キャラコンイベントレポ (2002年3月30日)

2002年3月に東京ビッグサイトで開催された「キャラクターエンターテインメントコンベンション」に出かけたときの日記みたいなものです(おいおい)
もとはといえば、なんとなく応募ハガキを出したラジオ「シスタープリンセス」の公録の案内がきたため出かけることにしたものです。
でも、アニメも見てない、ゲームもやってない自分が行ってよいものかどうか??

国際展示場まで(おまけ)

前日の花見がたたって起きるのが遅くなり、体内に薬物(笑)が残るというローテンションの状態で家を出ました。
事前にどのくらい時間がかかるかあまり考えなかったので、10時40分の集合時間に確実に遅れそうに・・・。
ところが会場の国際展示場の前では数百メートルはありそうな長蛇の列!どう考えても間に合わない・・と思いきや
「イベント整理券(ハガキ)を持っている人は優先的に入れる」とのこと。
ちょっと優越感を味わいつつ(笑)会場内へ入ると結局公録参加者の長い列に並ぶことに。数千人はいたでしょうか。
集合から開演まで90分もあるのが長すぎる!と思っていましたがこれなら納得せざるを得ません。


ラジオ・「シスタープリンセス」公録

基本的には完パケの形で収録されたので、イベント内容についてはオンエアで確認していただくことにして、
ラジオではわからない様子について書いてみようと思います。

12時00分・入場
観客・イベントスペースに入場。私はだいぶ後ろの方でした(背面から3分の1ぐらい、やや右より)
12時06分・前説
おたさんが登場・いろいろと注意事項の能書き。「撮影・録音はダメ、心のハードディスクに焼き付けろ!」とありがたいお言葉
12時09分・オープニング
オープニング・舞台右手から3人が登場。左から水樹奈々さん、桑谷夏子さん、望月久代さんがバックの大画面(幅約10メートル?)の前に並ぶ。
3人とも右手に黒いマイク、左手にはA4サイズで10枚ほどのバラの台本(進行表)を手にしています。
水樹さんはノースリーブの白いレース柄(?)の衣装で、ピンクのマニキュア。
桑谷さんは丸エリの白シャツで黒のスカート(?・よく見えない)
望月さんは後ほどのコーナーで紹介するオレンジのサンバイザー(グッズ)をかぶっていました。
CM明け・放送メイン
CMの間に3人が大画面の左右2箇所に用意されたテーブルを前に着席。
テーブルは大画面の両脇(左右)に用意され、
画面左手のテーブルに水樹さんひとり、右手に桑谷さん、望月さんが座ったため、
必然的に水樹さんが仲間はずれに(笑)
テーブルには白いテーブルクロス(単なる布)が敷かれ、マイクスタンドとストローのささったミネラルウォーター(Vorvic)のペットボトルが用意されていました。
番組最後には桑谷さんの水が一番減っていました(笑)
その他・気づいたこと・・・・水樹さんの読むハガキは角(切手のあるところ)が折られて(あるいは切り取られて)いました
また、台本の端が折られているのもありました(クセなのかな?)。

中盤のCMで、桑谷さん&望月さんがなにか話をしていましたが、内容はもちろんわかりません
番組継続で、2つの新コーナーの紹介。
告知のコーナーでは、CM中にスタッフが用意したグッズの紹介。
丸いポーチ(かばん?)から桑谷さんが名刺入れなどのグッズを紹介。望月さんはオレンジのTシャツなどを手にとって紹介。
そして・・・左手を上げて「○○ブースへGO!GO!」(笑)
12時32分~SAKURA REVOLUTIONのプロモ
期せずして観客から手拍子が。
CM&エンディング
パーソナリティー3人が立ち上がって画面の前に並び、お別れのあいさつ。
公録終了

「Radio B」イベント

じつはこのイベントは参加整理券を持っていなかったのですが、ちょっとのぞいてみました。
「シスプリ」のときより観客が少なく(笑)そのときよりも前のポジションで見ることが出来ました。

メモはとらなかったので、簡単に記憶だけをたどってみると・・・
以前の放送で話題の「ラーメン汁でごはんを炊く」を実践。
ステージには電器釜が持ち込まれ、中にはしょう油味のスープで炊かれた3合のごはんが。ほんとに湯気が立っています。そして色は焼きそば並に茶色い・・・!
3人の観客にも振舞われ、まずまず好評でしたが、以前食べたことのあるパーソナリティーたちは「前の方がおいしい」「ちょっとやわらかい」などと今ひとつの評判。
ゲーム「.hack」の生アフレコでは、ウィルス役の浅野真澄さんに「ドラえもん」風に演じろ、と無茶苦茶な指令。
ゲストの川澄綾子さんとアドリブを利かせていました。
番組終了したのになぜイベント?という問いには
4月からは「すみすみナイト」で新番組に引き継がれる、というオチ。
ところでこのイベントはオンエアされないのでしょうか??


会場にて

この種のイベントでおもしろいのが人間観察です。
やっぱ男ばっか。とくにシスプリ公録ではその割合は99%以上!女の人は探してもほとんど視野に入らないぐらい少ない。
そしてふつう街を歩いている人たちに比べ、茶髪の割合が少ない!ファッションも総じて地味。
こういう場にいると「ああ、同類だな」と思ったりするのです(爆)。
会場ではコスプレの人も少々いましたが、いちばんすごかったのが親子連れで子どもたちに「にょ」「にゅ」系のかぶりものをさせている家族でした。写真に撮りたかった・・・
パソコンの接続端子や、ミント耳を装着している人を私は初めて見ましたよっ。さすがにあれはどうかと思うよ

イベントに来たもうひとつの目的が、ブツの受け渡し。
オフ会以来2週間ぶりにサクラひろさんにお会いしました。
(やや年寄りくさく)世の中は実に便利になったもので、携帯で連絡をとりあい、試行錯誤しながらも無事コンタクトを取ることができました。
ブツありがとう~。でもまだ見てないのね(2002年4月7日現在)
世間話でオグマさんも来ていることを知り、さっそく連絡をとり待ち合わせしました。
やはり「にょ」イベントにかけているそうで、並んでいる所を呼び出してしまいました。
さすがきょうちゃんファンの鑑です(まあ、いろいろと)
もっちーを目撃するというおまけもありました。
オグマさんの相方にお会いできなかったのが残念(笑)


ブロッコリーイベント

このイベントは17時過ぎの開催で、その前に帰る予定だった私は見るつもりはなかったのですが、結局19時の最後のライブまで見てしまいました(笑)
したがってメモはなし。ものすごく簡略化してお送りします。
サブタイトルはパンフに掲載されているスケジュール表のままです

アクエリアンエイジ・ライブ

まずは氷上恭子さんと高橋美佳子さんが司会として登場。
アニメのエンディング、オープニングテーマのミニライブが行われました。
オープニングテーマのSe Yunさんはこのライブのために来日したとのこと。
・・・にしても、あの曲をほんとに三重野瞳さんが作詞したのか(笑)

ぴたテン放映直前ライヴ"がんばるっス"

おもな出演の田村ゆかりさん、沢城みゆきさん、ゆかなさん、斎賀みつきさん、くまいもとこさんが登場。
くまいさんははじめ少女声で登場するも、『キャラクターが違う』と突っ込まれて少年声に見事にチェンジ!
ユニット「Funta」によるオープニングテーマのミニライブも。
田村さんと沢城さんによる、生アフレコでは、
数分間で、2人とも一度もノーミスで見事に演じきる。
とくに沢城さんが(湖太郎の)少年の声で演じていたのには、立ちっぱなしの疲れを忘れて引き込まれてしまいました。
とても「にゅ」と言っている人と同じとは思えません。
そういえば「ココロ~」のいいな役でも、知っているのに沢城さんだとは思えなかったし・・・、
この人、将来ものすごい大物になるかも。

絶対無敵!エンジェル隊

出演者は、新谷良子さん、山口真弓さん、かないみかさん、そしてどっかで見た田村ゆかりさん、沢城みゆきさん。
「スタジオでいちばんテンションが高かったのは」新谷さんと田村さんだそうで、入り口の遠くからでも、そのしゃべり声で2人の存在がわかったとか。
アフレコスタジオでのはやりのあいさつは「おっ!」。
こんな2人がパーソナリティーの新番組が「ぴたぴたエンジェル」です。
アニメテーマ曲2曲を披露。

GGF審査発表

木谷社長とドン・マッコウTWO FIVE社長が登場。
「これ以上ブロッコリーの店舗をつぶさないために」(笑)各店舗にガーディアンエンジェルをつけることになったと説明。前日までホテルや喫茶店で一生懸命考えた結果を発表。
そして、選ばれた各店のエンジェルたちが自己紹介をするのだが・・
最初にあいさつをした池袋店の「アレキサンドライト」さん。ものすごく緊張していたらしく名前を間違えてしまう・・・。必死に謝っていましたが噛むような長い名前を付ける方が悪い!と思ったのは私だけではないはずです。
通称「アレク」ってどっかのエセ教団みたいだ(爆)。

デ・ジ・キャラット&P・K・O

まずはP・K・Oの3人が登場。2曲を披露し会場は一気に盛り上がります。
そして、トリはやはりD・U・Pの3人。最後にしてやっと真田さんを拝めました(笑)
・・・この辺になると盛り上がりと疲労といろいろ混ざってほとんど記憶にございません(爆)
でも感激でした。

終了は19時過ぎ、すっかり外は暗くなり、予定していた買い物などはできずじまい。
・・・・最後はこんなに手抜きでいいのか?