声優Waveイベント・もっちー&なっちゃんスペシャル 2005年3月12日 板橋区立文化会館小ホール

それは突然に

イベントの告知がなされたのが開催のわずか3週間前。チケット発売が2週間前という慌しいスケジュールでした。急遽決まったのでしょうか。なっちゃん(桑谷夏子さん)のトークが聴けるのも久しぶりですが、それ以上にもっちー(望月久代さん)がファンに直接姿を現すのは(たぶん去年のわるQ以来)1年ぶりになります。一体何が起こるのでしょうか。そんな余計な不安を抱えつつイベント当日を迎えました。10日前から引いている風邪がまだ治らない中、マスクをしたままで会場に向かいました。
開場時刻頃に到着したのですが、既に100人以上が会場前で群れ、一見して異様な集団だとわかります。チケット確認時に黄色いアンケート用紙を受け取り、カメラチェックされることもなく小ホールへ。


イベント本編

ステージ上には会議室用テーブルと2脚のイスが置かれ、ステージ下(右手)にはビデオカメラとOHPがセッティングされていました。小ホールの定員は約300ですが、私の座席は真ん中辺のG-17。まずまずの場所です。会場内を見渡すと、ほとんどが♂ばっか。♂:♀比は100:1ぐらい。

アンケートの内容は『2人に伝えたい普通のお便りを書いてください』『2人への質問や相談したいことを書いてください』の2題。・・・ありきたりな質問なのでかえって書きにくい。難問に苦しみながらも回答して開演時間を待ちました。

オープニング(17:04)

開演のブザーが鳴り司会のスズキさんが登場。一通りの前説の後、なっちゃん&もっちーの登場!なっちゃんはなぜか帽子を被り、薄いピンク色のパーカー。もっちーはツインテールに黒の衣装でした。この寒い中、短いスカートでご苦労様です。

司会「声優Waveでは以前『天使の季節』でラジオやってましたね。それ以来・・」観客から『バスツアー!』の声。なっちゃんは声優Wave初参加だとか。

司会「よろしくお願いします。」なっちゃん「とんでもございませんことよ。」
なっちゃん「(ラジオなどの企画ではあったけど)2人で何の縛りもなくやるのは初めてです」なぜか縛りで反応する観客。
司会「何を言っても大丈夫ですから。毒を吐いていってください。

もっちーは2人で会ったのも久しぶりだとかいう話を。
もっちー「かわいらしいお姿が見れて~」自分に対して言ってほしい言葉なのでは?
あまりにぎこちないほめ合いに「何か仲良くないみたい」
司会「さっき楽屋では全然会話してなかったみたいですよ。」
なっちゃん「黒い会話が。。。」いや、本当は普通に盛り上がってたみたいです。

キーワードトーク(17:08)

2人がイスに座り、テーブルにはハンズで買ったらしい『HAPPY BOX』などと書かれたくじ引きの箱が持ち込まれました。
なっちゃん「箱の中にキーワードが入っているらしい」
もっちー「らしいですね」把握できてるのか、もっちー

ホワイトデー
なっちゃん「どうよ」
もっちー「語るほどないね」「いただいたことないです。」観客の中からブーイング!
なっちゃん「この中に上げた人いるよ!?」
もっちー「小学校の時に手作りしてあげたのに、1個ももらえなかった。」
なっちゃん「それ聞いたことある!もっちーかわいそうな子だよ。気持ちが重過ぎて逆に返してもらえなかったのでは、とかいう話。
もっちー「なっちゃんはどうなの?」
なっちゃん「あたしもねーなっ!」「もらうぐらいならここにいねーよ!」みんなと一緒の方が楽しいから、とか心にもない(?)発言。
ほめ殺し。あなたの○○は絶対にスゴイ!
もっちー「なっちゃんはね、考えなしに、毒を吐くこと全然ほめ言葉になってないし。考えてないからすごいんだとか。
なっちゃん「あ、ありがとう」戸惑い気味
なっちゃん「もっちーはすべてがすごい。日本語言えてないし。ほんとに日本語下手だよね。マネージャーも失笑するほどだけど、そこがもっちーっぽいんだとか。
「普通の会話でも噛むんですよ、この子は。今日それを目の当たりにしてもっちーが帰ってきたんだなって実感した。
もっちーorなっちゃんに言われた忘れられない一言
「・・・」「・・・」しばし考え込み無言になる2人。
なっちゃん「じゃ、次行こう!」
今までナイショにしていたことを懺悔
この質問でなぜか一瞬緊張する観客。お互い秘密にしていることは何もないとか。
なっちゃん「聞きたくないことまで聞かされる」
お互いの意外な一面は?
もっちー「なっちゃんはこう見えても料理は上手よ」
なっちゃん「それはもっちーが相手だからうまいことになってる。」「テレビとかでレシピ見りゃ誰でも出来るんだよ、普通は!
なっちゃん「もっちーはこう見えても強い!やたら手が飛ぶ家族や中学時代の友だちにも容赦ないとか。でも女には手を上げないらしい。
「こわいもん。男じゃなくてよかった」
自慢しよう!私の方が絶対○○だ!
もっちー「私の方が絶対ちっちゃい!」
なっちゃん「1、2ミリの争いだけどな。っていうか、それ自慢なの!?」
なっちゃん「もっちー大人だなって思ったね。自分、心が狭い。」心が狭いことが自慢らしい
初めて会った時に印象は?
今まで散々既出の話題だが。。。
もっちー「(なっちゃんは)お人形さんみたいだった。」要するにネコ被ってたんだな
なっちゃん「小学生かと思った。」
かかずゆみさんも同じように思っていて、同い年だと聞かされて『うそだーー!』と。今でも小学生みたいに思うとか。待ち合わせの時、覚悟してても「あそこにいる小さい子は・・もっちーだ!」みたいに小さい。
なっちゃん「年取ってもっちーの顔にシワとか出るのを見るのイヤだから。プリプリのままのもっちーでいて!
お互いに相手を自己紹介~良い所&悪い所
なっちゃん「散々言ってきたよね!よって終わり!」
もっちー「いい子ですよ。でも毒吐きますよ
なっちゃん「普通の子じゃん?」観客から『えー?』「(もっちーに)悪いところはないですよ。」

2人でバーチャルラジオ(17:23)

イベント前にとったアンケートを元に今日だけのバーチャルラジオが実現。コーナー説明の時だけ登場する司会のスズキさんに
なっちゃん「スズキさん仕事してないよね」

(2人で)「望月久代と?桑谷夏子の、声優Waveラジオ!」
「公録みたい」となっちゃん。
「わたしたちと一緒にランランしよ♡」どっかで聞いたせりふだ 次いでふつおたコーナー。

『どっちが雨女ですか?』
なっちゃん「どっち?・・・(観客の反応に)わかってんじゃん。」明らかにもっちーは雨女。
なっちゃんは今朝カーテンを開けて、晴れでも雨でもない天気に「ビミョー」と思ったとか。これももっちーのせい。
某Pritsの時は(水樹)奈々ちゃんが晴れ女(小林)由美子ちゃんが雨女でバランスが取れていたが、その奈々ちゃんに「もっちーすごい!」と言わしめるほどの雨女らしい。
『最近の2人は?』
会うことはないが、電話では定期的に連絡を取っていて、2時間ぐらいの長電話になるとか。昨日も電話してて、なっちゃんは衣装に気合入れようと思ったのに、もっちーは『普段着でいいんじゃない?』と一言。
もっちー「やる気はあるんだけど、服がないの!
なっちゃんは今日スタッフに『荷物それだけですか?』と聞かれる始末。んで、今日の衣装はパーカーになったとか。
『2人でユニット組んでください。』
なっちゃん「いいこと言った!」「前々から言ってるのに誰も聞いちゃくんねーんだよ。大人の利権が絡むから。」
もっちー「やりたいこといっぱいあるよね。」
なっちゃん「あったよね」過去形!?
なっちゃん「イベントはあっさりと実現したね。」
今日のイベントの感想は面白くなくても面白い!って言えば次につながるそうです。(面白かったですよ!もちろん)
『3、4月は別れの季節ですが、卒業式などで泣いたことは?』
もっちー「泣いたことないんだよねー。なっちゃんはあるの?」
なっちゃん「あるよ。」
もっちー「泣けるの!?」観客爆笑
なっちゃん「ふいんき(ママ)に弱いんだよね。」
周りが泣いていると泣かなくてはいけない気分に。仕事柄泣かなくてはいけないときもあるが、そのときは、脳内で身内を殺していくのだとか。おじいちゃんやおばあちゃん(健在)がその犠牲に・・
もっちー「泣ける人がうらやましい」
なっちゃん「もっちーは泣けない人ってことで。」
『人生に疲れました』
もっちーの癒しの相手はネコ。最近新しい子ネコを飼い始めて、なっちゃんにもメールで送ったのだとか。その内容が
「ほんっとにいい子!もうロロいらないぐらい。
一方のなっちゃんは「癒し・・・ないな。
観客から『買い物は?』に反応して「買い物しすぎて凹んだ。確定申告で戻ってこないと大変。
『茨城からこのイベントのために来ました!』
遠い所からわざわざ~と2人が言っていると観客からまだまだの声。『秋田!』『北海道!』『大阪!』など関東以外からもたくさん参加。
「こういう方たちがいるから~~」と一応感謝してみせるなっちゃん。ガクトファンだけどイベントに行くほどではないので。別に(イベンターのお前らを)けなしてなんかないよ!と一応フォロー。

バーチャルラジオは無事終わり。「いつかまた別の番組で!」
しかし聞き逃しませんでした。最後に「はぁ」とため息つくなっちゃんを。

対決!いい女になるぞ!(17:41)

もっちー「お嫁さんにしたい声優No.1(自称)としてがんばんなくちゃ」
なっちゃん「いろいろ知ってるから嫁にはしたくねーな。」

いい女のセリフ対決

最初の対決は『いい女のセリフ対決』さっきと同じ、キーワードが入った箱が登場。

最初のセリフの紙を引くなっちゃん。その紙を見て「・・・・えぇ。」固まって苦笑い。
『やさしい男は信用できない。優の字は百を愛すると書くから』
意味がわからず一瞬固まる2人。そして
なっちゃん「このコーナー痛々しいね。」

『引っ越しおめでとう。私の心の中にね♡』

あまりの痛さに、「やりゃいいんだろ!」とキレ出すなっちゃん。
『口紅ありがとう。少しずつ返してあげるね。』
言えたらカッコいいんだろうけど「いえねーな。」

『送ってくれなくていいよ。もう帰らないから。』
あまりのクサイセリフに「うらやましいよね、こういう脳みそ」と全方位毒吐きなっちゃん

『へー、車買ったんだ。あなたの助手席一生予約ね♡』
あまりにバカバカしいセリフだけどマンガ見ていいなーと思うんだろうな、となっちゃん。司会の鈴木さんが車好きであることが発覚して
司会「助手席はありません。サーキット走ってますから。」
感心して、なっちゃん「今までバカにして悪かったよ。」今まではバカにしてたらしい。

『好きじゃないよ。大好きだよ!』
もっちー「さむいよー!」

脳内で爆発しているスタッフの様子が想像できた所で、対決はドローで終わり。っていうかこれ対決だったんだ。

いい女のお絵かき対決

対決第2弾は『いい女は絵が似合う対決!』2人でイラストを描いて対決。
なっちゃん「私最近こんなんばっかやってるよ。」

最初のお題は『相手の似顔絵』。2人の前にはスケッチブック(A4かB4サイズ)が用意され、マーカーでお絵かき。

なっちゃんが描いたもっちーは人差し指が立ってるヤンキーもっちー。『洗濯バサミで高くした鼻』とか『気合入ってるマユ』とか『気合入ってるピアス』とかの説明書きつき。目が青い。マユが薄くて消えそうとか、なっちゃんは小心者なのでピアスの穴は開けられないとか。

注目のもっちーは、今まさに右横にいるなっちゃんの横顔をそのまま描いたもの。なぜか口を開けているなっちゃん。ピカソ並の前衛芸術でした。

お題第2弾は『幸せを絵に描くとどうなる?』

既になっちゃんの性格を見越した観客から「カネー!」と。
なっちゃん「描く前から答えを言わないでほしいんだよね。」

書いている時の会話。もっちー「赤って幸せの色っぽくない?」
なっちゃん「そうか?赤字とかのイメージだけど」やっぱりお金・・・

もっちーが描いた『幸せ』は、画面いっぱいに太陽を描いて周りにハートとかが浮いている感じ。
司会「精神的な幸せのイメージですね。」
対するなっちゃんは期待を裏切らず、『ひゃっほい!!!』と叫び、お札に埋もれるよだれの垂れた自画像。
なっちゃん「キレイ事はいわねーよ!」
司会「物質文明の申し子のような絵ですね。」

2人で朗読コーナー(18:09)

対決は一旦休んで箸休め的なコーナー。テーブルはどかされ、スタンドマイクが用意されましたが、高さが違うのでマイクを交換する2人。一生懸命高さを調節するもっちー。でも声はピンマイクで拾うのでスタンドは「ダミーなんだって。」

一応真面目なコーナー。司会が差し出した何通かの封筒の中から朗読のお題を選びます。
もっちーが最初に引いた御題はアメリカンジョーク。次のなっちゃんは心に響く3行ラブレター。もっちーが次のお題を見て『ムリ!』と断言。なっちゃんが「これが読めればナレーションの仕事とかくるかもよ。」と必死に説得。読めない漢字を一生懸命追いながら相対性理論を読むもっちー。(やっぱり苦しい)

次のなっちゃんは「結婚式のあいさつ」、もっちーは怖い江戸小話、最後になっちゃんは、心に響く3行ラブレター再び。2通ともなっちゃんがラブレターを読んだので『もっちーにも読んでほしい!』との声が。必死に抵抗するもっちー。しかし最後は読まされてました。1回目が適当だったのでブーイングされてやり直し。2度目にはテレ照れになりながら読み通しました。しっかりと脳内録画しときました。

対決コーナー後半~いい女は料理がうまい!(18:23)

今回は難易度を下げてケーキのデコレーション対決。テーブルの前には2つのスポンジケーキと様々な素材。
もっちー「全部使いたい気分」
赤いハーフエプロンを巻く2人。萌え要素が全くないと観客からは抗議の嵐が。

スポンジケーキにヘラを使ってクリームをていねいにならしていくなっちゃん。一方スポンジに直接クリームをこすりつけるもっちー。なっちゃんはケーキ作りの経験があるとか(2、3年やってないけど)。

袋から直接飾り付けのこんぺい糖(?)をケーキに振り掛ける豪快なもっちー。黙々と1個ずつ飾り付け作業を進めるなっちゃん。ヘラを見つけて「これなに?」と不思議がるもっちー。つまみ食いしてごまかすもっちー。寂しいケーキの側面(スポンジ丸見え)を見て強引にクリームを周りににゅる~っと搾り出すもっちー。早く終わってウェットティッシュでテーブルの掃除を始めるもっちー。「こういうのを見てると何でもっちーが私の友だちなんだろう」と疑問に思うなっちゃん。

ついに完成。なっちゃんのケーキには『LOVE』とかハートなどが描かれています。対するもっちーはチョコプレートに『スキ♡』とか描かれ、見た目には非常に豪華。なっちゃんは「脳内では彼氏にあげるつもりで」ケーキを作ったとか。

チケットの半券が入った箱で毒見味見をする人2名+2名を抽選。なっちゃん組の2人は無難なコメント。もっちー組の2人はおいしさのあまり(?)言葉にならないほどでした。

結局この対決も引き分け。次回の勝負はドームで!「お金あるの?」心配するもっちー

エンディング(18:54)

もっちーの有様を見たなっちゃんが「ウワサには聞いていたけど、目の当たりにすると・・・」大層驚いたご様子。「もっちーの彼にはなりたくない」

2人の活動情報を告知。なっちゃんはネギま!やら何やらの告知。注目のもっちーは「もろもろがんばっていきたいと思います。」とざっくりなコメントをして終了。

2人が退場して終わりかと思ったら、アンコール!程なくしてエプロンを外した2人が再登場。なっちゃんが台本に『アンコール』と書いてあったのを見て「え?アンコールってやるの?」と思ったとか。『歌って!』の観客の声には「権利関係とかあるから」と一蹴。もっちーの独創的っぷりに感動した所でイベント終了。お疲れ様でした。(19:04)

雑感

あまり派手な内容ではありませんでしたが、久々にお2人のトークが聞けたという点では満足。でも、できれば1曲ぐらいは歌ってほしかったなぁと。細かい注文をつけるなら、ケーキを毒見した人とは握手ぐらいさせてあげてもよかったのでは。あとイラストは会場にきてる人へプレゼントしてほしかった。お2人以外ではスタッフのお姉さんにも注目ですた。

そして、最後に強調。またなっちゃん&もっちーでイベントやってください!