BROCCOLI THE LIVE in横浜アリーナ(2002年10月27日)

つくまで

1週間前、チケぴの店員にけげんな表情をされながら(笑)チケットを取って出かけましたよ。ウチからだと2時間以上かかるために、検索で電車の経路や時間を何度も調べなおして万全を期しました。23時からはいろいろ録るラジオがあったのでなんとしてもそれまでに帰宅できるように。

経路は(最寄り駅)→池袋→(山手線)→渋谷→(東横線)→菊名→(横浜線)→新横浜。
横浜アリーナへは10年ぐらい昔に出かけたことがあるのですが、そのときは東横線を使わずJRだけだったような気がします。しかし、検索の結果東横線経由の方が早いらしいということで今回の経路になったものです。

帰りはどこにも寄らずサッと帰るので行きのうちに夕食も新横浜で買おうとしたのですが、なんと、コンビニがない。1店だけマックがあったのでそこで仕入れることに。2つ買って140円は安かった。後ろの人も驚くほど。

目標は

会場ではあまりグッズにも興味がないので1点だけ目標を決めました。それは「コゲとんぼ&かなん原画展」。
意外に枚数が多く、一巡するのに20分ほど要しましたがなかなか堪能できました。4コママンガはコピー用紙の切れ端に書いたようなものや、コピーしたものに色ペンで書いたものなど、意表をつくものがたくさん(笑)。かなりぞんざいに扱われているんだなぁ、と妙な感心。「にょ」関係のカラー原稿はCG製作が多く、直筆モノが見れなかったのは残念。もっともCD-RやMOを見せられてもしょうがないですけど。元の線画は直筆のはずなのでそれを展示してくれてもよかったのに。

「G.A.」関係は直筆の水彩原稿もたくさん。どうしても筆跡とかホワイトの使い方とか技術的な面に目が向いてしまいます。ただ、人が多かったために立ち止まることができず1点の絵をじっくり見れなかったのは不満。

いったん見終わって会場を1周するも、何にも買わないのもどうかと思い、パンフがわりと安かったので(1000円)買ってしまった・・・ついでに「ゲマまん」も(超爆)

イベント開始まで少し時間があったのでまた原画展を見に。そうこうしているうちにギリギリになって周りにはほとんど人がいなくなってしまいました(汗)

ところで、パンフで原稿を見ると色の感じがけっこう違います。なのでイベントの休憩時間にもさっきの不満解消も兼ねまた見に行ってしまいました。結局計3回もまわってしまった次第(爆)


ライブは

コンサートでの最大の問題はおそらく知っている曲は半分に満たないであろう(爆)こと。なのでコンサートのメモは取らないつもりだったのですが、やはりクセで途中から取ってしまいました。ちなみにコンサートで演奏されたうち、CDで持っている曲が1曲だけありました。

かなり大ざっぱですが例によって時刻表で(敬称略)。後半になるほど詳しくなってます。

以下、ライブのタイムテーブル。時刻は時:分ですが、概略です。

15:40
オープニングアクト(いわゆる前座)G.G.F.登場、社長あいさつ。
**:**
オープニング。ぴたテン(Funta)、ギャラクシーエンジェルのステージ。
17:10
飯島真理ライブ。前日にL.A.から駆けつける。
17:32
休憩・・この時間に原画展を見に行く。
17:49
高橋洋子ライブ。ブロッコリーに移籍したことを公表。
18:14
ぴたぴたエンジェル。番組のノリでまったりと。
18:22
P.K.O.ライブ。うしろからも「とりさまぁ~~!」の声が。
18:59
D.U.P.ライブ。やはりメインっぽい。
19:16
真田アサミソロパート。メドレーで。
19:26
真田・氷上新曲。
19:30
氷上恭子・沢城みゆきソロで。
19:40
ぱにょぱにょ~榎本温子、ブキミコンビ
19:56
D.U.P.再登場
20:13
バンドメンバー紹介~20:20終演
20:23
アンコール、ブロッコリー新CM、社長あいさつ。ラストナンバー
20:42
最終演

見たところ、会場はSS席以上でほぼ満席、S席(私がいた)は7~8割、A席は5割、B席(最後方)は3割程度だったでしょうか。前回を上回る8000人以上が参加したとのこと。

オープニングから会場は沸きっぱなしで、過去の経験から最初押さえ気味だった私はひどく心配しました。中にはペンライトを飛ばしたり、背もたれに足をかけたりする人も・・。最初暴れまくっていた人も最後の方ではすっかりおとなしく(笑)。また、ペンライトが最後の方では輝きを失っていたのが5時間のイベントの長さを物語っていました。

さて、ライブを通してのキーワードは「坂本先生」こと坂本裕介さん。G.A.の曲を手がけたり、高橋洋子さんの移籍のきっかけになったり、いろんなところに顔を出しています。

オープニングとエンディングに木谷社長が登場するあたりは、さすがほかのライブと一味違うな、と思わせるに充分でした。

前述のとおり、急いで帰宅しなければならなかったので20時42分の終演と同時にダッシュで会場を後にしました。その甲斐あってまさに目標帰宅時間の23時5分前に無事到着、翌日はそのダッシュのために足が筋肉痛でやられたのでした。

次回は大宮ソニックシティーで2003年5月5日に開催されるとのこと。収容人員は今回に比べかなり少ないので即時完売は必至でしょう。近場なのでぜひ参加したいのですが。その前に休み取れるかが心配だ・・。

参考リンク