堀江由衣の天使のたまご [#982]

オープニング
ゲスト:水瀬いのり
天たま初登場! 水瀬さんにハマって帰りたい みんな気づいてやめていく「いのりん」 現国ヒロインのリーシア・エルフリーデン役 HELLO HORIZONのサビ候補は リップが命なんです 実際にみなさんが捌けるまでに、2分 何よりいのりちゃんがかわいいよ!
HELLO HORIZON/水瀬いのり
ほっちゃんといのりちゃんに相談だ!
やっぱ見た目っしょ! 喉が焼けるのがおすすめ! 永遠に一緒にいたい!
エンディング
お別れがこんなにつらいゲストいるんだ

天たまテキスト本文

オープニング

♪Romantic Flight

堀江▶こんばん天~堀江由衣です~。
今夜の天たまはゲストが登場します。水瀬いのりさんが来てくれます!ということでね、これはね、さっさと行こう。いっぱいしゃべりたいの。さっさと行こう!
ということで、堀江由衣の天使のたまご。今夜も?あなたのハートにエンジェルビーム。

[SS]この番組はキングレコードの提供でお送りします。

ゲスト:水瀬いのり

堀江▶改めましてこんばん天。堀江由衣です。
そしてゲストはこの方!

水瀬▶は~い、みなさまこんばん・・天!堀江▶てん!)水瀬いのりでーす!よろしくお願いします!

堀江▶わ~!よろしくお願いしますー!≪パチパチパチ・・・≫

水瀬▶私も言っていいのか、ドキドキしてしまいました。

堀江▶ごめんね?なんか急に。てんって言わせて、ふふふ!

水瀬▶いえいえ、光栄です!光栄です!

堀江▶わ~お願いします~

水瀬▶うれしい~

堀江▶なんと、天たま初登場ということで~

水瀬▶はい。お邪魔します~

堀江▶うれしいよ。なんかね、ちょいちょい、angelaさん来てくださったり水瀬▶あ、はいはい)水樹奈々ちゃん来てくれたり、あと小倉唯ちゃん来てくれたりしてて。小倉ちゃんはね、もう2回ぐらい来てくれてて。

水瀬▶へ~

堀江▶私ね、ハマれたんじゃないかと思ってるんだけど、小倉さんに。

みんなで▶ははは

水瀬▶どういうスタンスです?

堀江▶今日。だからね、ちょっと水瀬さんにハマって帰りたいの。ふふふ!

水瀬▶私これで2回目がめっちゃ空いたら、ハマってないと思われながら現場で堀江▶そうだね)由衣さんとしゃべんなきゃいけないんですか。

堀江▶隣で、ハマんなかった?って、

堀江&水瀬▶ふふふふ!

水瀬▶違う違う!私もがんばりたい。ちょっとハマれるように。

堀江▶ふふふ。ほんと?

水瀬▶がんばって努めます。

堀江▶うれしい。うれしい。

水瀬▶いやほんと。現場とかでは、もう意外とというか、お話をよく堀江▶そうなのよ)させていただいていて。

堀江▶そうそう。めっちゃしゃべってくれるの、水瀬さん。

水瀬▶いやいやこちらこそ

堀江▶いやこちらこそだよ~。

水瀬▶感じなんです。だから『水瀬さん』って呼んでもらうのも、ふふふ。なんか、由衣さん・・・全然いのりちゃんとかでいいですよっていつ言おうかなみたいな

堀江▶あ、ほんと?

水瀬▶いやなんか、それはそれでうれしいんですけど。水瀬さんって呼んでもらうの。

堀江▶待って待って。今日そのイベントにしようよ。なんて呼んだらいい?なんて呼ばれてるの?

水瀬▶私ですか?

堀江▶うん。

水瀬▶ファンの人は、それこそ『いのりん』とか呼んでくださるんですけど。性格的にりんじゃなくて堀江▶あ、ほんとう)いのり。友だちはいのりとか。いのりちゃんとかが多いですけど。全然呼びやすいもので堀江▶ええ!)大丈夫です。

堀江▶何がいいかな、ちょっと待って。どうしよう。マジで、今日・・・今日決めようよ。

水瀬▶私は勝手にもう『由衣さん』って呼んでるんですけど。何て呼んだらいいですか?

堀江▶あ、由衣さんうれしい。いのりさん・・・

みんなで▶はははは・・・・

水瀬▶お茶会??なんか、気品のある、いのりさん、ゆいさん・・
でも私が由衣さんって呼んでて、由衣さんも私をいのりさんって、キャリア・・・ふふふ。

堀江▶キャリアってなんかどういう関係か見づらいですよね。

水瀬▶そうですよね。なんか。

堀江▶どうしようどうしよう。

水瀬▶全然もう、なんでもいいです。

堀江▶いの・・・いのりちゃん、いのりん。

水瀬▶いのりんでもいいです。導入はいのりんでも。

堀江▶ほんと?いのりんちゃん・・・。

水瀬▶みんななんか気づいてやめてくんですけど。

堀江▶ほんと?

水瀬▶違うなって。

堀江▶りんじゃねーなってなるの?

水瀬▶そうそうそう。ふふふ。

堀江▶中身が?

水瀬▶そう。内面が。全然違うなっていう

堀江▶そうだっけ?

水瀬▶そうなんですよ!至って普通の、ほんとに。感じなので

堀江▶へ~

水瀬▶ニックネームに負けてるんですよね。強すぎて。いのりんが。

堀江▶あ~なんか、そっか。早くじゃあ、りんに、追いつけるといいねははは)

水瀬▶そうなんです。ま、追いつけるか、捨てていくか、りんを

堀江&水瀬▶ふふふ。

水瀬▶はい。そんな感じなので、全然いのりんでも大丈夫です。

堀江▶あ、ほんと?どうしよ。いのりちゃん。

水瀬▶ああ、うれしいですいのりちゃん。

堀江▶いのりちゃん・・・いのりちゃん・・・あ~、いいですか。今日から、いのりちゃん誕生。

水瀬▶もちろん!由衣さん、いのりちゃんで。

堀江▶あ~うれしい~。

水瀬▶わ~うれしい。こんなで決まった。

堀江▶ありがとうございます。

水瀬▶いやいやこちらこそありがとうございます。

堀江▶そんな!いのりちゃんなんですけれども

水瀬▶ふわ~はい!

堀江▶7月21日にですね、なんと10枚目となるシングル。HELLO HORIZONを、リリースされました!

水瀬▶ありがとうございます!≪パチパチパチ・・・≫

堀江▶わ~おめでとうございます。≪パチパチパチ・・・≫
こちらが、現在放送中のアニメ現実主義勇者の王国再建記のオープニングテーマとなっています。あのさ、我々この呼び方してないよね。たぶんね。

水瀬▶そう。現国ってみんな略してて。

堀江▶そうなんだよね。

水瀬▶フルネームっていうかフルタイトルで呼ぶと、お!?ってなりますよね。

堀江▶なるね。こんな長かったんだって気づくね。

水瀬▶そう、そうなんです。

堀江▶そう。このね、オープニングテーマとなっています、ということで。

水瀬▶そうなんです。

堀江▶この作品は水瀬さんも、ヒロインのリーシア・エルフリーデン役で出演されてるということで。
これさ、どういう作品?

水瀬▶この作品は、いわゆる異世界に召喚されてしまった主人公の物語なんですけど。その中でも、なんだろう。相馬くんという主人公が、異世界に来て異世界に馴染んでいくのではなくて、自分が元いた現代の知識を駆使して異世界を、自分の現代知識でこう改正している?

堀江▶ね、良くしていくみたいな水瀬▶そうなんですよ)国を良くしていくみたいなお話だよね。

水瀬▶なんかこう、いわゆる召喚されてめちゃくちゃ強い力を持って無双するってわけではなくて、なんだろう。自分の中にある知識とか、人と人との交渉術だったり、なんか会話の中で国を豊かにしていくっていうのが、なんか言わゆるド派手なアクションとかではないんですけど、見ててすごくなんかすっきりする堀江▶そうだね)物語だなと思いながら出演しております。

堀江▶これ面白いよね、お話。結構なんかさ、リアルな政治の話っぽいこともしてたりとか。

水瀬▶勉強になるというか、

堀江▶そうだよね。私も、えとですね、エクセル・ウォルターという役で水瀬▶そうですそうです)出演させていただいてて。私はあんまり出番は多くないんですけど、ちょいちょい、

水瀬▶重要な、役割・・・

堀江▶なんかそう。出させていただいているんですけど。まあね、その作品の主題歌ということなんですけど。その面もあるんですけど。このHELLO HORIZONという楽曲はどんなことをテーマにとか、どういう風なイメージで作っていったの?

水瀬▶はい。この楽曲は、やっぱりね、作品の中にある異世界とか、不思議であったり召喚であったり、日常の中になかった風が吹くような、ちょっとそういう違和感的なものを、音楽でも表現したいなーって思いがあったので堀江▶うんうん)。なんかこうイントロのちょっと不穏な感じ堀江▶あ、確かに)から、サビこんな爽やかなの~みたいな堀江▶そうだね)ちょっと1回聞いただけでは掴めそうで掴めなかったなみたいなその感じがこう、いわゆる、時代が動く感じというか堀江▶あ~)相馬が異世界に召喚されるまでの渦の感じみたいなのが音楽でも表現できたらいいなと思ったので。ちょっと予想できないような展開?を曲にしたいなと思って。制作していきました。

堀江▶確かに。なんかあの、着いた国がいろいろ揉めてるから、なんかその不穏さと、でもあの、1個1個出来事を解決していくサビの・・・感とかね水瀬▶そうなんですよ)、確かに、言われてみたらそうかも。

水瀬▶そうなんです。だから最初は、え?どういうことっていう始まりだったけど、でも、相馬もその国の人たちと出会っていって、いろいろなことにこう向かい合っていく中で、自分にできることってこれだって気づいていくじゃないですか。なのでサビの中でも、ぼくにできることも必要とされるならば自分が命をかけて守ろうという決心をするっていうのが堀江▶なるほど)すごくこの作品ともフィットしていて。かつ、みなさんの日常生活でも堀江▶そうだね)なんか自分にできることってないのかもって思いがちですけど。でも実はそのままでいることが、一番魅力的だったりするよっていうのを歌えたらいいなと思って作りました。

堀江▶そうか。これでもさ、なんかやっぱり、いの・・いのりちゃん

水瀬▶あ~♡

堀江▶が言ってたみたいに、

水瀬▶由衣さん、

堀江&水瀬▶ふふふ

堀江▶なんか、その不穏から明るくなって。で、メロディーラインも難しいっていうかさ、水瀬▶ほんとに)、歌う時とかってどうなの?

水瀬▶いやもうなんかなんでしょうね。ずっと合ってるのかな~みたいな、ふふふ。これ音掴めてるのかな~みたいな気持ちになりつつ歌ってたんですけど。でも、そもそもこの楽曲を選ぶときに、最初に頂いた構成がこの今、みなさんに聞いていただいてる構成で、サビを何パターンか実は作って頂いてて。もう少し、サビっていうのが大がかりにわかるようなテイストだったりとか、そういうのにも挑戦していただいたんですけど。やっぱり私は最初に聴いた、このなんだろう。不思議・違和感が心地よさに変わっていっていたので堀江▶なるほど~)やっぱり最初のやつが自分の中で一番グッと来ましたということで堀江▶へ~)選ばせて頂いたサビなので。すごくこう、作品を知れば知るほど曲を聴けば聴くほどに、みなさんの中にもすごくこう届くメロディラインだと思うのでじっくり聞いていただきたい。

堀江▶そうだね。すごい転回していくからほんとに面白いよね。あとさ、けっこうこれ高いところ高いじゃない?

水瀬▶あー!そうなんです。

堀江▶そこがスコーンって抜けて気持ちいい声だよね!

水瀬▶いやいやいや!千本ノックのように何回も何回も録ってましたよ。

堀江▶ほんと?

水瀬▶最初、私はもうその一番高いとことか裏声で、出そうと思いながら堀江▶そうだよね)レコーディングに行ったんですけど。白戸さんという楽曲を制作してくれた、作曲家さんから。ぜひ地声で聞いてみたいです

堀江▶あら。

水瀬▶いいやがったな!と思って。

堀江&水瀬▶はっはははは!

水瀬▶白戸さん・・・白戸さん!!と思いながら

堀江▶やるのこっちですけど!っていうね、ふふふ。

水瀬▶そうそうそう。そんな簡単に言いますけどねと思って堀江▶ほんとう~)何度も何度もトライして。いいじゃないですか!みたいな感じなんですよ。白戸さんも。
こっちはもう、汗かきながら

堀江&水瀬▶はははは・・・

水瀬▶そんな楽にやってないよーって思いながらも、

堀江▶はは!いろいろあるし明日も、みたいなね?

水瀬▶そうです、ふふふ。すぐ明日のこと考えちゃうの、私も。

堀江▶あるよね。わかるわかる。

水瀬▶そうなんですよ~。

堀江▶でもでも。それがすごい力強さとさ、なんかあの、なんだろ。かわいさと。あと抜け感がいいよね

水瀬▶えー!ありがとうございます~

堀江▶スコーンってするもん。やっぱ。スカッとする。ほんとに。

水瀬▶うわ、うれし~ありがとうございます。

堀江▶クリアな気持ちっていうか。でね、そうそう。クリアな気持ちってことで。ジャケットもすごく今回、おしゃれだね!

水瀬▶そうなんです。すごいですよね。こういう・・・

堀江▶なんかさ、しかもさ、斬新だよね。なんていうの。閉じられてないっていうの?

水瀬▶そうなんです。歌詞カードってなんだろう。ホッチキスみたいなので。ふふふふ。

堀江▶ふふふ。ホッチキスだよね。

水瀬▶業務用のすごいたぶん丈夫なやつ。

堀江▶ははは!その説明は、大丈夫。

堀江&水瀬▶ふふふふ!

水瀬▶置いといて。

堀江▶みんなみたことある。

水瀬▶ブックレット化されてるんですけど。今回は・・・

堀江▶そうそう。本みたいになってるけど、今回はね、

水瀬▶バラバラに。それぞれが、歌詞カードとして独立していて。であの、今由衣さんのお手元にあるんですけど。

堀江▶ありますよね~

水瀬▶全部で4枚ぐらい写真があるんですね堀江▶うんうん)。それで一番好きな、水瀬いのりさんをジャケ写に変えることができる。

堀江▶手前にして。

水瀬▶はい。一応スタッフさん方が選んでくれたのは、この正面で公開されてる写真なんですけど。

堀江▶なるほどね。

水瀬▶アザーカットとして、いや、ぼくは・私は絶対このいのりちゃんを正面にしたい!

堀江▶表1にしたいと。

水瀬▶表1にしたい、っていうプロデューサー心をみなさんに託しましたので。

堀江▶なるほどね~

水瀬▶ぜひとも。

堀江▶いや、これ迷う。

水瀬▶由衣さんもお気に入りのありますか?

堀江▶いや。私ね、迷ってる。2択。今ね、2択。

水瀬▶どれとどれだろう・・・

堀江▶でも、どっちも素敵よ水瀬▶ふふふ)。やっぱね、この一番この表1の写真もいいんだけど、このさ、こっちの寄りもいいよね。

水瀬▶あー!はいはいはい。

堀江▶うん。これとこれ迷うな。

水瀬▶あーなるほど。うれしい。
そう。けっこう、タイプ違いの写真が入っているので

堀江▶そうそう。きれいでかわいい。

水瀬▶またね、見え方が変わってくると思うので。ぜひみなさんも日替わり的な感じで、楽しんでいただけたらうれしいです。

堀江▶そう。それがねクリアのところにスポットと収まる感じになってて。

水瀬▶そう、どの写真が来てもこのHELLO HORIZONの黄色い帯はちゃんと正面に来るようになってますので。

堀江▶ね。おしゃれ。今回さ、白黒じゃない?写真が。

水瀬▶そう。いや~

堀江▶これなんかあったの?意味。やりたいみたいな。

水瀬▶いや、ジャケ写とかのアートワークっていうか、デザインもいつも何個かご提案していただいて、そのラフ画を見て決めるんですけど。今回10枚目のシングルってこともあって。なんかちょっと新しいことができたらいいなと思ったので堀江▶あ、なるほどね)モノクロに挑戦して。いやでも、緊張しましたね。やっぱ私の顔。顔色というか顔のタイプ的に、リップが命なんですよ。

堀江▶あ、ほんとう!

水瀬▶目とかはそんなにいつもメイクしてなくって堀江▶うんうん)。ただの唇の色がないと本当に何か、完成されない顔。

堀江▶あ、なんかちょっと大丈・・・具合。血色。みたいな?

水瀬▶めちゃくちゃほんとに、映えないんですよ堀江▶ほんと~?)唇に色がないと。だからリップを失われるこのモノクロの世界に閉じ込められた私はどうなっちゃうんだろって。ドキドキだったので。ふふふふ。

堀江▶本人以外ね、誰もピンときてない、ふふふ。

水瀬▶メイクさんは今激しく同意中、ふふふ。いのりはリップだよねーってなってる。

堀江▶そう!?別にリップ関係なくずっとかわいいと思うよね!

水瀬▶ほんっとに!唇に色がないんですよ。堀江▶ほんと?)私。
だからほんとに、こう、プールサイドみたいな感じになっちゃうんじゃないかなって思ってたんですけど。

堀江&水瀬▶はははは・・・

堀江▶でも逆にね、それ白黒だと逆にわかんないしね。

水瀬▶全部が失われるから。その分眼力を、今回意識して頂いて下まつげを2、3本束ねて一本マスカラで太めにするっていうのを

堀江▶確かに確かに!

水瀬▶やっていただいて。

堀江▶あ、メイクもね、そうやってちょっと変えてるんだね。きれい。

水瀬▶そうなんです。ぜひぜひそのへんも楽しんでいただけたらと思います。

堀江▶へ~。面白い話が聞けました。ははは!

水瀬▶いえいえ。ふふ。リップ命なので。

堀江▶リップ命は知らなかったわ。

水瀬▶ふふ。

堀江▶そしてね、HELLO HORIZONなんですけれども。ミュージックビデオも公開されていて。

水瀬▶はい。

堀江▶これね、あの~なんだろう。やっぱりさ、曲の世界観とすごい合ってて。広い感じするじゃない。

水瀬▶そう。そうなんです。広大な

堀江▶異世界じゃないけどさ。これ、でもさ、ふふふ。撮る方、結構大変でしょ?

水瀬▶ふふふ。あの。広大、広角ということはそれだけ広く写ってしまうということで。私は全然大変じゃなかったんですけど、私を取り巻くスタッフさんの方々が、最終段階までチェックしたりとか、髪の毛を直してくれたり、衣装を整えたり。じゃ撮ります~ってなってから、実際にみなさんが捌けるまでに、2分。みたいな。

堀江&水瀬▶はっははは!

水瀬▶たぶん、また前髪持ってかれたな~みたいな。風で。これ終わりないよなー。みたいな堀江▶ははは!)もう自分で直しますね、みたいな空気に。

堀江▶大変~!

水瀬▶全力でみなさん走って、

堀江▶そうだよね。相当さ、草原のさ、ひろ~い絵で写ってるじゃん?そこに写り込んじゃたぶんダメで。だからそれこそ2分間全力疾走でみんな捌けてくんでしょ?

堀江&水瀬▶ふふふふ。

水瀬▶もう、ベンチコートとかもうスタイリストさん肩にかけて。

堀江▶うわ~!って走って。

堀江&水瀬▶ふふふふ

水瀬▶戦場。ずさー!みたいな。

堀江▶で、あれはドローンで

水瀬▶そうですそうです。ドローンも超広角で撮っていただいたり。あと、ドローン以外の撮影で接近してる時とかも。カメラマンさんがちょっと傾斜のある丘とかでもあったんですけど堀江▶うんうん)もう本当になんだろ、なんかこう。野菜とかを詰めて・・・カゴみたいな桃太郎のおじいちゃんおばあちゃんみたいな。ああいうのを背負いながら、もう全力でカメラを絶対にブラさないというか、揺らさない

堀江▶ね~足場悪い中大変なんだよね~!

水瀬▶そう!全力で。もう日焼けが本当に目に見えてわかっていく。

堀江▶あっははは!

水瀬▶午後もう真っ赤!

堀江▶お天気良かったしね。このね、ミュージックビデオね。

水瀬▶午後真っ赤だなーと思ってう堀江▶あははは!)朝白かったのにっていう、ふふふ。ぐらい。本当にみなさんががんばってくれて撮影できた、広大さでした。

堀江▶いや、でもね。その甲斐あってさ、お天気いいから曲のイメージにピッタリ合うしさ。

水瀬▶ほんとにもうどこまでも広がる大地っていうのが。ホライズンっていうのも地平線って意味もあるので。そういう世界観にマッチして良かったな~晴れてと思いました。

堀江▶いやほんとに。
あとなんかさ、ぐる~って回るとこ、あるよね。

水瀬▶酔いませんでしたか?

堀江▶ちょっと酔いそうだったけど、ふふふふ。どうやって?後処理?

水瀬▶いや、あれも実際にカメラが首の部分が回るところにはめられてて。それで、ゆっくりぐるーって回して堀江▶回しながら撮ってるんだ)。撮っていただいたり。
ドローンも実際に回転できるドローンだったので

堀江▶えーそうなの?

水瀬▶そうなんです。だからほんとすごかったですよ。なんか。

堀江▶空に向いたりしてたもんね。

水瀬▶そうですそうです。未知の動きっていうか、未知の生物が本当に丘を越えて自分に突撃してくるような堀江▶あははは!)時速何キロ!?みたいな。

堀江▶周りに誰もいないところで大丈夫!?ってなるよね。

水瀬▶ふふふ。ひー!めっちゃブーンっていって回ってるー!みたいな

堀江▶そっかー!

水瀬▶そうなんですよ。

堀江▶じゃ足元にスピーカーだけあって、音は鳴ってるけど誰も姿もあんま見えないみたいな

水瀬▶そうなんです。みんなもうなんか険しい顔して日よけカバーに包まれたモニターを見てるみたいな。

堀江▶これはいいの?合ってるの?OKなの?なんなの!誰か反応して!

水瀬▶ お願いみんな!みたいな。マスクで笑顔も見えないしみたいな。

堀江&水瀬▶ふふふ

堀江▶不安になるよね。

水瀬▶ずっと不安でした。

堀江▶へ~。でもそんなねえ、苦労を全く感じさせないというか、きれいな絵だし、広いし、やっぱ何よりいのりちゃんがかわいいよ!

水瀬▶あ~♡ありがとうございます

堀江▶きれいきれい。ほんとうに。
じゃあ、ということで、1曲お届けしたいと思いますけれども。
いのりちゃんから曲紹介お願いします。

水瀬▶いろいろお話をさせていただきましたが、現在発売中テレビアニメ。現実主義勇者の王国再建記のオープニングテーマとなっております。水瀬いのりでHELLO HORIZON

HELLO HORIZON/水瀬いのり

ほっちゃんといのりちゃんに相談だ!

堀江▶今夜の天たまはゲストに水瀬いのりさんをお迎えしてお届け中です。

水瀬▶はい!

堀江▶続いてはこちらのコーナー、一緒にやってください!
ほっちゃんに相談だ!

堀江▶はい。みなさんが困っていること悩んでいることを募集して、それを私がズバリ解決していくんですけど

水瀬▶お~

堀江▶実はね、わりと最近始まったやつなの。

水瀬▶なんとなんと!うれしいです。

堀江▶なのでね、今回はですね。さっそくですけど『ほっちゃんといのりちゃんに相談だ』ということで。ね。送ってくれた人もまさか、いのりちゃんが答えてくれると思ってないと思うから、すごいうれしいと思うよ。

水瀬▶いいですか。私も解決をお手伝いしちゃって。

堀江▶ぜひお願いします。

水瀬▶はい。わかりました。

堀江▶わりとね、ちょっと言い方悪いですけど、雑めに答えてるので

水瀬▶なるほどなるほど。勢いで。

堀江▶わりとライトな質問が来てると思うので。

水瀬▶了解です。

堀江▶はい。天たまネームチャレンジャーさんからいただきました。
「ぼくはキャンプにはまり、いつか行ってみたいなと思い、今からネットショッピング等でキャンプ用品などを見ているのですが、色で選べばいいのか、使いやすさで選べばいいかわかりません。どのようにキャンプ用品を選びますか。」ということで。
そもそもさ、キャンプ行く?

水瀬▶キャンプ全くです。

堀江▶だよね。行かなそうな、
家でさ、何してる?

水瀬▶家で?

堀江▶家でっていうかさ、休みの日って家派?

水瀬▶でも、半々って感じですね。散歩は好きなので。でも日の高いうちはやっぱり出ないですね。日が沈みかけた夕方ぐらいから、外出みたいな。

堀江▶へ~

水瀬▶家ではゲームとか、それこそネットショッピングとかめちゃくちゃしちゃいます。

堀江▶あ、本当。好き?

水瀬▶買っちゃいますね~。逆に外であんま買い物をしない派なので。

堀江▶あ~なるほど~。じゃあじゃあ、質問答えていい?

水瀬▶そうですね?・・・色で選ぶか・・・

堀江▶キャンプ用品。色か使いやすさ。

水瀬▶いや~・・・

堀江▶私ぶっちゃけ色だね。

水瀬▶私もそうです~。

堀江▶あ、ほんと!?

水瀬▶やっぱり見た目でアガらないと、

堀江▶だよね!

水瀬▶うん。たぶん続かない気がする。

堀江▶しかもキャンプ用品だってさ、かわいいのいっぱいあるじゃん、今。

水瀬▶今すごい女子の、キャンプする方とかも増えてて。展開されてるんでやっぱ見た目っしょっていう感じ

堀江▶見た目っしょだよね~。ちなみにさ、色だったら何選ぶ?これ。

水瀬▶え、なんだろう、これ。でもやっぱキャンプ用品ってちょっとこうなんだろう。アースカラーというか。

堀江▶わかる。

水瀬▶カーキとかね薄茶色的なのが多くて、女子もそういう色好きなので。くすみカラーとか。

堀江▶くすみカラーいいよね。敢えてさ、金銀みたいなさ。くすんだ銅みたいな色とか良くない?

水瀬▶いいですね!

堀江▶ね!

水瀬▶ちょっとレトロな感じもするし堀江▶そうそうそう!)いい。その感じ。じゃ・・・

堀江▶解決!

みんなで▶はははは

堀江▶使いやすさではなく、見た目で。

水瀬▶やっぱ見た目っしょ!

堀江▶見た目っしょでお願いします。じゃ、もう1枚。東京都天たまネームようすけお兄ちゃんからいただきました。
「声のプロであるほっちゃんのおすすめの飴やうがい薬があれば教えてください。」
ま、これいのりちゃんもですけど。

水瀬▶あ~・・・え。

堀江▶なんかある?

水瀬▶私本当にそういうのがあんまり知らなくて。いわゆるプロポリスとか、はちみつ・・・マヌカハニー

堀江▶マヌカハニーね。

水瀬▶とか、は、確かに家にあるんですけど。あんまりそんな何か、人におすすめするほど自分がまだ使ってないみたいな。

堀江▶なんかさ、結構声丈夫な方?喉とか。

水瀬▶の、方ですね。

堀江▶それは良かったね。

水瀬▶え、由衣さんはあります?

堀江▶私もね、実はそういう意味は使ってないんだけど

水瀬▶ふふふ!終わった。

堀江▶ふふ。ごめんなさい、終わっちゃったね。

堀江&水瀬▶ふふふふ!

堀江▶いや、最近でもね?喉のスプレーを持ってて。どっちかっていうとさ、殺菌みたいな方のイメージで持ってるんだけど。もうね、シュってした瞬間にクワー!って喉が焼けるような、ふふふ

水瀬▶え~それ大丈夫なんですか?

堀江▶わかんない!わかんないんだけど。私がこんだけ痛いんだから、菌も痛いだろうっていうので使ってるんだけど。それね、いいよ。もう病みつきになっちゃって。

水瀬▶市販で買える・・・

堀江▶市販で買えるやつ。

水瀬▶そうなんだ。

堀江▶なんだろうね。でもそれもプロポリスとかの、濃いやつ。

水瀬▶あでもね、プロポリス確かに、グ~ッて。なんか入りどころ悪いとこ、けっこう30分ぐらい

堀江▶なってるよね。それの強いやつ、みたいなやつ。

水瀬▶そんなのあるんだ。

堀江▶病みつきになっちゃって。

堀江&水瀬▶ふふふ

水瀬▶ぜひちょっと。私も試してみます。

堀江▶あ、ぜひぜひ。後でおすすめするわ~。
はい。ということで。あ、解決できたね。

水瀬▶できましたね。良かったよかった。

堀江▶ありがとうございます

水瀬▶ありがとうございます~

堀江▶さ~ということで。お別れの時間に

水瀬▶わ、あっという間でしたね。

堀江▶なってしまうんですけどね。永遠に一緒にいたい、私。

水瀬▶ふふふ、うれしい。

堀江▶うれしくは、ないでしょ。永遠に。

水瀬▶え、うれしいですうれしいです。

堀江▶ほんと?

水瀬▶私もすごい、居心地いい。

堀江▶めっちゃ楽しい。

水瀬▶普通にカフェで話してるみたいな感じだったので、ふふ

堀江▶そうそうそう。そんな感じだった。

水瀬▶なんかCDの話とか、私ちゃんとしたっけみたいな気持ちもありつつ、

堀江▶面白く話してくれたよ。

水瀬▶ほんとですか。よかったです。でも雑談が楽しかったっていう。

堀江▶ね、めっちゃ楽しい~。

水瀬▶非常にうれしかったです。

堀江▶永遠に一緒にいたいんですけど

水瀬▶はい。

堀江▶お別れの時間なので。最後に何かお知らせあります?

水瀬▶はい。私水瀬いのりがですね、9月から約2年ぶりとなるライブツアーを開催させていただきます。

堀江▶お~≪パチパチパチ・・・≫

水瀬▶タイトルは、Inori Minase LIVE TOUR 2021 HELLO HORIZONとなっております。もうこれは絶対歌うぞっていう、

堀江▶いいね~これで歌わなかったら、ふふふふ!え?ってなるよね。

水瀬▶ズコーってなる、ふふふ!絶対歌いますので、ぜひCDをお聞きになってから、全国5都市にて行わせていただく予定ですので。お近くの会場に遊びに来てください。お願いします。

堀江▶くわしくは、これは何を見れば?ホームページとか?

水瀬▶ホームページとかツイッターとか。ライブの特設ページなんかもできてるので、ぜひそちらもチェックしてください。

堀江▶はい。します~。ということで、永遠に一緒にいたいけど、ふふふ。ゲストは水瀬いのりさんでした。

水瀬▶ありがとうございました~

堀江▶ありがとうございました~

エンディング

♪Angel 恋をした

堀江▶堀江由衣の天使のたまご。そろそろお別れの時間になってしまいました。
いや~お別れがこんなにつらいゲストいるんだ。ふふふ。帰っちゃったよ。帰っちゃったよ。さみしいよ~。毎週来てほしいよ!ふふふ。毎週しゃべりたいよ!ふふ。来週ダメかね。

堀江&諏訪▶はははは!

堀江▶忙しいのよ。忙しいんです、ふふふ。
ということでね。この時間の相手はいやもう、いのりちゃん大好き。また来てほしいな!堀江由衣でした。
それじゃあ来週も?あなたのハートにエンジェルビーム!

[SS]この番組は、キングレコードの提供でお送りしました。

  • エントリー日付:
  • 最終更新:
  • この記事のURL:https://sakura-net.net/radio/tentama/tt_982.htm
  • コーナー:ほっちゃんに相談だ!