林原めぐみのHeartful Station2004年3月21日[#651]

メニュー

オープニング・雑音リスナー
▽ホワイトデー保志さんはなにした? ▽達観した文字、でも17歳
フリートーク
▽さみしそうな字で内容も・・・ ▽異性に求めるものはお金? ▽保志様の好みは&ポイントは
♪With Determined Passion/麻倉葉
二人の気持ち、プラスアルファ
▽歌シリーズ・ほっちゃんは・ホッシーは
▽牛とガンダムの武器とチワワ ▽清潔総一朗 ▽なぜ今日?
お月様にほえほえ~
▽一番すごい言葉は
お鍋の中身
▽1か月分の給料が ▽おでんのアドバイス
遊星セガワールド
▽保志さんの声が聞こえなくなる ▽休みに入った時が見もの
♪不羈独立/ハオ
めぐみアイランド・ゲスト堀江由衣
▽めぐっちとゆいゆいはどちらが強い ▽妊婦なので体が持たない ▽あんまり変わってない17歳?? ▽メイキングの方がイキイキ ▽山田さんからキツく? ▽全ボツ大歓迎なのに
♪恋心/堀江由衣
▽すごい豪華な作曲陣
エンディング

▽堀江由衣さんがゲスト出演された部分のみをテキスト化しました。
▽めぐっちVSゆいゆいの戦いは「堀江由衣の天使のたまご」#53参照。
▽山田さんにきつく言うほっちゃんはぜひ見てみたい。
▽『MEGUMI先生も作詞』・・日向めぐみ先生にも書いてほしかった(笑

このページで表記の間違いなどを発見された場合は、管理人までご連絡ください。


テキスト本文

めぐみアイランド!

林原▼
めぐみアイランド!
めぐっち▼
めぐっち夕べね?保志▼いきなりだよ!)興奮して眠れなかったの、うれしいの~堀江▼ふふふ)!親友だよ~!保志▼眠れなかったの?寝不足なの?ゆいゆいです!≪パチパチパチ・・・≫
ゆいゆい▼
こんにちは~!堀江由衣で~す。
保志▼
え?ゆいゆい?ゆいゆい?
めぐっち▼
ゆいゆいなの。ゆいゆいとあたしすごい仲良し
保志▼
堀江由衣とは違うの?
めぐっち▼
違う。ち、違うんですか?
ゆいゆい▼
あ、違いますね~。
めぐっち▼
あ!違うんですか!?ゆいゆいと堀江由衣さんって違うんですか?保志▼違うんだ)
ゆいゆい▼
違います林原▼ちなみに・・・)
保志▼
林原さんとめぐっちも違う。
めぐっち▼
あ~なるほどね。ちなみにゆいゆいからみた堀江由衣さんってどんな感じなんですか?
ゆいゆい▼
ん~保志▼はは!前のめり)まだまだかなぁ~保志▼あははは!)
めぐっち▼
まだまだ?
保志▼
まだまだ!?まだまだ!
ゆいゆい▼
ふっふふふふ!
めぐっち▼
どのあたりが、え?え?どのあたりがまだまだなんですか?
ゆいゆい▼
まだまだ甘いよね、あの子。
保志▼
お?あの子呼ばわりだよ!
めぐっち▼
あの子呼ばわりですよ。
保志▼
すごいです!え?ゆいゆいの方がアレ?若い感じ?
めぐっち▼
ゆいゆいの方が保志▼上?あの~、ちょっと・・・・ゆいゆいの方が年上だよ!あたし。確か。あ、でもタメかな?・・・歳のこと聞かないでください。
保志▼
ゴメンゴメン。
めぐっち▼
ひどいな、保志さん保志▼あははは!)
愛知県のペンネームアスカガラスさんからいただきました~。
「実はずっと気になっていたことがあるのですが、質問してもいいですか。」いいですよ?保志▼あはは)
「ダメでもさせていただきますっ。」いいですよ?堀江▼お?)
「めぐっちとゆいゆいは、どちらが強いんですか。」
堀江▼
あはははは!
保志▼
おっと!
めぐっち▼
「ちなみにこの質問は保志さんに答えてもらいます。」堀江▼あははは!)
保志▼
オレかいっ!
めぐっち▼
「保志さんの発言でもし保志さんが痛手を負ってしまっても、一切責任」・・痛手。意味がわかりませんね保志▼あはは)「責任は取れません。」保志▼痛手負うようなことなのかな)
ということなんですけど。強いのはどっち?
保志▼
わかんな・・・え?ゆいゆいも初対面だからね。
ゆいゆい▼
あれ?そうでしたっけ。
保志▼
これから見ないと。
めぐっち▼
これから見ていかないと保志▼そうそう)。ゆいゆいね、意外と人に振るんですよ。自分が答えられないと堀江▼あはははは!)
保志▼
マジですか?
めぐっち▼
うん。その辺が見習わなくちゃって保志▼うまい!うまいな)思うんですけど。ふんふん。
保志▼
見習うんだ
めぐっち▼
みたいな。あの、そろそろ体が痛くなってきたので、
ゆいゆい▼
へ!?もう?めぐっち。
めぐっち▼
≪ゲホゲホ!≫
保志▼
ちょっと持たなくなってきてる、あははは!
林原▼
なにぶん妊婦なもんで
保志▼
あれ?ははは。
堀江▼
あ、戻ってきた。
林原▼
戻ってきた保志▼あ、帰った)。あ~。疲れちゃう、本当に。
保志&堀江▼
あははは!
林原▼
ということで、堀江由衣さんです保志▼体に良くないらしい)
堀江▼
はい。よろしくお願いします。
林原▼
ほんとに出てって、出てってってこの人っ感じなんですけど。まあまあまあまあ≪トントン!≫堀江▼はい)。今日来ていただいたのは、もう本当に首を長くして待っていたというか。1回ね、だってゲストに来ますとか言ったらなんかスケ調が合わなくて保志▼そうそうそう)やっと来て堀江▼はあ、すいません)いただけたのですが
堀江▼
はい。
林原▼
4月の28日に堀江▼はい)ニューアルバム『楽園』堀江▼はい)
保志▼
お、楽園。
林原▼
そしてP.V.集『CLIPS1』堀江▼ほい)。これ知ってんの、これ。すごいの。
保志▼
なんで知ってんの。
林原▼
すごいの。
保志▼
なんでもう知ってんですか。
林原▼
P.V.がね、8曲入ってるから。
堀江▼
あははは!すごい情報通。
保志▼
そんなに?
林原▼
ね?そう、8曲も入ってるの保志▼けっこう多いですね)
堀江▼
8曲ぐらい。はい。
林原▼
すんごいよね。いや、そんだけでも、ね?シングル切ってきたっていうのも
堀江▼
そうなんです。あとアルバムでも1曲ずつ撮ってて林原▼あっそっか。)けっこう取りだめてるのがあるので。
林原▼
どうですか?この自分の・・・ま、でもアレだけど。一応アルバム的には4枚目?
堀江▼
はい。です。
林原▼
であの、ちょっと自分の前を振り返ってみて堀江▼はい)どんなですか。
堀江▼
あたし、あんまり変わってないなっと思って保志▼変わってない)ふっふっふっふ・・・
林原▼
自慢?これ。自慢?堀江▼あははは!)
保志▼
どっちなんですかね林原▼自慢?)
堀江▼
ゆいゆいあんま変わんない。
林原&保志▼
はっはっは!
林原▼
年取らないってこと言いたいわけ?保志▼あ~)
堀江▼
永遠の17歳みたいな。
保志▼
17歳なんですかっ。
林原▼
ふざけるな?≪ペシッ!≫そこで
林原&堀江▼
あははは・・・。
林原▼
あんまり変わってない。
堀江▼
あの、出来ないことがずっと出来ないままでいるような気がするみたいな保志▼そっち?)
林原▼
ちなみにどんなあたりが出来ないんですかね。
堀江▼
あの、なんかこうP.V.とかって、みなさんこうなりきるじゃないですか、やっぱり。撮られてる時ってその作品の歌の世界観にどっぷり浸かって、あたしを撮って!みたいな感じがいまだに出来ずに・・・
保志▼
あ~。
林原▼
は~。あたしね、どっぷり浸ってその世界の住人にならないと撮れないのよね。
保志▼
あ、なるほどね。
堀江▼
あ~~なるほど。
林原▼
なんか自分がチラチラすると、あの、こう、逆に恥かしいから、すべて降臨した状態で『林原めぐみさんって誰ですか?』堀江▼あははは!)なんですか?『この傘で人を斬ればいいんですか?』みたいな
保志&堀江▼
あははは!
林原▼
そんな気分にならないと、出来ないんですよ。
堀江▼
あ、なるほど!でもほんとそうだと思います。どっちかなんだろうなと思って。あたしそこになるまでが、すごい出来なくて。
林原▼
アレはどう?あのその・・・アフレコの時とかは。
堀江▼
アフレコは、なんかもう全然林原▼そうでしょ?)役がちゃんとあるものじゃないですか。そこにこう、戻って行けば全然もうOKなんですけど。自分じゃないですか、P.V.とかって林原▼ね~)。そこが全然なんかやっぱり林原▼あ~)出来なくて。
林原▼
なるほど。
堀江▼
こっからここまでほんとに歩いてくださいって言われたら、普通なんかみんなこう役作りながらというか、あたしをこう・・こ、こんな感じ?
林原&保志▼
あっははは!堀江▼みたいなこんな・・・)
林原▼
なんで上から目線なんだ!あんたは。堀江▼うっふっふ!)なんでP.V.撮ってる時そんな上から目線で撮んなきゃいけないんですか!
堀江▼
イメージなんですけど。
林原▼
イメージイメージ!悪いイメージだと思うけど堀江▼ほんとですか?)。いいや、うん。
堀江▼
なんかそうやって歩いてるじゃないですか林原▼うんうん)。なんかこう見上げたりとか浸りながら行くじゃないですか。それが出来なくて、ほんとにそこまで歩いてくだけなんですけど、テクテク。
林原▼
あ~ね?
堀江▼
それがいまだに、あ。変わらない、あたし。
林原▼
『素人っていうしっぽ』が出ちゃってるのね。
保志&堀江▼
ははは・・・
堀江▼
『言われた通り』っていう。
林原▼
『歩きましたけど?』みたいな堀江▼ふふふ!)
保志▼
はははは!なんで恐いんですか、そこ。
林原▼
『だって歩けっていったじゃないですか。』みたいな。
堀江▼
その通りしました!みたいな、なんかそういうのがやっぱ出ちゃう・・
林原▼
でもそれが逆にね?あの、なんですか?由衣ちゃんらしさだったりするんだと思うけどね。
堀江▼
そうなんですかね~。いまだにそれが出来ないな~って
林原▼
たぶんずっと出来ないと思う。
保志&堀江▼
はっはっは!
保志▼
なるほど。
林原▼
そこ、急に、あ。出来るか出来ないかじゃなくて、例えば歌の内容にもよると思いません?なんか、歌とかの歌詞の世界観と自分がすごい、役を演じるみたいな感じにフッてなったら、それはそれで演じるっていう風になるけど。でもなんかこうね?このワンフレーズ笑えって意味がわかりません、みたいな。
堀江▼
そう、そうなんですよ保志▼あ~なるほど)あ、自由・・・あと自由にって言われるのが一番ほんとに保志▼あ~)
林原▼
あ~ね?
堀江▼
困って。撮影とかもそうなんですけど。自由に動いて!っていわれるんですけど『自由に今動きたくないです。』
保志▼
あはは!動きたくないんだ
堀江▼
どうすればいいんだろう、みたいな。けっこうそういうなり切れてないところが、変わってないみたいな、思います。
林原▼
あ~。じゃあ実際こう、本物のP.V.とメイキングの差がないみたいな保志▼あはは!なるほど)
堀江▼
みたいななんか。メイキングの方が何だかちょっとイキイキしてるぐらいの感じなので、はい。
林原▼
んなこたぁないですけど。
堀江▼
メイキングも入りますんで。少し。
林原▼
入るんだよね?
堀江▼
はい。
林原▼
メイキングもね?
堀江▼
そちらも見てほしいです・・はい。
林原▼
ということで。逆に歌はどうですか?
堀江▼
歌は林原▼うん)またそれともちょっと違うじゃないですか。やっぱり、歌の世界観がちゃんとあるので林原▼うんうん)、そこに入っていけばいいので林原▼あ~)それはまた全然いいんですよ。
林原▼
違うんだね。
堀江▼
はい。
林原▼
台本と、たぶん歌詞と楽譜はすごい近いところにあるけど、その、カメラがあるぞ堀江▼あると~)っていうところはなんかこう違う・・・
堀江▼
はい。なんか、あんないっぱい人がいるのに林原▼わかるわかる)、なんでこうひとり風なことを。ひとりでたそがれてる感じ・・一人じゃないよな~
保志▼
一人じゃない!周りいっぱいいるじゃんよ、みたいな。
堀江▼
はい。
林原▼
ああ~。わかるわかる。ま、私もね、なんだかんだ言って逃げ回ってきた人なので
保志&堀江▼
あははは!
林原▼
全くもって上から目線でほっちゃんにものを言ってあげることが出来ないんだけど堀江▼あははは!)とてもよくわかります。でもなんかその、なんでしょうね。なにをどういう歌であっても、そのほっちゃんのなんかこう、らしさみたいなところがチラッチラって見えるから、きっとお客さんも楽しんだろうと思うんですけどね。
堀江▼
あ、そういう意味では、はい。ひひひ・・・。
林原▼
『らしい』堀江▼そういう意味では)『らしい』P.V.集。ぜひ・・・
堀江▼
ってなってると思います。
林原▼
はい。そして『楽園』の方ですが堀江▼はい)こちらはどんな。
堀江▼
楽園はですね、あの~、前回『sky』ってアルバムを作ったんですけど林原▼うん)それと真逆のことがやりたいなと思っていまして。はい。あの~、前回skyは、例えば一人称はけっこうぼくらとかっていう全体的なことを言ってたんですけど。今回女の子のアルバムにしたいなと思って。その女の子が何かを求める気持ち、自分のその核になるもの。なんか女の子ってすごいアレほしい!とかっていうのが、すごい強い思いだったりするじゃないですか。そういう、なんか気持ちの求めるものとか。あの人が好きとかなんでもいいんですけど。それを楽園って捉えて、あの、なんだろうな、すごいそういう、求める気持ちを一番に出したいなと思ったアルバムです。
林原▼
お。すごい!あながち外れてない!保志▼うん)この、この人。
堀江▼
あ、もう、め、MEGUMI先生すばらしいです!
林原▼
[裏声]あ、そうですか。
堀江▼
はい。
林原▼
あの、実はですね堀江▼はい)、某キングレコードの保志▼ふふ)大概、大月さんって人から私にメールが下るんですけど。え~、その右腕なのか右足なのか小指なのかよくわからないんですが堀江▼あははは)山田さんという方がですね保志&堀江▼あははは)、あの~、ま、ぶっちゃけ由衣ちゃんのね?
堀江▼
はい。
林原▼
担当の方から堀江▼はい)『詩書けよ。』
堀江▼
あははは!
保志▼
書けよと!書けよ!
林原▼
『書いてみろよ』堀江▼そんな?そんな?)。人に書いてみな!?みたいな堀江▼あははは)
保志▼
それは一体どういう
林原▼
立ち上がって×バツ出してる、あはははは!
堀江▼
あとできつくゆっときます。
林原&保志▼
あははは!
林原▼
きつくゆっちゃうんだ。≪パチ!パチ!・・・≫
保志▼
言われちゃう。
林原▼
きつく堀江由衣に言われる山田さん。どうなの?そこ堀江▼あははは)。ま、冗談ですけど。なんかその、今まで何枚?3枚?やってきて、そのひとつ堀江由衣というものが確立された・・ひとつね?その、そうじゃない人たちに、係わってない人たちにちょっと何かをやってほしいんですけどっていう風に言われて。で、MEGUMI先生のところに、一応ご依頼が来たわけです。
保志▼
お~
林原▼
シクリ[?]先生を通して。それでぶっちゃけその、誰に書くのも全然いいんだけど、曲を聴いた時にポンって映像が見えないとあたしいつも詩が書けないんですよ堀江▼はい)。それ、例えばOversoulの時でも、Northern lightsの時でも、なんか剣を持ってるヨウくんが見えればOKだったり堀江▼はい)。あとなんかこう、[恐山]アンナちゃんの背中が見えたりとか、その、ま、ほかにも恋文とかね?いろんなそのキャラクターのなんかこう、空見上げてる表情だったりが見えればいいんだけど。その曲を聴いて、なんか降りてくれば書けるよって。じゃ曲聴かせてって言った時に、すごい明るい曲なんだよね。なんか。
堀江▼
そうですね。
林原▼
曲としてはね。
堀江▼
はい。
林原▼
で、曲としては明るくて。だけどなんかそん中に明るいけど、ちょっとあえて明るいメロディーで切ないことを言ってみたいかも保志▼お)、みたいな感じでこういう詩を載せてみました。っていう感じなんですけれども。
堀江▼
はい。
保志▼
なるほど。
林原▼
はい。でね?一応ね?ちゃんと、ちゃんとね?山田さんと裏でね?メールのやり取りをしてね?堀江▼はい)きっとね?林原さんの知り合いのMEGUMIさんが書くということになったら保志▼あはは)ま、ぶっちゃけ私ですけど
保志&堀江▼
あはははは!
林原▼
知り合いも何も。
保志▼
言っちゃった。
林原▼
MEGUMIが書くとしたら堀江由衣ちゃんはビビッて『ここの詩がイヤです』とかきっと言えなくなると思うので保志▼あ~。そうかも知れませんね、絶対あたしが書いたってことはナイショにして
保志▼
あれ?マジで!?
林原▼
そう。本人が目にした時に、あ、これならゆいゆい歌えるかも!ってなった時点でゴーを出せと。
保志▼
あ、なるほど。
林原▼
それで全ボツでもいいから、
保志▼
あはは!全ボツ!堀江▼ふふふふ)つらいっすね、それね。はっはっは!
林原▼
そしたらまた違うところで使えばいいやと思って保志▼なるほど、確かに)。こういう気持ちをね?形を変えて使えばいいから。全ボツ、全然大歓迎だから、とりあえず『隠密で!隠密で!』みたいに言ってたんですけど。意外と由衣ちゃん早めに知ってたんだって?
堀江▼
はい。最初っから・・・
保志▼
そうなの?ダメじゃ~ん。
林原▼
山田さんっ!!もう。
堀江▼
『あのMEGUMIさんがー!』と思って。
保志▼
そりゃ言えないよね。
保志&堀江▼
ははははは!
保志▼
いや、なんでもないです。
林原▼
なんで笑うですか?
保志▼
なんでもないですよ。
林原▼
で、どう?どうだったた・・ねぇ。びっくりしませんでした?だって。
堀江▼
びっくりしました。
林原▼
ね。
堀江▼
はい。うっふふ。びっくりしたんですけど保志▼いや、びっくりしますよね。それね。)でもそれも、なんかやっぱりその歌詞で判断させていただこうと思って林原▼うん)保志▼お~~)読んでみたら、すごい良かったんですよ。
保志▼
それは何より。
林原▼
は、何よりで。
堀江▼
なんか、いいな~。すごい切なくていいな。で、今回のテーマともうガッチリ合ってるなっていうのが、すごい来たなって思ったんで、ぜひお願いしますというので。
林原&保志▼
お~~
林原▼
なんかあたし的にはね?[トロピカル?→]コンッカカコンコン、コンコンカッカ♪堀江▼あはははは)なんか下手すりゃサルの声でも聞こえてきそうな、なんかパラダイス?みたいなトロピカルでパイナップル?みたいな曲はきっと誰か書くだろうなって思って。だから、なんかこう何か、・・私の中で、夢の中でその好きな人のことを思ってる時間がこの子にとってパラダイスなのかしら?っていうような思いで書いてるんですけど。でもきっかけはcenter colorのアレですね? 大嫌い大嫌い・・
保志▼
そうなんですか?
林原▼
そうなの。で、それを、あの『だ・い・き・ら・い』は私が歌うからアレなんだけど、もうちょっと手前な20代とか、ちょっとこう25ぐらいとか。できればそのかわいらしく、。。。[?]ティーンではなく、等身大の由衣ちゃんで歌ってくれるとうれしいなって言う風なことは山田さんには言ったんですけど。
堀江▼
うんうん。
林原▼
結果とても切なく、ええ。
堀江▼
ほんとですか。けっこうドキドキして歌いました林原▼お~)MEGUMI大先生から、ふふふ
林原▼
大せ・・『大』いらないです保志▼あはは)うんうんうん。
堀江▼
その歳のね?その等身大の感じって言われて、等身大はどこからが等身大なんだろうっていうね林原▼そうなんだよね)そこから始まって。なんか自分の中の今の私の歳、27歳ってけっこう大人じゃないですか。
林原▼
そうだよね。
堀江▼
なんですけど、私は大丈夫なのかぁ?っていう。なんかそっからけっこう始まって。なんか割りとでもそう言っていただけたおかげで逆に素直に?歌えたので、それがすごい良かったなと思います。はい。
林原▼
なんかいい意味でさ、自分の年齢とかを忘れる仕事だと思うのね保志▼そうなんですよね)。こういうのってね?だけど、なんかこう自分でお仕事・・例えばラジオだったり、自分の名前で歌う時に、ふっと自分の・・・普段の自分に対するリセットみたいのがあったりすると、逆にちょっと今後の役とかの幅も広がったりとか、いろいろなんか、ああそうか。私って意外とこうだったのねとか思えたりとか
堀江▼
あ、します。
林原▼
そういう部分があったらいいなと思って頼んだのかな、山田さんがっていう風に勝手に思い
保志&堀江▼
ふふふ
林原▼
で、なんとなくこんな言葉をつけてみました、みたいな曲を、今日掛けても良いらしいので
堀江▼
ね!ほんと!ほんと保志▼聴きたいですね)≪パチパチパチ・・・≫これ、聴いてください。
林原▼
はい。ということでじゃあアルバム『楽園』の中から紹介してください。
堀江▼
はい。堀江由衣で、恋心
恋心/堀江由衣
林原▼
という感じな、ちょっと切なげな堀江▼はい)。ま、でもなんか、なんとなく誰かが誰かを思う気持ちというもの、そのものは、例えどういう立場であっても、なんかこう思いはピュアなものなのではというところをなんとなく由衣ちゃんなら、歌ってもらえるのではみたいな思いで書いたわけでございますが。
保志&堀江▼
はい。
林原▼
まあ、ま、ね。自分の書いた曲だけこんな押しててもあれなんで。他には保志&堀江▼あははは)どんな感じの曲が入るんでしょうかね。
堀江▼
あ、そうですね。んっとですね、岡崎律子さんに林原▼うん!)またまた
林原▼
楽しげな[?]ヤツ。
堀江▼
はい。ちょっと元気のいい『笑顔の連鎖』っていう、なんかちょっと聞いてるだけでなんか笑顔になってしまうみたいなそういう感じの曲があったりとか。なんか元気がよかったりとか。でもほんとに今回いろいろな曲が入ってますね。あとangelaさんに林原▼angela!にも書いてもらったんでしょ?)書いてもらったりとか。はい。なんかすごい豪華になっちゃいました、うふふふ
なんかすごいうれしくて林原▼うんうん)。なんか、あのMEGUMI先生もそうなんですけど林原&保志▼はははは)
林原▼
でた。
堀江▼
そういう今までこうお仕事でかかわってもらった人とか、出逢った人とかに曲書いてもらえるってすごいうれしいことだなって林原▼そうだよね)思って。しかもね、先輩だったりすごい好きなアーティストさんだったりで、ほんとにそれが今回一番幸せだなと。
林原▼
楽園で。
堀江▼
楽園やって。
林原▼
楽園だなということなんでね。
堀江▼
はい。
林原▼
まああの~、実はね、現在まだ制作進行中ということなんですけれども堀江▼あはは、そうです)。でもおそらくでも、仕上がりはなんとも由衣ちゃんらしい形になるんだろうなという感じなので、クリップ集と同時発売。ちょっと先ですけどね。4月の28日、みなさん楽しみに待っていただきたいと思います。
堀江▼
はい。
林原▼
そして、ゲストから物をぶん取っとりますが堀江▼はい)今回何をいただけるんでしょうか。
堀江▼
今回ですね、アルバム楽園のポスターをサイン入りで林原▼やった!)≪パチパチパチ・・・≫5名の方に
林原▼
なんと5名!
堀江▼
プレゼントしたいと思います。しますけど、実はまだ出来ていないんです。
林原▼
あいたたた
保志▼
これから!
堀江▼
はい。
林原▼
できたら送ります。
堀江▼
出来たら送る・・・
林原▼
早めに応募はしてください。
堀江▼
はい、お願いします。
林原▼
はい。ということですので、今日のゲスト堀江由衣ちゃんでした!どうもありがとうございました。
みんなで▼
ありがとうございました

関連情報

Heartful Stationオンエア日時(2004年3月現在)