堀江由衣の天使のたまご [#903]

オープニング
「キミまち!」リクエストランキング1位!
フリートーク&ふつおた
控えめに言って人生最高のライブ感想 4時間やっていい メンバー全員ご挨拶に 私抜きで人狼ゲームなんて!
光の海へ/堀江由衣
ミス・モノクロームの白黒つけておしまい!
電池が切れる瞬間。
ふつおた・後半
オトナの制服に目覚める もしかして17歳をタイムリープしてる!?
エンディング
人狼ゲームLINE開設したものの。

天たまテキスト本文

オープニング

♪Romantic Flight

堀江▶こんばん天~堀江由衣です。おたよりを紹介します。ラジオネームハリーおにいちゃん。
「ほっちゃんこんばん天。ほっちゃんの曲がかからないで有名なキミまち!ですが、2019年に番組内で流れた曲のランキングが発表されました。アーティスト部門1位・堀江由衣11回。同率で同率で水樹奈々さん。本当におめでとうございます!月に1回のペースです。すごい数字ですね。これからも阿澄さんへの圧力をお願いします。」ははは)ということでね。ふふ。
いや~でもこれね。あの、まあね、私の曲、リスナーさんとか。天たまのリスナーさんとかも、キミまち!にリクエストして全然かからなかったですっていうのが、すごく多いんだけどって、直接ね、阿澄さん本人によく言ってたんですけど。ふふふ・・・
よく言ってたんですけど!なんかね、こうやってみると、すごい、ああ。掛ってたんだと思ってははは)。なんかあの、あの・・・ゴネると掛かるのお手本みたいにならないといいなって。だからあのね、なんかね、1位すごいうれしいんですけど、同率で本当に水樹奈々ちゃんがいてくれて良かったなと思って。だって、これで万が一単独で、1位とかになってたら、なんかね。本当にゴネたら掛かるの、なんか、悪い例みたいになっちゃいそうだから、ほんとにね、それは良かった。
あ、でもあれですね。なんか、すごい、掛ってないと思ってたけど、実は、めっちゃ掛けていたってことが判明しましたね。いや~ありがとうございます。本当にもうキミまち!さんあっての、堀江由衣ですからね。
あの、引き続きリスナーの皆様どうぞリクエストよろしくお願いします。っていうのと、あとね、キミまち!のみなさんも、堀江由衣の曲がリクエスト来たらぜひ、率先して掛けていただけたらうれしいなと思っております。
またね、阿澄さんに会ったら阿澄さんにも直接、ふふ!私言っときますんで。曲ね、阿澄さんが曲決めてないような気もするんですけど。どうだったかな。
はい。ということでね。引き続きリクエストお願いします。
ということで、堀江由衣の天使のたまご。今夜も?あなたのハートにエンジェルビーム!

[SS]この番組はキングレコードの提供でお送りします。

フリートーク&ふつおた

堀江▶改めましてこんばん天、堀江由衣です。
ちょっとね、先週も結構しゃべったんですけど、ライブの感想のね、後半戦を。一宮と大阪を中心にちょっとお届けしていきたいかなと思うんですけれども。
天たまネームなこさんからいただきました。
『ほっちゃんこんばん天。7年ぶりのツアーお疲れ様でした。控えめに言って人生最高のライブでした。」ありがとうございます、ふふ。これはね、書いてくださいって言ったやつね。
「大宮公演は、公演時間が3時間半くらいの日もありましたが、名古屋公演は約3時間だったので、大阪もそれくらいかなと思っていたら、まさかの3時間45分の大ボリュームで、最終の新幹線に乗るべく、2019年一番の全力ダッシュをしました。」はは・・・「新幹線乗り場で買おうとした、某人気店の豚まんも買えなかったけど、人生最高のライブだったので何の後悔もありません。」大丈夫?お腹空いてたかな。かわいそうにね。
「どの曲も素晴らしかったのですが、特に印象に残ったのが、A Girl in Loveです。ダンサーのみなさんが楽器を持って登場し、愛らしい鼓笛隊のようで、かわいらしい歌詞、歌声、楽曲の世界観にとてもマッチしていました。幸福感に溢れている雰囲気で、明るい曲なのに毎公演泣きそうになってしまいました。大阪公演では、バイオリンの土屋さんの間奏のソロも聴けたのがすごくうれしかったです。素敵な人生最高のライブをありがとうございました。」というね、おたよりいただきまして。ありがとうございます。
そうそうそう。控えめに言って人生最高のライヴって言われたらすごいうれしいなと思って。大阪公演では、別にそれ・・・えとね、それをやるとかそれを言ってくれとかではなく、『みんなそう思ってくれたらそうなるよ!』っていうニュアンスなんですけど。
ここね、私がすごい、そのライヴにします!みたいな。人生最高のライヴをするぜ!みたいに言ったみたいな感じで、捕らえられてる方多いんですけど。ちがくって。我々がね?そういうライブを行ったとしても、みなさんがそういうライヴを見るよって思ってないと、そうならないよって。だから、そういう感じで見てねっていうお願いだったんですけどははは)。それをなんか、私が宣言したみたいになってると、またちょっとね、雰囲気が違っちゃうし、ちょっと恥ずかしいんですけど。
まあでもね、そんな感じで大阪公演は最終日ということもあって。なんか、せっかくだから今まで話したかったこととか、聞きたかったこととか。バンドのみなさんとかダンサーのみなさんとかに、聞きたかったこととかを全部聞けたらいいな~みたいな感じで、トーク時間が1時間45分。

堀江&諏訪▶ははははは!

堀江▶に、延びましあ。はははは!誰?最初このライヴ2時間半って言った人。ふふふふ!!
いやでも、なんかね、その甲斐あって、すごくね、なんだろうなみなさん結構個性豊かなメンバーの方がすごく多かったですし。あとなんかせっかくね、バンドさんいらっしゃるから楽曲の話とかも。ここがこんな風なメロディ。なんか単音で聞くことってあんまりないじゃないですか。例えばバイオリンの人だけが、その私の曲を弾いてくれる瞬間って実はあんまりなかったりして。で、結構こういうメロディーがその楽曲の中に隠れてるんだよみたいなのを、ちょっとね、紹介したくって。なんかそれをやってたらね、3時間45分になりました、ふふふ!長っ!!
私もそんなにやってると思わなかったんでね。なんかでもね、見えるの。あの~途中で。見えるの。お客さんが帰っていくのがあははは!)。あー!新幹線の時間かなみたいな感じで。ひとり、またひとり会場を出ていくのが見えるから、あーやばいやばい。これ結構時間押してるかもー!っていう。感じでしたけどね。
でも、なんか最終日は、林さんからは『4時間やっていい』って言われてたから。それよりは早く終わった。

諏訪▶ウソでしょ!?

堀江▶ふふ、やっていいって言われましたよ?4時間やっていいって。ふふ。それよりは早く終わったからよかったかなと思うんですけどね。
はい。じゃもう一枚読みたいかな。埼玉県の天たまネームジュロウ・コリムさんからいただきました。
「ほっちゃんこんばん天。堀江由衣ライブツアー文学少女倶楽部全日程参加しました。」あ~ありがとうございます。「今回は冒険ではなくバンド形式ということもあり、珍しくMCがありましたが、いろいろと伝説が生まれたMCでしたね。最初は、バンドメンバーがほっちゃんよりダンサーさんと気軽に話してる感じがするということから始まり、自分のいないLINEグループがあるんでしょうという詮索。またメンバーが楽屋に挨拶にほとんど来なかったことを暴露すると、挨拶に来なかったメンバーから謝罪されることに。バンドマスターの遠藤さんが戦場ヶ原ひたぎや八九寺真宵のグッズを会場に持ってきていることに対して、『私、羽川翼って知ってました?』ははは)「そして一宮公演前夜。ほっちゃんとキーボード&マニュピレーターの松本潤さん以外の8人で、午前3時まで人狼をやっていたことが発覚し、やっぱり私仲良くないじゃんかー!大阪公演の後、ほっちゃんを含めた10人で人狼をやられたとのことで少し安心しましたが、今後もバンド形式でのライヴはできそうでしょうか。」

堀江&諏訪▶はははは!

堀江▶というね、おたよりいただきました。ありがとうございます。
そうなんですよね。どこまで天たまで話してましたっけね。挨拶にね。そうそうそうそう。来てくれた人が、ベースの目黒さんという方だけが、その大宮公演でね、2日間ご挨拶に来てくれたんですよ~みたいな話を、ちょっとライブのMC中にして。だからそれ以降、リハーサルもそうだし、愛知も大阪も、全員ご挨拶に!

堀江&諏訪▶あはははは!!

堀江▶全員、コンコン・・・おはようございます~今日はよろしくお願いします~っていう、ふふふ・・・ご挨拶に来てくださるっていうのが、なんかあのちょっとね、恒例になりましたね。
あとはその、人狼のくだりがたぶん、天たまでは話してないのかな。一宮が前日入りで。で、私はそこそこ朝早いんですけど。ダンサーさんとバンドさんってそんなに朝が早くなかったんですよね。だからか、夜中3時半までその8人。私抜きの。私と松本潤さん抜きの8人で、3時半まで人狼ゲームをしていましたっていうのが、当日の一宮のライブ中に発覚して。ライブ中にですよ!?発覚して、・・・えー!?って。私、人狼ゲームとか好きなのに、誘われてないー!ってなって、そのライブ中、ちょっとギクシャクする。

堀江&諏訪▶ふふふ・・・

堀江▶ギクシャクするっていうね。だって、その後、なんかその話をした後に、振り付けをみなさんに。振り付け講座みたいなのみなさんにして曲を歌うんですけど。振り付け講座してる間とか、その次の曲とかを歌ってる間も、ずっと。『そっか~私抜きで人狼ゲームしてたんだ』っていうのが、4曲ぐらいははは!)その後、引きずって。なんかあの結構ね、あーなんかそっか~。みんなやってたんだ~。なんかさみしい気持ちに、ちょっとなってて。で、その次の日ね?大阪公演が終わって。全部終わった後に、どうします?ってなって。ふふふ。結局10人全員?ダンサーさん4人、バンドさん5人、私の全10人で、ダンサーのあやかさん。ダンサーのあやかさんの部屋に集まって3時半まで人狼ゲームを、ふふふ。してもらいました。ははは・・・
すごい。なんかめっちゃ付き合い良くないじゃないですか?
何か一人か二人は、来ない人いるかなと思ったんですけど。さすがにライヴね、二日間やって疲れてるだろうし。で、次の日別のライブがある人とか。あとそのまま実は帰る人とか。知らなかったんですけど帰る人とか。夜中に。終わり次第帰る人とかがいて。でも全員本当に、なんか、ふふ。付き合ってやってくれて。いや。なんかすごいありがたい、いいチームだな~って思ってたら。#とれとれで、浅野さんには、『そんなのさ!今後の付き合い考えたら参加するに決まってるじゃん!』って言われて。え、そういうこと!?ってちょっと思ったんですけど。でも本当になんかね、全員いてくれてありがたいなって思いました。
はい。普通に。人狼大会は普通に楽しくできたんですけどね。はい。
ま、でも次の日も行けるメンバーだけで脱出ゲームに。大阪の脱出ゲームに行って。10人参加のやつで。ダンサーさん3人バンドの人ふたり、あとは私とキングレコードのスタッフさんとマネージャーとみたいな感じで全9人ぐらいで行ったんですけど。
なんかね、それも。脱出ゲームもすごい楽しくて。初めての人が結構多かったんですけど。なんかあのね、ダンサーで、すごいめちゃめちゃかわいい・・・『かわいいかわいい』で話題になった、ちーさんっていう、ほんとにかわいいダンサーの女の子がいるんですけど。その人が。たまにいるんですけど、人狼ゲームとか脱出ゲームとかで、なんだろうな。全然別の顔を見せる人ってたまにいるんですけど。ふふふ。すごい、なんだろう。めちゃくちゃ実は、あんなにかわいいのに、しっかりしてて。『これがこうだからこれこうなると思うんですけどこれって今どうなってます?』みたいな、すごい。堀江さんそれどうなってますか、それ私やっていいですか、みたいな。すいません、じゃあお願いします。みたいな、なんかね、そういう、なんだろう。全然違った面が見れたりとかして、めちゃくちゃ楽しい脱出ゲームになりましたね。
はいというわけでみなさんメッセージありがとうございます。
後半戦もまだまだライブの感想も少し読みたいと思います。
では、1曲お届けしましょう。堀江由衣で、光の海へ

光の海へ/堀江由衣

ミス・モノクロームの白黒つけておしまい!

モノクローム▶ミス・モノクロームノ シロクロツケテ オシ マイ

♪モノクローム/ミス・モノクローム

モノクローム▶ワタシハ ミス・モノクローム。
フユノ アイダハ ショウヒデンリョクガ ハゲシイノデ チョット ウゴキガ オソクナル ソンザイ。
コンノ。ハナシハ カワルケド、オショウガツハ ナニヲ シテイタ?

今野▶あ~、私は元旦から文化放送の下で、巫女の格好していましたね。

モノクローム▶ナルホド。コンノ。ソウイウ シュミガ アッタノカ。

今野▶いや違いますよ。仕事ですからね。

モノクローム▶イヤ。ヒトソレゾレ イロイロナ シュミガ アッテモ イイト オモウ。
ジャア メッセージ ショウカイシテ。

今野▶ほんとに仕事ですからね。
東京都天たまネームようすけさん。
「ほっちゃんにかける催眠術を練習しているというのは本当ですか。」

モノクローム▶ウン。ホントウ。アナタハ ドンドン デンチガ ホシク ナル。
デンチデ ジュウデン シタクナル。 ハヤク シナイト 
デンチガ キレ・・ル・・・
マダ・・・マダ・・・ミンナ・・カラ ノ・・・シツモン・・・・マッテ・・・ル・・・・・ワ・・・・

[SE] しゅぴっ!

ふつおた

堀江▶堀江由衣の天使のたまご。続いてはこのコーナー。
ふつおた!

堀江▶ふふふ。はいというわけで。まだまだライブの感想メッセージを紹介していきましょう。
大阪府の天たまネームちゃん付け希望かりんちゃんからいただきました。
「ほっちゃんこんばん天。文学少女倶楽部・愛知大阪と参加させていただきました。近年稀に見る今世紀最大のなんだかんだ言って2019年一番どころか控えめに言って人生最高のライブでしたね。」これ全部言ってって言ったやつね。
「そんな最高ライブの私の推しポイントは、VTRで、転校初日にほっちゃんが着ていたのが、エコ女の制服で。ゲームなどによくある前作をプレイしていた人だけにわかる要素みたいで面白かったことです。あと個人的に衝撃だったのが、文学少女隊の皆様の制服です。ほっちゃんは17歳なので制服になんの違和感もなかったのですが、文学少女隊の皆様で初めて大人の男性の制服を見て、何か新しい扉を開きそうになったくらい、ぐっときました。ほっちゃんは何かライブツアー中に目覚めてしまったことはありますか。ツアーお疲れさまでした。」というね。
あ、やっぱり女の子はこういうところ結構ね、見ますよね。
そうそう。前回もちょっと言ったのかな。エコ女の制服をもう終わりって言いながらまた着たよって話をちょこっとしたかなと思うんですけど。そうそう私はね、エコ女の制服で転校してきて。その後わりと普通の制服に。VTR中は着替えてるんですけど。その時と同じ服を文学少女隊のバンドのみなさんにも、ステージ上で着て頂いていたんですけれど。
これねあの、普段よくお仕事してるライターさんとかにも、『堀江さん、文学少女隊のバンドのみなさんに制服着せたのはグッジョブです』って言われてははは)。すごいめっちゃ褒められた。褒められた!と思って、ふふふ。すごい良かったですね。
私は個人的に、春夏秋冬って今回ライヴが進んでいく流れだったんですけど。
やっぱね、秋冬のセーターとかベストとかアリの方が私は個人的に好きでしたね。はい。
これ、みなさんも好みが結構分かれるところかなと思うんですけど。
あとね、ダンサーさんのの服も結構制服っぽくって。なんか結構なんだろうなクラシカルな制服っぽくてめっちゃ衣装がかわいくて良かったですよね。ちょっと丈も長めで今回なんかね、私の衣装もそうなんですけど。わりと丈長めでね、よかったかなとちょっと思いましたけどね。
やっぱでもなんか、いいっすね。制服はいいですよね。うん。うんうん。なんかですごいでもみんなね、秋冬で衣装が。秋冬・・・ライブの後半で秋冬になっていくのが、すごいね、暑かったははは)。単純に。大変だったと思うみなさん。なんか暑くなってなってきたところで、俺カーディガン着るんだとかみんな思ってたと思いますけどね。着て頂いて本当にありがたいなと思いました。
滋賀県のラジオネームルームファイト2020さんからいただきました。
「ほっちゃんこんばん天。ツアー愛知と大阪とても楽しく参加させていただきました。ぼくはツアー中に流れていた幕間映像についての感想を書きたいと思います。と言っても詳しい内容については、パクリ・・・ではなくオマージュを含むとのことなので、大人の事情を理解して書きません。今回はこの映像によって、アルバムのアーティスト・文学少女堀江由衣(新人)さんの正体が明らかになりました。それは、この少女がほっちゃんであってほっちゃんではない存在。しかし様々な時代のほっちゃんの記憶を持つ、17歳の新人だという事実。セブサマ2で初めて見た時、新人というにはあまりにも貫禄があるのを感じましたが、その理由が今になってわかった気がします。ほっちゃんはあの映像を予告編と言っていましたが、ほっちゃんの厳しい演技指導に耐え抜いた文学少女隊や踊り子倶楽部のみなさんの熱演を、このまま予告編だけの公開だけではあまりにもったいないので、機会があればぜひノーカット完全版を期待します。」というね、おたよりいただきまして。
あの~そうですね。これなんかすごい複雑化しすぎて分からないですけど。VTR中にですね、ほっちゃんもしかして17歳をタイムリープしてる?ってセリフがあるんですけど

堀江&諏訪▶ふふふふ・・・・

堀江▶してたのかなぁ~

みんなで▶はははは!

堀江▶まあでもなんか、いや、気のせいかな。確かに私17歳って言ってて。なんか、なかなか18歳にならない気もするんですけど。でもそれって、17歳っていう今の時間が濃密だからこそ、そう思っちゃうのかなって気もしてて。なんかね人生の中で17歳に長く感じるとすごいいいことだなぁと思うし。なんだろうな。別にでも普通に17歳だから。なんかね、タイムリープとかも別にしてないんじゃないかな、ふふふ。っていうね。
あとは、そうそう。映画の予告編みたいなイメージで今回そのライブの、曲と曲の間の映像を作っていたんですけど。これね、たぶん全部見てもこの映画面白くない気がする。

みんなで▶はははは!!

堀江▶なんか見たことあんな~っていうのが、いっぱいあるから。この映画そんなに面白くない気もしますけどね。
でもあの本当に今回、その予告編の映像を撮るに。そのライブの間の映像を撮るにあたって、バンドのみなさんとダンサーのみなさんには、本当に朝早くから夜遅くまで、ほんと協力して頂いて。撮って頂いてて。しかもあの、その場でセリフを言うんじゃなくって、後々アフレコしますっていうのも決めていたので。何かね、その後にまたフレコもしていただいて。なんか私結構何回も何回も何回もやって頂いちゃったんですけど。なんかね本当にそれに対して、なんかニコニコして。いや~なんか貴重な経験できましたみたいな感じで言ってもらえてありがたいなぁと思いましたね。はい。ありがとうございます。
はい。というわけで・・・皆様ありがとうございました。
でも今回ライブをバンドさんと一緒にやらせていただいて。ダンサーさんはね、いつもいてくださるんですけど。なんかねあの、あんまりやろうとしているその核の部分は変わらないんだなっていう印象はちょっと持ちましたね。
なんかあの、ライブのその1曲1曲をどうやってお客さんに楽しんでもらえるかを、本当に全員が真剣に考えて、ライブのすべてを決めていくんですよね。その中で、今まではストーリーみたいなので埋めていたけど、今回はそうじゃない何か別のものでまた埋まるっていうので。それはバンドのみなさんが音楽で埋めてくださったりとか、ダンサーさんがダンスで埋めてくださっていたりとか。あと何よりもやっぱね、劇団堀江のみなさんが積極的にそれを埋めようとしてくれていたことで。なんだかすごく、自分がやりたいと思っていたライブが本当にできたなーと思って。私はちょっと劇団堀江のみなさんをね、侮っていたわけではないけど、こんなに出来る人たちなんだ!ってちょっと思いましたね。
はい。というわけで、なんかいつものライブと、ま、もちろん見せ方見え方は違うと思うんですけど。やりたいことは結局繋がっていたんだなっていう気持ちにもちょっとなれるライブでした。本当にね、来てくださったみなさんありがとうございました。

エンディング

♪Angel 恋をした

堀江▶堀江由衣の天使のたまご。そろそろお別れの時間になってしまいました。
いや~でもなんかね、そのライブ中にバンドのみなさん、ダンサーのみなさんといろいろありましたけど、最終的には仲良くなれてきて。で、なんかやっぱちょっと終わっちゃうのが寂しくて、脱出ゲーム用のLINEグループをみんなで作りましたのでね。はい。すごい、みんなで脱出ゲームに今度は行けたらいいなと思ってるんですけど。バンドの人とダンサーの人がいつ暇なのかがわからなくて。もう、そのなんかLINEグループに、いつ行きましょうの1個も書けないですけどね。いつかね、実現したらいいなと思っております。
番組ではみなさんからのメッセージをお待ちしています。
おハガキは、郵便番号105-8002 文化放送 堀江由衣の天使のたまご ○○○それぞれの係まで。
メールはすべて小文字で、tamago@joqr.net 。tamago@joqr.net 。tamagoはT、A、M、A、G、Oです。
メッセージを紹介したリスナーのみなさんには『天使の絆創膏』をプレゼントします。
そして番組のホームページはこちらです。http://king-cr.jp です。
ということでこの時間のお相手は、ちょっと影響されて、楽器やりたいなって気持ちにやっぱなりましたもんね。な、堀江由衣でした。
それじゃあ来週も?あなたのハートにエンジェルビーム!

[SS]この番組は、キングレコードの提供でお送りしました。