週もおしまいで~す。
ロックなヤツ、そして深夜1時のDIARY宛てに、おハガキ、メール、じゃんじゃん送ってください。
そしてですね、今月9月のオープニングテーマは『へぇ~、そうなんだ』となっております。こちらの方にもどんどん送ってきてくださいね。
あて先は、
おハガキの場合は郵便番号260-8625・BAY-FM
FAXは、043-227-8011
メールは、maaya@bayfm.co.jp
『まあや』は、M、A、A、Y、Aです。
『坂本真綾のビタミンM』まで、待ってま~す。
それでは、また来週お会いしましょう。お相手は坂本真綾でした。
森久保さんは、親不知抜いたことありますか?
=
[END]
(21:33)
=
森久保▼
あるんですよ、親不知抜いたこと。これがですね~、なんかすっきりしてですね。
ぼくねけっこうエラ張っててね、ちょっとコンプレックスだったんですがね、エラが引っ込んだような気がしましてですね、ぜんぜん勘違いだとみんなにいわれたんですがね。
親不知、たまに抜くといいもんですよ。まあ、そんなに抜けるほど生えてませんけどね。・・なにを言ってんでしょうか。
え~、坂本真綾さんのARTIST PARADISE、ビタミンM、来週もお楽しみに。