LIVE WONDER(2003年12月21日東京恵比寿 SPAZIO 2)

LIVE前

その日は目覚ましを8時半にセットして、もし起きれなかったら「Happy-go-Lucky」さんのとこのオフ会(前半)は流そうと思っていました。前日は「黒うさ」などで夜遅かったので。ところが気分良く目が覚めて時計を見るとまだ8時。どうやら私にとって今日のライブは楽しみだったらしい。

そんなわけで電車を乗り継いで11時に待ち合わせ場所の秋葉原駅へ。なんとかやーちんさん御一行(4名)さま(Wonder-Name 緋龍使いさん、しずとさん、草の葉物語さん)と合流しました。やーちんさんはといえば、ここ一帯の地図をプリントアウトして喫茶店を細かく調べ上げていて私より詳しい?緋龍使いさんは(入ったことはないが)特殊な喫茶店のありかを良くご存知のようす。しかし、それらの店に入った覚えがする私って一体。・・・いくつかのお店を転々としたのち昼食。残念ながら??普通の場所でした。その場で私も色紙に駄文を寄せ書きさせていただきました(写真いちばん奥)。

昼食後は恵比寿駅に移動しましたが、告知していた集合時間になってもほかの参加者は見当たらず『誰もいない?』と思いあきらめ気分で会場に向かおうとして歩き出したところ、あの れあちぃず御一行様がっ!今回のライブには参加できないそうですが、色紙に寄せ書きするために来られたのでした。


LIVE

ホールにて

会場となった恵比寿SPAZIO 2はおしゃれタウン恵比寿「天使のたまご」#63による)の閑静な住宅街の一角にありました。下手に騒ぐとご近所の迷惑になるようなこの場所で、お客さんであるWONDER-NET会員が一人、また一人と集まっていました。私はといえば、写真を撮ったり他の参加者の方とお話したりしながら開場の15時を待ったのでした。

開場時刻の15時に列に並びましたが、しばらく会場入り口で待たされた後30分ぐらいしてやっと列が動き始めました。地下2階にホールがあるため階段を降りて地下深くへ。地下2階では係員の方になにやらプリントアウトされた紙を手渡されました。そこに書かれていたのは2曲「FLAT OUT」と「Let's Party!!」の歌詞。どうやら観客にも一緒に歌ってもらおう、という企画らしい。特に「FLAT OUT」は歌詞をWONDER-NET会員から募集した曲で、このLIVEで初公開の新曲。

ホールに入る前に荷物チェックを受け私はMDレコーダーを預けましたが、身分証チェックまではありませんでした。ホール内は木の香りが充満して新築っぽい雰囲気。後にSAKURA'S CHATでメールが採用された草の葉物語さんによれば、桜材だとか。私の座席である「G-27」は最後の列から2つ目。しかしホール自体がこじんまりとしていて前のステージは良く見えます。確かに大学の中規模の講義室のようです。座席はステージを囲む円弧を描いていて、1列27~30番まででH列までありました。

席に一旦荷物を置いて会場を出てグッズを購入しました。既に発売中のCDのほかに2004年カレンダーが1200円で売られていたので2部購入しておきました。1部は、とある方にグッズ購入を頼まれてましたので(笑)。28日に持参予定。

再び席に戻り、前オフで会った方々と軽くおしゃべりながら開演を待ったのでした。

LIVE WONDER

ライブの大ざっぱな流れをメモしたものです。時刻は目安で、**はメモし忘れによる不明部分。曲タイトルでわからなかったものは、やーちんさんのメモからのパクリ(一応了解の上)

16:03:**
会場が暗転。SAKURAさんのOPENING POETRY(録音?)でスタート。
16:05:08
M1:奇蹟の風。ステージ右の扉をあけてSAKURAさんが右手にマイクを持って登場!・・・リアルSAKURAさん!今まで写真で見てきた人と同じじゃないですかっ(当たり前です)
衣装は薄いピンクのワンピース(?)に上から黒いショールのようなものをまとい、首にはネクタイ状の長い黒のリボンを結わいています。黒ブーツを履いていますが ひざの部分は出しています。髪の長さは襟元まででやや短めです。ただ、若干距離があったので細部はわかりませんでした。
16:09:45
M2:Future Dream
16:13:38
最初のM.C.。以下、覚えてる部分だけ。かなり違うと思いますが雰囲気だけでも。
「みなさんこんにちは、SAKURAです。LIVE WONDERへようこそ!」「昨夜雪が降った人は?」(会場の半数以上が挙手)・・「雪にもかかわらず無事会場まで着くことができてよかったですね、第一関門クリアです。」(会場爆笑)
さらに、「最後に残るのは誰?」(いや、サバイバルコーナーじゃないって。)「もちろん私だ。」って。(自分が残ってどうする)
16:14:49
M3:Make A Wish
16:18:48
M4:風のうた
16:23:38
M5:LOVE PAIN
16:28:20
「みなさん一旦お休み」ということでバンドメンバーが一旦ステージから去ります。そしてなぜか会場から笑いが。すっかり邪魔者扱いされてます。
ここからは「LIVE SAKURA'S CHAT」
SAKURAさん、スタンドを移動させようと片手で持ち上げますが「重い!」。ステージに置かれたパイプイスに着席し、マイクを左手に持ち、右手にはプリントアウトされたメールの束。その束から読むメールをゴソゴソ探してスタート。
今週のSAKURA'S CHATのエンディングからの続き。7人の方のメールが紹介されました。WONDER-ネームが読まれるたび、「○○さんいますかぁ~?」・・・『はい!』と、周りの観客はキョロキョロ。
なお、今回の参加者は185人とのこと。
16:43:27
バンドメンバー3人が再登場。SAKURAさんがイスから立ち上がり、ここで入場前に配布された紙にも載っている新曲「FLAT OUT」の練習。ピアノの方がその部分だけを演奏しSAKURAさんが、紙を持った左手を振って合図して会場のみんなが掛け声を掛けます。
16:45:27
M6:FLAT OUT。このライブで初公開された曲。アップテンポでノリのいい曲です。曲の節々での観客の掛け声もバッチリ。1回だけ間奏が入ったのでタイミングがずれましたが。
この曲のあと、バンドメンバーが一時退出。
16:52:00
M7:Let's Party!!。この曲はCD音源で。確かに効果音が多いのでアコースティックでは難しいかな。この曲を聞き込んでいる観客の掛け声のタイミングは完璧でした。
このあと16:56:12にSAKURAさん退出。
16:56:46
POETRY。16:58:43にバンドメンバー再入場。
17:00:20
M8:メビウスの魔法~2003~
衣装替えしたSAKURAさんが再登場。なんとミニスカサンタのコスプレで!!(大嘘)・・・ま、サンタ帽を被ってただけなんですけど。でも生足(ひざ部分)は見えてましたし。ちなみに左手には鈴(直径10センチぐらいの赤いリングに数個の鈴がついたもの)を持ってました。
17:03:55
M9:HOLY LOVE。クリスマス曲が続きます。(08:20まで)
「お正月がちかいので」SAKURAさんの合図で会場みんなが、10からカウントダウン。「0は言わなくていいですよ。」
10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、メリークリスマス!
17:09:14
M10:Merry Christmas on WONDER-NET
17:12:31
M11:プラチナスノウ
17:16:24
M12:YOUR CHEER GIRL
17:21:11
「この曲で最後になります。」・・え?(アンコール付きでも)もうおしまいなの!?って感じでした。
M13:光の勇者~バンドメンバー・SAKURAさんが退出。17:26:20まで。この後アンコールの拍手が沸きあがり・・・
17:28:10
バンドのメンバーとサンタ帽を取ったSAKURAさんが再登場。SAKURAさんがピアノ前のイスに座って1曲。
17:28:44
M14:You're my Angel
17:33:43
バンドメンバー紹介。
ピアノは前田さん。SAKURAさんは「前さん」と強調して紹介(笑)
ギター(ステージ左手)は相馬さん。
ギター(ステージ右手)には前澤さん・・・やはりひときわ歓声が大きかったです。以前にも増して体型に迫力が出ているとか。SAKURAさん、両手を広げて一礼して、ラスト曲へ・・
17:36:15
M15:RAINBOW。気がつけば、バックの壁面が七色の照明でライトアップされていました。一同退出~17:40:40まで。
17:41:00
ENDING POETRYが流れLIVE終了(17:43:03)。お疲れ様でした。預けていたMDレコーダーを受け取り地上世界へ。出口で係員の方から「W-Nクリスマスティー」を受け取りました。全員の座席をチェックして、今日参加できなかった人には後日郵送でティーが送られたそうです。

雑感

私にとってはSAKURAさんに会えただけでも充分満足でしたが、ライブのゆったりとした雰囲気に癒されることが出来ました。やはりライブ(生)にかなうものはありませんね。ライブ後にいちばん前の座席に行ってみたのですが、ステージがものすごく近くに感じられました。あまり近いと目があわせられないし、だいいちメモが取れません。後方でじゅうぶんですっ!

「LIVE WONDER」と言いつつ、ANGELの曲も含めSAKURAさんの代表曲が多く演奏されましたね。前回が「LIVE ANGEL」というタイトルで、すでにANGEL終了後だったのでしかたないかも知れません。

2004年初には次のライブも予定されています。物理的に難しいかも知れませんが、なんとか会員1期(半年)に1回はライブが体験できるように取り計らっていただきたいものです>関係者のみなさま。

LIVE後

はぴごオフ会(後半)は気がつけば参加者が10名以上に増えるといううれしい悲鳴(参加者なので他人事・笑)。新宿へ移動してカラオケ大会となったのでした。名前が覚えきれないのでみなさんに一筆書いていただきました。すいません。でも選曲が坂本真綾さんや堀江由衣さんばっかというのはいかがなものか>自分。

若干早めに退出させていただいて帰宅したのは23時過ぎ。ビールたった2杯なのに、起きた時とてものどが渇いたのでした。