堀江由衣の天使のたまご [#953]

オープニング
お正月はたぶん家にこもっています
獅子舞ブッキングミスゲスト鷲崎健~前半
堀江さん、2本目なのでフガフガです 1年間全く会いませんでした 今野さんは部屋に呼べない ゴロンと横になれる床がないです
オリジナル新曲披露
おととい出演を知って1日で作った 伊福部さんの結婚を知ったタイミングは 堀江さんのストーリーは気持ち悪くない!1回を除いて 誰にでもかわいいと言う
獅子舞ブッキングミスゲスト鷲崎健~後半
2020年の総括・2021年の目標 「いろいろできるようになる」 「休む」 1000回まではがんばろう 休んだらお互いの番組に出る
エンディング
録音前に使いたいところいっぱい

天たまテキスト本文

オープニング

♪Romantic Flight

堀江▶あけまして、おめでとうてん!堀江由衣です~~。
はい。2021年最初の天たまでございます~。文化放送でお聞きの方は1月1日。元日の夜に放送されています。特番とかないんですね、もう一日はね鷲崎▶ははは)。みなさんお正月はいかがお過ごしでしょうか。私はもうたぶん、100%。たぶんって言っちゃった。100%家でのんびりしてたことと思います。
さて、本日の天たまなんですが、新年のお祝いということで、なんと!スタジオに獅子舞さんをお呼びしてスタジオで舞っていただきたいと思います!
これほんとに信じる人もういるのかな。なんと、18年連続18回目の!出演だそうです。
はい。ということで、さっそくいきましょうね。ということで、堀江由衣の天使のたまご。こん・・・年も!あなたのハートにエンジェルビーム!

[SS]この番組はキングレコードの提供でお送りします。

獅子舞ブッキングミスゲスト鷲崎健~前半

堀江▶改めましてこんばん天、堀江由衣です。
ではさっそくしちま・・・ごめんなさい鷲崎▶ははは!)
ではさっそく、獅子舞さんに!スタジオで舞っていただきましょう!今回獅子舞に選ばれたのは!この方です!

鷲崎▶はい、こんばん天。鷲崎健ですはは)フガフガじゃないですか、どうしました?今日。ふふふ。堀江さん、フガフガですけど!どうしちゃいました。

堀江▶2本目なんで。

みんなで▶はっはははは!

堀江▶普段1本しかやんないんで、この番組。2本目疲れてんなっていう、

鷲崎▶たかだか2本で疲れないでください。ラジオ。ふふふ。

堀江▶一人で2本はなかなかないんで。

鷲崎▶あ~まあまあ確かにね~。

堀江▶すいませんね。

鷲崎▶1年ぶりですよ。

堀江▶1年ぶりですね。会うのも1年ぶりですか。

鷲崎▶ぜんぜん1年間会いませんでした。たぶん!

堀江▶は~。なかなかそれもないですよね。な~んとなく文化放送にいたら会うじゃないですか。鷲崎さんって。

鷲崎▶でもそんなに収録時間も被らないから堀江▶あ~)会うことは少ないけど。それでもなんか、何かでみたいなのが。何かみたいのがあったけど、今年は本当にないんで。

堀江▶ま確かに。そうですね。あんまりね、来ない日も多かったですしね。

鷲崎▶そう。完全に1年ぶりだけど堀江▶うんうん)LINEしましたね。

堀江▶あ!そうそうそう!鷲崎さんLINEくれました。

鷲崎▶はい。お誕生日おめでとうと

堀江▶そうそうそう。

鷲崎▶アコギFUN!クラブってやつで、早見ちゃんが堀江さんの曲を歌いますよっていうのと堀江▶そうそうそう!)、アコギFUN!クラブってやつで、うりょっちが、堀江さんの曲を歌いますよ。3回。

堀江▶そう!何歌ってくれたんでしたっけ。早見さん。

鷲崎▶覚えてないっす。

みんなで▶はっははは・・・

堀江▶うりょっち。

鷲崎▶えとね、早見さんは、ターンターンターンですよ、この。

堀江▶ああ!Romantic Flight。

鷲崎▶ほはっへっほ ほっはっへっへっへーですよ。

堀江▶歌詞がぜんぜん入ってない。ふふふ。

鷲崎▶♪らんらんへーれへーれるーるるーる~
おれフルでちゃんと聞いたの初かもと思って。

堀江▶は~ほんとですか。え、それ鷲崎さん弾いたんですか。

鷲崎▶弾きました弾きました。

堀江▶あ、すご~い≪パチパチパチ・・・≫

鷲崎▶だから思い出せば弾けますよ。

堀江▶わ~私もじゃあ思い出せば歌えます

鷲崎▶うりょっちがねー、ごめん、ほんとにわかんない。

堀江▶うりょっちなんだっけ、スクランブルじゃなかったかな。

鷲崎▶スクランブルじゃないですね。アニメの曲なのは、確か・・・

堀江▶あ、そっか。

鷲崎▶うん。

堀江▶見たかったんですけど

鷲崎▶見方がわかんないんですよね。

堀江▶あの~お互いパソコンに弱い・・・

鷲崎▶ほんっとにもう。オレはたまったま見れてるけど。ふふふ!

堀江▶誰かがやってくれて、たまったま!

鷲崎▶ははは!そう。オレにはね、吉野、フィアリーという強い味方がいるんで堀江▶いいな~)。ダメですか?今野ダメですか。

堀江▶今野さん?いや今野さんどうだろう。詳しいかな。私なんか、

鷲崎▶家には入れたくない。

堀江▶ふふふ。家には呼ばないっすわ。呼べないです。ふふふ!

鷲崎▶だから、家に入れれる人でないと

堀江▶そっか。

鷲崎▶家に入れる子分じゃないとダメなんです

堀江▶子分、ふふ。そういう意味でいったら誰も呼べないです、家ぐちゃぐちゃ過ぎて。

鷲崎▶でも、うちももう、ほんとに。いわゆる寝正月とかっていうじゃないですか。今年も、なんか寝て過ごすよみたいな。ゴロンって横になってテレビでも見て過ごすようなっていいますけど、オレ今、横になれる床がないです。

堀江&鷲崎▶はははは!

堀江▶ほんとですか。

鷲崎▶ほんとです。

堀江▶え、鷲崎さんそんな感じですか。

鷲崎▶ああ。わりと・・みんな言うんですよね。几帳・・・

堀江▶そう。ちょっと几帳面に見える。

鷲崎▶なんか、両極端っていうか。すごい几帳面なのか、どっちかみたいな。

堀江▶うんうん。

鷲崎▶伊福部さんと同じじゃないかな、たぶんあの。ルールがあると片付ける。

堀江▶お~。

鷲崎▶伊福部そんなことないのか。

堀江▶伊福部さんってどんな人だっけ。

鷲崎▶伊福部はめちゃくちゃ汚いですね。

堀江▶汚い・・・あ、そうだ!洗濯物を、わざわざ北海道のご実家に送って洗濯してもらって返ってきたみたいなエピソード昔言ってましたね。

鷲崎▶そうそうそう。前住んでたところにオレ1回だけお手洗いを借りに、行ったことがあるんです。イベントの後で会社の車で、近くまで行って。じゃオレ降りるね。
ま、冗談半分で、じゃあちょっとトイレ貸せよって堀江▶はいはいはい)つって上がったら、え~っと、コンロの上の所に洗濯モノがどば~~って

堀江▶ははは。まあ、使ってないんですね。

鷲崎▶でしたね、その当時はですけどね。

堀江▶なるほどなるほど。今はね、違いますでしょうね。絶対ね。

鷲崎▶歌っていい?もう。

みんなで▶ははは!

堀江▶どうぞどうぞ。

鷲崎▶なんかさ、もう後半に歌うのなんかもう、堀江▶はいはい)ふふふ。プレッシャー。

堀江▶ほんとですか?

鷲崎▶歌、だってその時に話した話結局歌でもう1回なぞるだけなんだもん。

堀江▶あ~まあ確かにあと、あれですよね、あの。後半が歌パートみたいな感じになりますよね。

鷲崎▶そうそうそう。なんかそれもなんか重たいし、どうせ伊福部いじってるし、この歌。

堀江▶あ、なるほどね。先聞きますか。はい。

鷲崎▶音チェックもないまま

堀江▶は~い。お願いします~

鷲崎▶やっつけで作りました。ほんとに、事務所に。もう、アトミックモンキーも問題ですよ。

堀江▶おお、どうしました。

鷲崎▶この仕事が、天たまありますよの連絡が特になくて。おとといスケジュール確認したら、ああ!入ってる!今週!あさってじゃん!ってなって

堀江▶あはははは!≪パチパチパチ・・・≫

鷲崎▶作んなきゃ!歌!と思って。昨日やっつけで作ったよ。

堀江▶良かったです、気づいて、じゃあ。

鷲崎▶入ってますか。いつもとなんか・・・ちょっとギターの種類も違うんで。

去年の今頃 僕たちは
無邪気に お互い笑ってた
大晦日まさかの 伊福部が 結婚発表するのも知らず
今年も古くの知り合いが 一人また一人嫁いでいく
その度 笑顔で 悔しいと
歪んだ 祝福 繰り返してた
余り物 残り物 独り者 ノーノーノー!ノーフューチャー
もし君に おめでたい 何かがあれば
僕笑いながら それをここで歌うけれど
もし僕におめでたい 何かがあれば
君はどうする
もし君に 戸籍上の 変化があれば
僕はそれを歌にして いじれるけれど
もし僕に 戸籍上の 変化があれば
君はどうする
リアクション どうする

堀江▶は~~≪パチパチパチ・・・≫

鷲崎▶ありがとうございます!ありがとうございます

堀江▶すご~い

鷲崎▶1日で作った感がね。

堀江▶天才ですよ!鷲崎さん天才っすよ。

鷲崎▶ははは!ほんとに?

堀江▶すごい~。今までのね、曲調とまったく違う曲調で

鷲崎▶そうなんですそうなんです。切なさモノで
オレもう、覚えてなくて。去年のこの番組で、いじってないですよね。

堀江▶知らなかったです、わたし。

鷲崎▶知らなかったですよね。

堀江▶鷲崎さんこれ知ってたんですか?

鷲崎▶オレはね、さすがに知ってたの。

堀江▶おお。

鷲崎▶その日に、大晦日に発表するのは知らなくって。え~っと、11月に・・・かな?11月だと思います。『結婚する』って。堀江▶え~)
なんにも知らない。『はあああ!?』つって。相手聞いて、はーー!?つって。
つきましては、保証人。

堀江▶え?あ、結婚の。やつ。

鷲崎▶書いたんです、だからオレ。

堀江▶お~?なんかいい話じゃないですか。

鷲崎▶ね!

堀江▶相方さんにね、うんうん。

鷲崎▶落とし所だと思ったんでしょうね、向こうもね。誰でも良かったんだと思うんですけど。

堀江▶いやいやいや。

鷲崎▶そう。だから、オレは知ってたんだけど。基本的に、そういう話はもともとしないから全く知らなかったと、あとこういう話を誰にも共有しちゃいけないだろうと思って、ほんっとに黙ってたんです堀江▶ほうほう)嫁はんはベラベラ言ってましたけどね

堀江&諏訪▶はははは!

鷲崎▶嫁はんサイドはもうベラベラ周りに言ってましたけど。

堀江▶いろんなところですか。ふふふ。そうなんだ。かわいいな。

鷲崎▶オレより先に、だから知ってるやついて。

堀江&諏訪▶あっはははは!

鷲崎▶え、知ってたの!?なんて

堀江▶やっぱあの人ちょっと面白いですよね。ハマってるんだよな。あんなかわいいのに。

鷲崎▶伊福部が選んだのはああいうなんかカックラキンな人なのも面白いですが堀江▶お~)
そう、だから、堀江さんは大晦日のその発表で知ったわけでしょ?

堀江▶発表で知りました。ほんっとに。

鷲崎▶どう思いましたか、ほんとに。

堀江▶いやそれで、わたしも、誰にこの気持ちを鷲崎▶ははは!)伝えていいかわからないから、誰に言おう誰に言おう!?と思って、あの、考えた結果、諏訪さんに

みんなで▶ははは!

堀江▶諏訪さーん!つって。

鷲崎▶1年前の話をね、今してるんだね。

鷲崎&諏訪▶はははは!

鷲崎▶諏訪さんも、知らなかった。

諏訪▶あ~直前に、

鷲崎▶聞いてた。

諏訪▶会って、結婚するよ~っていうのを、

堀江▶聞いてた?

諏訪▶1週間ぐらい前に。

堀江▶マジっすか。

鷲崎▶じゃあほんと、蚊帳の外です。

堀江▶ああもう完全に蚊帳の外です。みんなと一緒。リスナーさんと一緒。

鷲崎▶まあでも、オレも、浅野の結婚ツイッターで知りましたからね。

みんなで▶あっはははは!≪パチパチパチ・・・≫

堀江▶でも、あたしも!

みんなで▶あははは!

堀江▶浅野さん、結婚!?お、そう~って。

鷲崎▶まあまあ、別にね。そう。ね~。

堀江▶いやちょっとでも、びっくりしました。私。

鷲崎▶本当にびっくりしました。おめでとうではある・・・

堀江▶でもそうですね。おめでたい話だから良かったですよ。これ鷲崎さん急に、ここでこういう話今してるじゃないですか。ま、ぶっちゃけ1月1日より前じゃないですか、これ録ってるの。発表したりします?

鷲崎▶ないないない!ははは)ほんとに全然ない。
今正直にね、収録時期としてはクリスマス前になりますけども。あの、ベタにみんな言うじゃないですか。クリスマス、リア充○○しろ!みたいな古いけど、この言い方も。あるじゃないですか。クリスマスなんて~みたいなこと言うじゃないですか。オレなんか、クリスマスになって、仲睦まじいカップルを見て、は~~俺も人恋しいなって思うような、そんな生半可な独りモンじゃないので。

堀江&鷲崎▶はははは!

堀江▶筋金が。

鷲崎▶13年ですからね。

堀江▶筋金が入ってると、なるほど。

鷲崎▶なんか、あ~。街がきれいになっていいね。みんな幸せにお成りなさいな。
1個ステージが上です。

堀江▶なるほど。

鷲崎▶堀江さん思いますか、まだ。

堀江▶わたし、いやなんか、クリスマス、なんももともと予定なかったですけど、普通に仕事とかあるぐらいかな~と思ってたんですけど。なんか最近ちょっと、いろいろあの、推しが出来まして

鷲崎▶あ~!そうだそうだ。

堀江▶がっつりその、クリスマスに推しを愛でに行けるっていうのがちょっとあって。

鷲崎▶ストーリーとか相当気持ち悪いってウワサ聞いてますよ?

堀江▶え?ストーリー?

鷲崎▶インスタの。

堀江▶わたし?

鷲崎▶うん。

堀江▶わたしの?ストーリー?

鷲崎▶違う?

堀江▶わたしのストーリー? いや、普通ですよ?わたしのストーリー。

鷲崎▶ほんとですか。わりとなんか、その、推し活を、色濃く表現されてるみたいなことを、ウワサで聞いてる・・・

堀江▶ああ、1回だけですね、たぶん。

鷲崎▶あ、そうなんだ。

堀江▶はい。推しのね?画像を鷲崎▶いいですよ~)SNOWで加工したんですよ。みんなやるじゃないですか。

鷲崎▶素晴らしいですね。

堀江▶耳とか付くやつ。それやったら、死ぬほどかわいくなって、その私の推しが

鷲崎▶あははは!

堀江▶えー!やばい!すごいかわいい!ってなって。じゃ、これ、私の画像もやったら、こんぐらいかわいくなんのかな~と思ってやり始めたら、すごい冷静になっちゃって。

鷲崎▶あれ?

堀江▶大してかわいくない・・・

鷲崎▶自分のは、かわいいわよ!

堀江▶推しがかわいいのかな~っていうのを、1回ストーリー・・・

鷲崎▶推しもかわいいかもしんないけど、君もかわいいよ。

堀江▶いや、ありがとうございます。鷲崎さんでもそれ、誰にでも言うっていうのが去年判明したんで。

鷲崎▶でも、誰にでも言うっていうか、あの時は、堀江さんの収録の後に、美佳子ちゃんがこないだゲストに来て。美佳子ちゃんがママになってもあんなにかわいくてみたいな話してたら、鷲崎さん、誰にでもそういうこと言うんですね堀江▶ははは!)。オレ、美佳子ちゃんの話題でそんなこと言われると思ってなかったから堀江▶あははは!)、ほんとに、なんだろう。例えも出てこない。例えば黒沢ともよちゃんがめちゃめちゃかわいくてみたいなこと言ってたら、誰にでも言うんですね、若い子誰でもいいんだねって言うのはわかりますけど。オレ美佳子ちゃんの話題でそれ言われるの意外だったんですよ。ごめんね、びっくりしました。

堀江▶みかりんの話もしてたけど、あ、みかりん、どっちだろう。どっちのみかこちゃん?

鷲崎▶高橋美佳子ちゃんの話です。

堀江▶みかりんですよね。そう、みかりんの話もしてたけど、その前に別の若い子の話とかもしてて。そん時もその子かわいいみたいなことを言ってたんですよ。で、3人ぐらいかわいい、が続いたから。あれ?鷲崎さん今んとこ全員にかわいいって言ってるなってなって。

鷲崎▶まあね、これ難しいですね。みんなかわいいけど

堀江▶ははは。ちゃう、だから、私はほら、鷲崎さんって毎週いろんな女性ゲスト来るじゃないですか、毎週っていうか毎日のように。

鷲崎▶毎日会いますよ。

堀江▶の中で、私にかわいいって言ってくれてるから、私選ばれしかわいいなんだと思ってて。

鷲崎▶なるほどね。

堀江▶そしたら、誰にでも言う!

鷲崎▶あ~これ難しいな~

堀江▶女子高生ぐらいかわいいって言うってなって。

鷲崎▶確かに。言う。

堀江▶ああ、これもうかわいい、はもう信じられんわ~みんなに言う・・・

鷲崎▶まあ、信じられないかもしれないけど、まあかわいいってことだけは、胸に留めて置いてください。

堀江▶ありがとうございます。

鷲崎▶周りの人が誰も言わないから。
コイツラが言わねーから、

堀江▶そうそう。コイツラ言わないんですよ。ふははは。

鷲崎▶オレ、なにその。かわいい利益代表でもなんでもないのに、オレは。堀江さん、自信を持て!ちゃんとかわいいの。業界のかわいいをずっと牽引し続けてるぞ。

堀江▶ありがとうございます。

鷲崎▶最先端にちゃんといるぞっていうのを、ちゃんと言おうと思ってるわけです。

堀江▶ああ、ありがたいっす。ありがたいっす。もう鷲崎さんだけです。ほんっとに

鷲崎▶あははは!

堀江▶だから余計、

鷲崎▶鷲崎さんしか言わないのに、その鷲崎さんの言葉がもう信じられなくなってるからね。かわいいのはかわいいつってんじゃん。

堀江▶そう、それを、・・・

鷲崎▶ブスなやつ言おうか?じゃあ。ははは。

堀江▶それはまた話が。

鷲崎▶こいつ、ほんと。かわいいけど、性格最悪だな言おうか!じゃあオレ。
いるよ!いるいる!

堀江▶ちょちょちょ!それは、

鷲崎▶せーの!で言おうよ。

堀江▶鷲崎さん言ったらみんな信じちゃうよ。

鷲崎▶信じちゃうってかマジだっつーの!

みんなで▶はははは!

鷲崎▶信じるも何もない。マジだつってんの。

堀江▶ダメだよ!それは。

鷲崎▶あははは!万引したやつに万引してるぞー!って言ってるだけだから。

堀江&鷲崎▶ははは・・・

堀江▶それは言わなくていいです。言わなくていい。

鷲崎▶言わなくていいですね。閑話休題、何の話しましょうか。

堀江▶一旦、CMで。

堀江&鷲崎▶ふふふ・・・

獅子舞ブッキングミスゲスト鷲崎健~後半

堀江▶堀江由衣の天使のたまご。今夜はゲストに鷲崎健さんをお迎えしています!

鷲崎▶は~い。

堀江&鷲崎▶よろしくお願いします~

堀江▶じゃああの、鷲崎さん。2020年。去年はどんな一年でしたか?

鷲崎▶みんな同じだと思うんですけど、もうほら、盗まれちゃった1年だから。ん~・・・なんかいろいろやろうと思ったんですけども、

堀江▶家にいる時間、やっぱ長くなりました?

鷲崎▶そう。家にいる時間長くなって。これもみんな言いますけど、俺マジ全然だらだらできちゃえるんだっていうのが分かっちゃって。

堀江▶あ~すごいわかる。全く一緒。

鷲崎▶ね。あのその、お家時間でものすごく何かを。何かをやった人と、何もやらなかった人って二つに分かれると思いますけど。ぼく、そしてまあ、堀江さん。絶対後者でしょ?

堀江▶なにもやんなかった・・・

鷲崎▶なんかね、何もやらないが、できちゃえるんですよ。でもこれって、体力だと思うんですよ、マジで。そっちの方面での

堀江▶うんうん。

鷲崎▶心の体力がわりと俺たちはあったんですね堀江▶あ~そうかも)。何かやらないといてもたってもいられないになれない。どっしりと、『何もしない』ができるんですよ、我々は。

堀江▶出来ました。顔ガッサガサになりましたもん、私。

鷲崎▶おお

堀江▶顔も洗ってなかったから。

鷲崎&諏訪▶あはははは!

鷲崎▶無人島かよ。

堀江▶はははは!

鷲崎▶ちょっと待ってください、堀江さん。あははは。

堀江▶ガッサガサ、やば!

鷲崎▶頼むよ、オレはずっとかわいいと言っていたいんだから。頼むよ。

堀江▶がんばります。ふふふ。

鷲崎▶オレだって、さすがに掃除するかなと思ったらしなかったもんははは)

堀江▶あ~それもわかるな~。途中までやりました、私。

鷲崎▶あ~ほんとですか。
結局何か・・・あ、オレでもね、今年は服をめちゃめちゃ買う年になりました。

堀江▶え~逆に?

鷲崎▶うん。番組が始まったんですよ。一昨年末か。に、なんかね、スタイルモードって番組この局で始まりまして堀江▶ほうほう)。服に全然興味のない鷲崎と、もう一人いるんですけど。まゆしぃちゃんというのがいるんですけども。元WUGの。二人とも全然服に興味がないと。これをちょっと改めようじゃないかっていう番組。

堀江▶面白そう。

鷲崎▶だからオレ、2週に1回服買ってるんです。

堀江&諏訪▶はははは!

堀江▶けっこうですね。

鷲崎▶オレ絶対税理士に、愛人出来たと思われると思うんですよ。今年の・・

堀江▶衣装代、ふふふ。

鷲崎▶結婚もしてねーのに。

堀江▶ははは!貢いでんな~この人。

鷲崎▶そうなんです。

堀江▶へ~。

鷲崎▶あると思うんですよ。
まあ、今日はたまたま全然関係ない・・・

堀江▶いまんところ、ふふふ。

鷲崎▶あじ秋刀魚さんの

堀江&鷲崎▶ふふふ

鷲崎▶自称、美少女声優ゲームでおなじみ、あじ秋刀魚さんの堀江▶かわいいですよ)物販の、会ったこともないんですけれどもははは)

堀江▶その片鱗が今ないなと思って。全体的に。

鷲崎▶今日のところはもう、いつもの鷲崎でちゃんと来てやろうと

堀江▶はははは!そのじゃあ、服はいつ着てるんですか。

鷲崎▶あのね、正直に言いますけど、その服はその収録の時にしか着てま・・・しかってことはないけど。その収録の時に写真撮るから、で、今日の服はこんなですよって説明するから、なんかその時には。
まあ、他の日にも着ますけども。気持ちは、これ着てるのと同じです。っていうか、普通に家の・・・オレ今までいちばん家の近所でしか服を買わないでおなじみだったんですけど、気持ちは同じです。着てる時の。

堀江▶そうなんだ。

鷲崎▶やっぱ服に興味はあんまり持てないです。

堀江▶あ~まあでも、鷲崎さんは変わんなくても、鷲崎さんの周りが変わりますからね。

鷲崎▶ん~そうなのかもしれない。

堀江▶見る目がね。きっと

鷲崎▶うん。そうそうそう。

堀江▶じゃあ、ここでですね。毎年恒例の二人の2021年。今年の目標を発表していきたいと思います。

鷲崎▶そうなんだよな~どうしようかな~。

堀江▶ちなみに、2020年の私たちの目標を参考までに言いますと。
私が『催眠術にかかる』で、鷲崎さんが『激動。いろいろしてみようの年にする』でした。

鷲崎▶ま、先に言っちゃうと、こんなことになっちゃったので、僕の激動はちょっと出来ませんでしたね。催眠術いかがですか。

堀江▶いや、こんなことになっちゃったんで、ディスタンスがたぶん保てないので、催眠術にかかるは、出来ませんでした。私。

鷲崎▶そうですね。ふふふふ、密を避けてですからね。

堀江▶密を避けましたから。
じゃああの、恒例の、21年の目標を発表したいと思うんですけど。
じゃあまず私。『いろいろできるようになる』

鷲崎▶はっははははは!小学校1年生・・・

諏訪▶はははは!

堀江▶一見そう見えるんですけど、まあこれいろいろ深い、深い・・・

鷲崎▶深いんですか?聞きましょう?

堀江▶深い事情があって。

鷲崎▶はいはい。

堀江▶でも、詳しくはあんま話せないんですけど。

鷲崎▶はぁ?ふふふ。

堀江▶いろいろコンテンツを見てる中で、やっぱすごい人はいっぱいいるなと思ったわけですよ。で、って考えたら私って、何もできないまま大人になっちゃったなって。大人っていうか、17歳になっちゃったなと思って。

鷲崎▶そうなるか~。

堀江▶ふふふ。

鷲崎▶はいはい。

堀江▶思っちゃって。だからちょっとずつでもいいから何かできることを増やせたらいいなって思ったんですよね。

鷲崎▶うん。

堀江▶はい。

鷲崎▶具体がないと絶対動かないタイプですよ?

堀江▶具体ね。

鷲崎▶なんとな~くいろいろスキルがなんか付けばいいなーって思ってるうちに、死んじゃう人ですよ?堀江▶ははは!)堀江さんって。

堀江▶いやわかります。この目標の立て方すごいダメなのわかるんですけど。

鷲崎&諏訪▶はははは!

堀江▶でもこれなんです。はい。

鷲崎▶なるほどね。

堀江▶ちょっとずつでもいいから、なんかまあ、とにかくいろんなことがスキルアップさせたいっていうのと。なんかやれなかったことがやれるようにちょっとずつでもなったらいいなっていう気持ちですね。

鷲崎▶あ~なるほど。

堀江▶はい。じゃあ続いて、鷲崎さん。

鷲崎▶お前はどうなんだよって堀江▶ふふ)
こないだ、他番組でしゃべってて思ったんですけど。オレ、今年はちょっと変なこといいますよ?『休む』

堀江▶お~。

鷲崎▶激動と真逆なんですけど。オレね?意外と元気で。この17年間ぐらいこの業界にいるんですけど。生放送休んだの一回しかないんですよ。

堀江▶ほ~

鷲崎▶アニスパ!1回。

堀江▶ほうほうほう。

鷲崎▶この1回しかなくて。で、そのヨルナイトっていうの毎日やってるんですけど、1回も休んでないんですよ。

堀江▶お~~≪パチパチパチ・・・≫それを休むってことですか?

鷲崎▶あの、これも他番組で言ったんですけども、オレが休むってことは、誰かがそれを代わりをするってことじゃないですか。

堀江▶はいはい。

鷲崎▶順当に言うと僕、後輩で青木佑磨っているんですけど、そういうのじゃなくて。なんか、一回しか会ったことないみたいな、あまり知らない若手に急にチャンスが降ってくるのを見たいなと思って。

堀江▶は~なるほど。

鷲崎▶はい。あの~どこでもいいですよ?別に。うちの事務所じゃなくてもいいんですよ。うちの事務所の若い子ちゃん、逆にオレは知らないんで。どこの事務所の人でもいいんで。もう、事前に言っとくと、オレもしこの番組を風邪で休んだりしたら、水曜のこれに関しては、誰誰。

堀江&諏訪▶あははは!

鷲崎▶オレ!?っていうのがあるじゃないですか。なんで!?っていうのがあるでしょ?

堀江▶なるほど。

鷲崎▶そいつは、なんだろう。休めー!って。

堀江&鷲崎▶ははは・・・

堀江▶思われながら。

鷲崎▶思われながら。でも怖い!休むな!鷲崎さん休むな!いやでもチャンスだから休め!みたいな。

堀江▶水曜だとこれだからこういう人来るかもみたいな、シミュレーション頭の中で

鷲崎▶そうそうそう。みたいなやつを、何人か作っとくっていうのを。これぼくっていうか、今思ってる遊びです。

堀江▶あははは。

鷲崎▶誰かいますか、若手で。

堀江▶え~?私は?

鷲崎▶あははは!

堀江▶急に鷲崎さんの。

鷲崎▶え。それオレが休んだら、セカンドで来てくれるの?あ~~

堀江▶でも、私も、天たまそういえば休んだことがなくて。あの、だから私休んだら、じゃあ鷲崎さん来てください。

鷲崎▶そうですね。その、堀江ファンも、オレなら許す。

鷲崎&諏訪▶あはははは!

堀江▶でも逆に、喜んでくれると、

鷲崎▶あはは!許すかな~。

堀江▶思うから。鷲崎健の天使のたまご。

鷲崎▶あはははは!
本当ですか?じゃあオレもその、どの番組がいいですか。ヨルナイト4曜日か、浅沼晋太郎くんとやってるやつか、千葉翔也くんとやってるやつか・・・

堀江▶あ、そしたら私、おしゃれなやつがいい。

鷲崎▶あ~いいですよ。吉岡茉祐ちゃんと。まゆしぃと。

堀江▶うんうん。それじゃあいいです、やったー。

鷲崎▶おしゃれに。これマジでじゃあね。

堀江▶マジでマジで。

鷲崎▶これ絶対ですよ。

堀江▶うんうん。おしゃれなやつがやりたい。

鷲崎▶オレが休んだらオレの代わりに、スタイルモードという番組に出ていただきます。

堀江▶天たま休んだら、

鷲崎▶じゃ天たま休んだら、

堀江▶鷲崎さん。

諏訪▶はははは!

鷲崎▶オレね。

堀江▶天使のたまご。

鷲崎▶お互いにさ、もうその、もう17歳も長いじゃん。だから体にもガタがくるじゃないですか。

堀江▶まあ、ありますよね。

鷲崎▶ベテランだし、17歳としても。

堀江▶ん~まあまあまあ。でもそうなんですよ。なんでかっていうと、あのね?もうすぐ、1000回なんですよ、天たまが。

鷲崎▶あ、すご~い!≪パチパチパチ・・・≫

堀江▶だから、1000回まではがんばろうと思ってて。

鷲崎▶え、1000回は、もう、やめちゃう?

堀江▶わかんないですけど、ふふふ、1000回までは何とか持ちこたえようと思ってて。でもなんかわかんないじゃないですか。そういうの逆に意識した途端、急に私ガタが来るかもしれないし。ってなった時に、誰かに頼んどこうと思って。

鷲崎▶ヨルナイトも、もうすぐ1000回です。

堀江▶あ、すご~い。

鷲崎▶週4でやってるとあっという間。5年で。

堀江▶うわ。そうですねそうか~。

鷲崎▶5年でなりました。はい。

堀江▶なんかちょっと、1000回はうれしいですよね。なったらね。

鷲崎▶みんなになんかよろこんでいただける何かをしたいと思ってますよ。

堀江▶はい。

鷲崎▶終わりね。終わりね。

堀江▶というわけで、そろそろ終わりの時間になりそうなんですけれど。鷲崎さん、最後に告知の方を、よろしくお願いします。

鷲崎▶はい。えっと~いろいろがんばってるから、なんか。機会があったら聞いてください。

堀江▶でもそうですよね。点けたら鷲崎さんの声みたいなぐらいいっぱい出てますもんね。

鷲崎▶そうですね。この局で、ヨルナイト。あれを月火水木一本ずつと数えるとするなら1、2、3、4、5、6。6本やってて。他局で1、2、3?意外と今、キャリアの中でもわりと、レギュラー数は多い方。ただまあ、イベントがなかったんでね。去年ね。

堀江▶あ~まあそうか。

鷲崎▶あんま忙しいって感じではなかったです。
あと50本オレはラジオやりたいと思ってるんで。

堀江&諏訪▶ふふふ

鷲崎▶堀江さんともオレはレギュラーやりたいと思ってます

堀江▶ね。やれたらいいですよね。

鷲崎▶マジで。マジで。まあ、あとあの、うちの、アトミックモンキー、杉田君やめちゃったんですけども。

堀江▶あ、そうなんですか?

鷲崎▶そうなんです。杉田君やめちゃったんです。

堀江▶へ~

鷲崎▶後輩ががんばってるから、あの、事務所と、あと虹コンちゃんをみなさん堀江▶応援して)もしよかったら応援してあげてください。

堀江▶はい。ということで、獅子舞ゲストは、鷲崎健でした。

堀江&鷲崎▶ありがとうございました~

エンディング

♪Angel 恋をした

堀江▶堀江由衣の天使のたまご。そろそろお別れの時間になってしまいました。
なんかもう、鷲崎さんは、獅子舞さんは現れた瞬間からずっとしゃべってて。なんかどこでも良かったですね。使うところ、みたいな。なんかず~っと、ラジオのテンションでずっとしゃべってて。ここもったいなかったなっていうところが結構いっぱい、ありましたね。録音する前にね

堀江&諏訪▶ははは

堀江▶もう、言っちゃったなみたいなのけっこうあったんでね。はい。ちょっと来年から気をつけましょうね。
ということで!この時間のお相手は、本年もよろしくお願いいたします!な堀江由衣でした。それじゃあ、来週も、あなたのハートにエンジェルビーム!

[SS]この番組は、キングレコードの提供でお送りしました。

  • エントリー日付:
  • 最終更新:
  • この記事のURL:https://sakura-net.net/radio/tentama/tt_953.htm
  • コーナー:獅子舞ブッキングミス