万物を引きつけるゆかりんすたしょ日記

2006年2月26日(日)

27日に田村ゆかりさんがお誕生日を迎えられるそうです。おめでとうございます。さて、今週の黒うさぎによると今年17歳だそうですが、これはファンの記憶にある年齢とは約1.76倍の隔たりがあります。普通ならばここで「ヲイヲイ」と突っ込みを入れるべきでしょう。しかし、視点を変えると必ずしもそうとはいえません。

一般相対性理論によると、強い重力場では時間の進み方に遅れが生じるそうです。とくにブラックホールの周囲ではその影響が顕著になります。では、ゆかりんの中(近傍)にブラックホールがあって、その周囲の時間に遅れが生じている可能性はあるのでしょうか。

計算にはさまざまな仮定が必要ですが、シュバルツシルト半径(実質的にブラックホールの大きさ)の1.46倍の距離にいると、大体1.7倍の時間の遅れが生じるようですブラックホールの計算より概算)

ブラックホールがゆかりんの頭に近い場所にあるとすれば、(時間の遅れがより顕著になるため)精神年齢が3歳であることは説明できます。しかし、少しブラックホールからの距離が変化するだけで時間の進み具合も大きく変わってくるため、「平均17歳」であるとしかいえません。そもそも、巨大なブラックホールの引力によって、周囲の人はゆかりんにものすごくひきつけられてしまいます。

一方ゆかりん自身から見ると、外界の時間の流れが遅れて見えるため、ほかの人の突っ込みにうまくリアクションが取れません。

もっとうまい17歳案がありそうです。(続く)